2018年05月05日

誤って買ったドライイーストの使い道

間違ってドライイーストを買った。

なんで間違ったかというと、

雑誌『オレンジページ』を買って、そこに「フライパンで焼くピザ」というのがあって(その特集に惹かれて買ったわけだが)、これを作ってみようと思ってスーパーにチーズとかオリーブオイルとかの材料を買いに行ったところ

レシピ上はベーキングパウダーでよかったのに、私はなぜかドライイーストと勝手に信じて疑わなくて(大抵買い物にいくときにメモをとらない)、ドライイースト大容量50グラム入りを買ってきてしまった。

返品するわけにもいかないのでしばらく眺めていた。

なぜ困っているのかというと、うちにはオーブンも温度計もバターもないから、パンが作れないとおもっていた。

椎名誠さんの著書『極北の狩人』にバノックというパンの作り方が出てくる。

イーストをつかわないパンで、小麦粉、粉ミルク、ベーキングパウダーをよく練って、焚火で焼く。

ロシアにいたときはそれに倣ってバノックをフライパンで焼き、学校に持っていくおやつをつくっていた。そもそもロシアのスーパーでふつうに手に入る小麦粉に、日本であるような強力粉とか中力粉とか薄力粉の区別はなかった。

パンってそれぐらいシンプルでいいのだ。

小さいころにウチで作ったパンは、大きいレシピに美しい写真とともに乗っているパンで、温度計が必要で、しっかり発酵させて、バターを使って、そういうパンだった。バターロールをつくるのもひと騒ぎで、クロワッサンをつくった日なんてバターを練りこむときにべたべたになってすごい騒ぎだった。

強力粉と塩と砂糖とお水はある。ごま油かいため油はある。それとベーキングパウダーじゃなくてドライイーストで、というわけでちょっと調べてたら、結局チャパッタをつくってみようという結論になった。

そういうわけで生地をこねた。ご丁寧にゴマまで入れてしまった。オーブンはないので明日フライパンで焼いてみることにする。

coloro at 00:05|Permalink日記 

2018年05月03日

金時豆のハンバーグをつくる

ひよこ豆のハンバーグに続いて、今日は金時豆のハンバーグをつくった

レシピ

**ハンバーグ小8個ぐらい

金時豆の水煮(400gぐらい)

→ざるにあけ、水で洗って塩分をとる。ボウルに入れ、おしゃもじで潰す

塩、コショウ  しっかり味付けする

ハンバーグに入れるようなスパイス 入れたければ

片栗粉、小麦粉など 大さじ3−5 ( 強力粉しかなかったけど問題なかった)

卵 1個(ビーガンならここを山芋のすりおろしとかにする)  粉があればなくてもいいらしいけれども卵を入れた方がハンバーグっぽい感じが出るしよくまとまる

玉ねぎ半分〜1個→みじん切り

シイタケ1〜2個 →みじん切り

以上をよくこねる。ハンバーグ型に成形して、しっかり油を引いたフライパンで中火〜弱火で焼く。蓋をして強火で焼いて焼き目が付いたら、水を入れて中火〜弱火で蒸し焼きにする。

今日はシイタケの肉詰めもつくってみました。ああ、おいしかった。

coloro at 00:07|Permalink料理 

2018年04月30日

ひよこ豆のハンバーグをつくる

2日連続モスバーガーに行き、2日ともソイパティにして、マメの新境地を体験。

おんなじようなのを食べたくてひよこ豆のハンバーグをつくる。というかうちの棚には友人M に教えてもらったひよこ豆か金時豆の水煮パックしかない。友人Mいわく、ソルレオーネが美味しいという

ビーガンというわけではないけれども、時々一時的にお肉が食べられなくなることがある。

**ハンバーグ小8個ぐらい

ひよこ豆の水煮(400gぐらい)→ざるにあけ、水で洗って塩分をとる。ボウルに入れ、おしゃもじで潰す

塩、コショウ しっかり味付けする

片栗粉、小麦粉など 大さじ3−5 ( 強力粉しかなかったけど問題なかった)

卵1個(ビーガンならここを山芋のすりおろしとかにする) 片栗粉あればなくてもいい説

玉ねぎ半分〜1個→みじん切り

シイタケとかきのこ類 →みじん切り

以上をよくこねる。ハンバーグ型に成形して、しっかり油を引いたフライパンで中火〜弱火で焼く。フライパンには蓋をするとなおよろし。よくできました。

金時豆でもいいらしい。わお。

coloro at 00:07|Permalink料理 

2018年03月28日

さくら

満開でした。


picture_pc_55f9583beacfbd9285c081f4bfaad21f











picture_pc_2b4db9334a5f0d2a41802af953808c6a











picture_pc_d27b041df5fc46725f827db7859243e3

coloro at 10:35|Permalink日記 

2018年03月08日

ずぼらさん

肌に何もつけない事が多いのだけれど
さいきん、オールインワンジェルというのにはまっている
ひとつのジェルに、化粧水、乳液、美容液、化粧下地、クリーム、パックの効果が入ってる。 商品によっては日焼け止め効果が入ってるのもある。
買ってみたら楽しくて、数千円の高価な化粧品でなくても全然大丈夫で、
いろいろ試したくなっていま結局うちに三種類のオールインワンジェルがある。化粧水も1000円以下のを二種類買った(ちなみに手作り化粧水というのはグリセリンと精製水などで原価数百円でできる)。
何種類か試して気づいたのが、習慣化するには動線に置くのがいいということ。
あるいは動きが最小限だといいということ。
わたしの場合は「化粧水のフタをぱかっと開けて、片手で 瓶をひっくり返して、もう片手で化粧水を受け止める」という行動がすごく面倒だった、という結論に達した。
これをポンプ式の化粧水を買ってきたら、意外とぽこぽこポンプを押して、肌や手につける自分に驚いた。化粧水やジェルをつけるべく、顔をなでなでするのはたのしい。



coloro at 00:08|Permalink

2018年01月27日

懐かしい人たち

懐かしい人たちとバタバタと会った
高校卒業以来会ってなかった人。高校時代に仲の良かった人。ロシアに行く前に最後に会った友達。
牧師になった人。大学の先生になった人。メガバンクですごくたくさんお金を稼ぐひと。

記憶がシャッフルされる。

coloro at 00:09|Permalink日記 

2017年12月04日

スーパームーン

スーパームーンのためこの2日ほどまったく使い物になりません。月の満ち欠けにあわせて海岸にあがってくるウミガメのよう。
最近、信頼する方に教えていただいたこと、わかったこと
・お金がなくても生きられるらしい
・100%、師匠を信頼している弟子たちを生きさせることができない師弟関係は幻想というか破綻(スピリチュアル業界には多い気がする)。それが宗教だとしたら、それはニセモノ。
・信頼、信用、信じることの尊さ。

coloro at 12:14|Permalink日記 

2017年10月16日

あの時こっちに導いてもらった

「あの時そっちを選んでいたら」ということを、人と近しい関係になったり、それが終わったりするたびに、時々思っていた。でも最近は、あの時そっち側に行かないように、かみさまがこっち側に導いてくださっていたんだと、おもうようになった。「その人にとっていちばんいいペースとタイミングで、奇跡にみちびいてくださっている」。

coloro at 22:50|Permalink日記 

2017年07月22日

蓮華の花2

小さいころに
といっても小学校中学年ぐらいまで
朝晩祈っていた

ふとんのなかで結構真剣に祈っていた。
おじいちゃんおばあちゃんかみさまごせんぞさま
そのほかのかたがたにあてて。

そうしていた頃の自分が幸せという感情だったのかは覚えていないけれど
わたしは両親姉妹にまもられていて、
そして世界は小さくて平和だった


やがて、大人になって、
そうしてもそうしなくても、
天災はおこるということを知った
人のちからではどうしようもない流行病、疫病や戦争もたくさんあることを知った

親はやがて老いるということもわかってきた
じぶんもやがていつか老いるということもわかってきた

おんなじようなひとに振り回されて
おんなじような感情を握りしめた
若い時代はもうすぐおわる。
幸せってなんだろう。
美しいってなんだろう。

5,6月は感情的に苦しい月だった。
もう誰とも、
特に家族と、
わたしは喧嘩をしたくないし、
誰にもきつい言葉を言われたくないし
いいたくない。


恩師が教員を辞めて、
故郷に帰っていった。
20代前半の自分を精神的に支えてくれたかたで、
文化人類学の大先輩である。
帰る前、東京でお目にかかったヒマラヤ鍋を囲む会で
仰った
わたしは修行を再開しますよ
お祖父様が修行者で御本人も高野山で、大学時代に出家しそうになったことがあるという

旧ソ連圏をひたすらあるいて、たくさんの教会を見てきた
台湾、香港、バリ、京都、そのほかたくさんの寺社をみてきた
ポーランド・クラコフの教会でも、スロヴァキアの首都ブラチスラバでも、
リトアニアの首都ビルニュスでも、
週末に、あるいは一日のおわりに、あるいはクリスマスの日に、
あたりまえのように教会に行く人たちがうらやましかった。
小さいころからそういうふうに生きたかった。

信仰を背負うこと、
かみさまとともに生きる選択を拒絶しているのは、
あんがい自分自身かもしれない。



coloro at 00:21|Permalink日記 

2017年07月20日

蓮華の花


わたしにしては珍しく、誰にも相談せずに、
一週間ほどで自分で決めた。
自分できめて、そうした。


それを湘南の兄に電話をしたら、
おめでとうございます、祝福された。
ナイスチョイスですよ、と。
新しいことを始める時につきまとう不安もきいてもらう。わかりますよ、と。
明るいニュースだ、と彼は言った。ざわざわしなくなりますよ、と。


バリ島でみた、
たくさんの美しいひとたちみたいに、
かみさまとともに生きる人になりたい。


先月、師匠に会いに行った。
この世はパラレルワールドで、
この世界は仮想であるっていう考え方もある んだよ、と聞いた。



占い館にはじめて、10代の男性のお客さんがいらした。
話自体は、同性愛の相談で、
タロットに出てきた絵柄に事象を乗せて回答していったら
一応満足して帰ってくれたのだけれども、
じぶんの回答がひどく薄っぺらに思えた。
宗教とか、哲学の勉強をしなければと思った。
大学とか生涯学習的なこと、もっと宗教的なことも勉強したいと思った。
自分はなにに繋がっているんだろう。


9月に結婚式を控えたミホさんと電話をする。
「岩波の青の仏教系の本は、私も人間関係が苦しかった時に助けられたよ」
と言っていた。


2015年7月
おかおじさんに言われた。
わたしのハートは無限の宇宙に繋がっている。
きみは最低でも天照大御神に繋がって、いる。


ブハラのシュフラットからメールの返事をもらった。
Ууупс!Харука? Эт ты???
Я то думал что ты променя вообще забыла.
Когда ж мы еще встретимся ?
Скучаю.
「君はボクのことなんかもうすっかりきれいさっぱり忘れちゃったと思っていたよ。」
ブハラに骨を埋めるという選択もかつて、
まったくないわけではなかった。
あのとき渋谷でそっちを選んでいたら、と時々思う。
いまでもわたしのことが夢に出てくるそうだ。
でもそうしなかったから、
記憶は美しいし、このひとはいまもやさしい。


年齢的なあせりやプレッシャー、
恋愛、親の老い、仕事
何年も同じような問題にざわざわし、
なんども同じようなタイプの人たちに振り回され、なんだかもういい加減、疲れた。
真実ではないことがらに振り回されるのは、
もういやだ。


coloro at 22:00|Permalink