2004年08月

2004年08月28日

合宿終了

最終日の最後にやっと、自分がひけていないことに気付いた。

演奏会まであと6日。

この楽器を始めて半年、であることを絶対言い訳にしない。
めげたらおわり。

あと6日、没頭しよう。

coloro at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月24日

遠くにいこう。

眠れない夜。
明日は絶対遠くにいこう、と決めていた。
続きを読む

coloro at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月18日

どう伝えるか。

最近、感動を伝えることばが紡げない。
感動したとき、なんて伝えればいいのだろう。

『こころが動いた。
『涙が出てきた。
『感動した。
『こんなに感動したのは何年ぶり。
続きを読む

coloro at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月17日

greeting card.

Dear my friend.

long time no see--^^;
how's going on??
did you have a nice trip?
tell me about your days as soon as we can meet^^

well, these days i'm working for our training camp><
( if i could, i wanted to go to North Japan this August)
we bought much beer( ←how to count??) today for our camp.
maybe you'll be able to drink a lot!!!

see ya^^

best wishes,
coloro


あまり深い意味はないのだけど
急に会いたくなる時がある。
こういうときに残暑見舞いって書けばいいのかな。
季節のお便りって便利です。



coloro at 01:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月15日

Why?

R: WHY did you choose Chinese as second language??

C: well, when i entered in my univ, i was interested in Asian culture. And i could choose between Korean and Chinese. Of course i could decide Russian, German, french, and so on, but those languages were only Asian languages. I thought that the number of people who speak Chinese is bigger than the number of people who speak Korean. That's why I chose Chinese.

coloro at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月14日

Judo

17歳でバルセロナ。
20歳でアトランタ。
24歳でシドニー。
28歳でアテネ。

常にトップを求め続けた谷亮子は、表彰台でとびきり純粋な笑顔を見せた。勝負師としての彼女が金メダルを決めた瞬間の笑顔、表彰台での笑顔、インタビューで泣きながら見せた笑顔、夫である谷佳知選手と手を振り合った時の笑顔。みんな同じ彼女の笑顔なのに、一人の選手として、一人の女性として、ほんとにいろんな顔が見えるのはどうしてなんだろう。


coloro at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月12日

自分。

『多くの日本人はすぐに人に助けてもらおうという思いがあるようだ。でも、家族でも友人でもなく、まずは「自分の強さ」に頼るようになるべきだ。

一人でいるということは、自分といるということ。』

ドラ・ドーザン

coloro at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

instant message.

Kelly :Do you feel blue on chilly nights like this?
Tom: Well... not really.
K: But bright, sunny days are nice, too.
T:Yes, i agree. whar weather makes me feel cheerful.
K: Ah~ Even hot summer days can be relaxing^^

coloro at 01:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月11日

i have to〜? or i just wanna〜?

フランスでジャーナリストをしていたという人に会った。
すこし、自分の夢が見えた気がした。

4月から入っていたサークルを、辞めた。
辞めることで自分の趣味の幅が狭くなってしまうけれど、後ろは見ずにゆきたい。

辞めることで多くの仲間に迷惑かかったのに、
「目標に比重をおきたい」
と皆に話したら、誰も私を責めなかった。


もとジャーナリストの彼と英語で話していたところ、どうやら私の口癖は「i have to 」らしい。
他人に判断・責任を押し付ける自分の性格が、浮き彫りになっている模様。

coloro at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月09日

and you light up my days.

どようび
ライムサワー
モカカルーア×2

にちようび
モスコミュール
ノンアルコール×1
みず×2
カルーアミルク×1

げつようび
カルーアミルク×2
↑朝


なんかむくんでる。泣いたせいか。
夜に畑の近くをとぼとぼ歩いて家に帰っていると、
自分が一人であることを急に実感した。
最近変な夢ばかり見る。



coloro at 12:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月08日

直球。

夢について聞かれたから、
ぼんやりと答えてみた。
そうしたら、
あたしの目を見て
「あなたはそのための努力、なにかしている?」
と直球できた。
逃げちゃいけない。

coloro at 00:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月07日

Back Grounds.

The day before yesterday, I began going to English-speaking school. While I waiting for my lesson, I looked at the teacher's profiles. They were all English native speakers, but they have various backgrounds:
one thacher came from the USA, but he said he was born in Manila and that he can speak both Tagalog and English. Another teacher comes from Australia, but he also speaks Vietnamese as he was born in Vietnam.

I was born in Japan, and I onoly speak Japanese.English won't become my native language. I'd forgotten the fact that people have their own backgrounds, and that they find their own identity based on each background.
These days, I sometimes think about my identity, I don't dislike my black hair or height, as I know that I'm Asian, but when I try to speak English or French, I find out it is hard for me to express my feelings in a European language. When I want to say, ' wow 'or 'woops,' and so on, I feel it is little difficult or embarassing, I won't be able to cry or given in English even if I could speak it fluenty,

I can't say why, but my teacher said, 'you'll change your mind when you can speak more fluently...'

...really(?-?)


coloro at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月06日

桃の正しい分け方。

家で母親と桃を食べる時、
母親はいつも美味しいところを私に食べさせて、
自分は種のまわりを食べる。

母方の祖母の家で桃を食べる時、
おばあちゃんはいつも美味しいところを私に食べさせて自分は種のまわりを食べる。
「お母さんも自分は種のまわりを食べるの」といったら、
あなたも結婚したらきっとそうなるわよ、と笑っていた。

coloro at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月05日

ナンとカレー。

先輩がいきなり呼んでくれて、
一緒に夕食を食べることになった。
カレー。「辛さ五倍」と「normal」があって、
両方頼んだ。辛党ではないので警戒していたけど、
思ったほど辛くはなかったので少し安心。
でも4皿を4人でshareだからよかったようなものの、
あれを一皿全部食べるのは無理だったかな。

coloro at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月04日

WHAM!

*Last Christmas I gave you my heart,
But the very next day,
You GAVE IT AWAY!!

This year to save me from tears
I'll give it to someone special...

tell me baby, you recognise me??



…だっけ?
ふっとおもいだしたフレーズ。

coloro at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

縁。

よく考えてみたら、
私はこれまでに沢山の人と縁をつないだ。
沢山の人と縁を切って、切れて、切られた。

続きを読む

coloro at 01:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月02日

のりもののなかで。

maru1考えても無駄だよ、
と各駅停車で彼は言う。
考えるのはいいことだけど、
かんがえても答えが出ないことってあるじゃん、と。



考えるのはいいことだけど、
とバスの中で彼女は言う。
そればっかりで行動に移せないと何も生まれないよね、と。
その声にあわせるように、大カマキリがバスの天井でカマを振っていた。
悲鳴があがる。


恋人とか親友なんて、今の年齢では幻想だよと各駅停車で彼は続けた。
みんな自分の今と未来に一生懸命だから、と。
他人に気を使っている余裕なんて、ない、と。

先輩親友いるの?ときいてみたら、
いやべつに、と苦笑いして電車を降りた。

coloro at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月01日

電話。

3時半に携帯が鳴る。
外はまっくらやみ。
不思議なことに私は、
その時間の電話に出られた。
続きを読む

coloro at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)