でーと*あ、明るい。

2005年03月30日

航空会社。

今日の新聞に、QATAR-AIRWAYS(カタール航空)の広告が載っていた。
英国の権威ある会社より五つ星の評価をいただきました、我がエアラインでぜひ中東へお越しください!という内容。
ずらっと微笑んでいるキャビンアテンダントさんのなんと美しいこと!

ちなみにこれまで私の乗ったことのある航空会社。
ノースウエスト。KLMオランダ航空。ルフトハンザドイツ航空。台湾の中華航空。タイの航空会社。
確かそんな感じかなぁ。
こういうのをカテゴリー化すると怒られるかもしれないけど、私が受けた印象では
アジアを行き来する会社のキャビンアテンダントさんは美人ぞろい。
いやどうやら、外国人のお客様と接する国の代表なわけだから、とばかりに美人をそろえているらしい。
タイのお姉さん方は健康的な美人さんたち。
台湾のお姉さん方の中にはもうこのまま楊貴妃の役にできるんじゃないか、っていうくらいきれいな人もいた。
バンコクと台北で、自分の姉がキャビンアテンダントしてる、という東洋の子に会ったけど、これまたこの子の姉ならさぞかし美人なんだろうなぁ、と思わされる。

オランダ航空のキャビンアテンダントさん(女性)は背が高すぎてびっくりした。世界一ののっぽ国とはよく言ったもので。背も高いし横幅もひろい。さりとて若い娘をそろえているわけではなく、おそらく40才前後のママじゃないかと思う。私156センチだけど、ひょこっとつぶされちゃいそう。通路を歩くとドコドコ揺れる。
んー。
美人というわけではないかもしれないけど、いやそもそもキャビンアテンダントに美人をそろえようという発想がないのだろうと思う。
しかし(ここを逆接でつなぐと失礼かもしれないが)サービスの仕方とか丁寧さが、アットホームで時折冗談さえ混じってくる。
Beef or chicken?を何万回も繰り返してきたんだろうに。
ワインを飲んだ後のカップにミルクを入れても構わない、と言ったあたしに(そういう系の細かいことは気にしないタチ)、
are you serious!? have a nice cocktail, って笑ってた。 


coloro at 11:14│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
でーと*あ、明るい。