2004年12月

2004年12月31日

もうすぐ明日になる

2004年は今までの中で一番速く過ぎた年だった。

もしかして地球って、すごい勢いで回ってる?
宇宙から地球の淵(つまり夜とひるの境界線)に近づいていったら、
何だか得体の知れない世界に、すごい勢いで引きずりこまれそう。
理系の人に読ませたら殴られるな


年々一年がすぎるのが速くなる。
幸福の女神には後ろ髪(?)がない、じゃないけど、
明日の私は明日をしっかり捕まえたいと思う。
明日をしっかり捉えて離さないよう。

coloro at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月30日

日記

おそらく私は日記を書くことができない。

何時にどこに行って、誰と会って、という事実の羅列を日記というなら、
ここで敢えて他人に伝える必要はない。
けれど羅列を媒介として考える行為をする、という話を聞いたことがある。
しかし浮かんだものをタイピングゲームみたいに打ち出しているので
(なんかやらしい表現だな)
あたしは考えることをしているわけでもない。
一体何をしてるんだ??
続きを読む

coloro at 11:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月29日

わぉ

出版社から小包がとどいた(どきっ)
抽選に当たりました、とCD型Book。
そういえば
合宿前にAdventure Life(本)に挟まっていた読者カードを書いて
ぽすとに入れた気がする。

抽選に当たったことよりも、
自分の書いたメッセージが
作者の高橋サンに伝わったことのほうが
実はずっと嬉しかったり。
やった*
ありがとうございます◎


coloro at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

なんか

謝らなきゃいけない気がするんだけど、
何をどう謝ればいいか分からない。
下手に喋ったらぜったい伝わらない。
ただでさえ喋るの下手なのに。

何か言いたいことあるんでしょ?と、
既に伝わってしまってる。
なにか言うべきかな。
何も言わないほうがお互いにとっていいのかな。
正直すぎるのも考えもの。

何か言うことで、私は自分を正当化しようとするのかな。
やっぱりよく、わからない。




coloro at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月28日

よし

もう寝よう

できることならいますぐ遠くにいきたい。

ヒトビトから離れたいのかも。


ありがとう、って言われてがんばったね、って言われて。
いっぱい言葉をもらっても、たくさん褒めてもらっても
どれも実感なし。
ひねくれてるのかな
ありがとう、っていいたいのに



coloro at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

よくわかんないけど

見返りを期待しても

何も返さない相手だと思う。
とはいっても、
それを以って私を大事にしてくれているとかいないとか、そういう話ではない。
とりかえしがつかなくなるまえに、、、




coloro at 00:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月27日

がんばった、と思うけど

結構あっさり終わった。

高校のときみたいに、
泣きたくなるほどの充実感は特にない。

素敵な仲間に恵まれたと思う。
ありがとう。

うちの代の姫がサークルを辞めると仰った。
夏休みには一人でスペイン行って、モロッコ行って、
学祭期間にひとりでぽーんと中央アジアに去り行く彼女は
既に自分の信念みたいなものを見つけているんだと思う(BYご近所物語)。

変化した彼女は、[ここはこれから先の自分の居場所じゃない]と感じた、
だから辞めたのだと私は私なりに解釈している。



私はどうしようか。
ふとんの隣に横たわる楽器とにらめっこする。
私この子のこと、好きなのかな。
抱きしめることで確認することもできず。


高校の部活での私は、
よく言えば聞き分けがよく、
悪く言えば優柔不断な子だった。
おそらく今もだけど。

やりたくてやってるんじゃない、
という言葉は言いたくない(by Sくん)

うーん
といってやりたいことばかりで日々を埋め尽くす訳にもいかず

夏目漱石の『草枕』
読んだことはないけれど
某チェリストに言わせると
「俺がチェロに没頭する理由が、冒頭で見事に書かれている」
のだそう。



coloro at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月25日

最近

分裂気味。


必要以上に寂しがり屋。
必要以上にちやほやされていないと気がすまない。

まさか他人にはいえないけれど、
もう気づかれているかもしれない。

最近分裂してる。

近頃よく褒められる。
お願いだから、やめてほしい。
そういってもらえるほどの価値は、どこにもないから。


遠くに行こ。





coloro at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月24日

やきもち

相手の感情の対象が

自分の知らない範囲にまで及んでいるということに、
嫉妬を感じる、という。


でも私は、その人の世界が私の知らない範囲にまで広がっているということに、(こういうのは事実とは言わない)嫉妬を覚えていた。


妙な馴れあいは要らない、と頭で思いつつ。
でもその人とは世界が違う気がしてならなかった。
そんなことは関係ない、と言ってもらえても
私は怖くて信じようとは思えない。





coloro at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月23日

書けない

あたし欝っぽいから、と言ったら
そんなこと知ってる、というコメントが2つほど来た。


---こんなに鬱々していて、飽きないの?
…まだ飽きない。


「まだ」、ね。
とまた泣いたわたしを「そういうつもりで言ったんじゃない〜」と抱きしめようとする。
聞いてるあの人にとっては、exhaustな話だろう。

なんでそんなに優しくしてくれるの?

大切な人ですから。

優しくしてもらう価値のない子だよ、
やめるのなら今のうち、
とさらに泣く。


考えごとを日常に持ち込みすぎなのか。
ライン引きが上手くなったら、変わるかな。
ただしこのブログは、
推敲はしても考えることはしていない。



coloro at 10:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月19日

『あなたみたいに

きっぱり行動出来る人になりたーい』、

なんてメールが来たけれど

そんなことはない。

サークルの後の妙な馴れ合いとか、
ごはんとか、
自分には必要ないな、って思ったことは
「わたしはいいや」
ってやっと言えるようになった。
たったそれだけのこと。

すこうし一人で立てるようになってきたのは、
彼の存在のおかげかもしれない。
寂しかったからかな、
今までは誘われるとなんとなく付いていってたのだけど。



個別に会うのは簡単だけど、
一同に会するのは少ないので、
多くの人と交流できるときにしておいたほうが、
とも言われる。


coloro at 11:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月15日

すき

そういえば言ったことがなかった。

午前二時の暗闇。
私は一人で眠りに落ちることができない。

小さいころにおかあさんと一緒に寝るとき、
いつも彼女の方が眠りにおちるのが速かった。

家族5人が一つの部屋で眠っていたころ、
一番年下の私が一番布団に入るのが早くて、
隣の部屋はちゃんと電気がついていて、
家族の誰かがちゃんと起きていた。

それでも時々、
家族全員が一緒の時間に寝る日があって。

みんなで布団にはいって、電気を消す。
しみの付いた天井。
ねずみのような模様を見つめているうちに、
私は周りのみんなが寝てしまったことに気づく。

今はさすがに自分の部屋で一人で眠るけど、
でも一人で眠るのは時により
ものすごく勇気が要る行為。
トラウマだ。
そういう日、
できることなら誰かの胸に抱かれて眠りたい、
と激しく思う。

[眠れない夜、
人恋しさと愛情を分けて物事を考えなければならない]
というのは確か江国香織の文章。

おやすみ、とメールしてみる。
あったかくして眠りなよ、とすぐに返ってくる。
愛情と人恋しさを混同したのか、わからない。
あ、私この人をすきなんだ、と思った。

すき、と言ってみた。


coloro at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月14日

自己中宣言

本当に大切なもの以外、
すべて捨てられたらいいのに。
若さは永遠じゃない。
選ぶ努力をしよう。
捨てる勇気を持とう。


coloro at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月13日

ムラカミハルキ

タイトルにその名を打ち込んだら、
一発で漢字変換できた。

その著名度に軽い失望を覚えつつ、
スペースキーを押し続け、
敢えて片仮名に直す。


あたしはその人を知らない。個人的にも知らないし、
顔も見たことはない。
知っているのは、著作と、それら作品の数々の表紙にでっかく乗っている、
作者をあらわす漢字四文字の単語だけ。
ムラカミという姓の作家の写真を見たことがあるけれど、
そのファーストネームはリュウだった。

そういうわけで、
私はこの男性がどういう人間であるかは知らない。

二度この人の作品を読んだことがある。
フィクションと、ノンフィクションを一冊ずつ。
自分と同じ匂いを感じた、といっては
失礼になるかもしれない。恐れおおい。
けれど、
この人は私みたいなものの感覚を理解して、
言葉に表現できる人なんだろうな、と思った。

天才の味はまだ知りたくなかった。

というわけで、
彼の3冊目の本に手を出すまでに
結構な時間と勇気が要った。

『国境の南、太陽の西』 村上春樹 作。

この本に出てくる男の感覚がものすごくよくわかってしまった。


coloro at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月12日

決めた

明日は学校さぼろ


楽器運ぶための心配したり、
ぬくぬく、ってしてもらっているために自分はどうすればいいか考えたり。
ちょっといい子でいすぎた。


他人の世話なんて
あたしが余裕あるときにすりゃいいんだ
プレゼン4つ無事終わったし
土曜の試験もとりあえずできることはしてきたし
車のタイヤ換えも水槽の水替えも手伝ったし
しばらく自己中になろ
彼は論文であと一週間缶詰のことだし
携帯も切っといて平気かな
今夜のお風呂はお酒いれちゃお
わ〜い

あでも明日の塾講は行かなきゃな
生徒かぜひいてないかしらん



coloro at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

電話越しに

泣いているのがばれた。
おやすみなさい、を言うために掛けたのに。
泣くつもりなかったのに。

二人の間にdiscommunicationがあるかもしれない。
踏み込まれるのを拒む心の地帯。
おたがいそれを感じているから、
土足で踏み込むことはしないのかも。
今はそれでいいとおもう。
時間かけよう、って言ってるから。
だめになったらそのときかんがえよう、ってはじまりのころ言っていたから。


食べる気力も眠る勇気もない夜に、
携帯のメモリーをカタカタとめくって見て、
もしかしたらあたしの今の感覚をつたえられるかな、
と淡い期待を抱きつつ、
昔からの男友達に電話してみる。
彼は相変わらず彼なりのコメントをくれたけど。
久しく会ってないからかな、
なんかしっくりこなかった。


あれだけがんばって喋ってくれたのに、
私の芯まで届かなきゃそれでおわりだとは
人との関係なんて哀しいもの。


やっぱり今一番声を聞きたい、でも忙しい人、に電話しなおす。
なにか特別な話をしてくれるわけではない。
あたしの話をきいてくれて、
ぽつぽつ何かを話すだけ。
で、泣いているのがばれた。
カタルシス?
踏み込むことまでしなくても、
通じるんだね。

いそがしいのに。



coloro at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月11日

ごめん

『なんか、いろいろ
目標とか、打ち込めることを探して戸惑ってるかんじだったので、これが、
今の状態を突破するきっかけになるといいですね!!』

いやそういってくれるのは凄く嬉しいんだけど、
臆病者なので
明日の選考試験(倍率5倍)に行くのが
ものすごく怖い。
どうしよう。
何が怖いって、
たぶん試験受けて、
結果がマルでもバツでも、
何も現状打破できなかったらどうしよう、ってことだと思う。

冷静になって考えてみると、
現状打破できてない最近の自分とつきあっていたって、
べつに必要以上に崩壊しているわけではないし、
必要以上に誰かをいじめているわけではないし、
ちゃんと友達に甘えてみたり
掛かってくる電話越しに『だいじょうぶだよ〜(よしよし)』とか
言えてたりするので
何も問題は起こらないと思うんだけどね。
吹き出物はすごくなってきたけど。

せっかく願書読んでもらって、
コメントしてもらったんだから、
行かなきゃ損だよね。

いつもの私だったらここで
「行かなきゃ失礼だよね」という言葉を使うのですが、
今夜は自己中心にいってみます。


試験行くのめんどくさい、と感じている時点で、
あの研究所は私に縁がないのかも…(sigh)
とも一瞬考えてしまったのですが、
とりあえず行っとけ〜、と言ってくれる人もいるし、
読んでくれたあなたもいるし
(すいませんせっかく見てくれたのにやる気がなくて)。
あたししあわせものだね。
なんか変わるといいな。

未来って変わるものではなく変えるもの、だった気もする。
最近ずっとおなか痛い。

シクラメンの花を買ってもらった。
温室で育った彼女は、
あたしの部屋でこの冬を越すことになる。
夜中にストーブつけていたり、
明かりをさんさんとつけていたら、
近いうちに彼女は枯れてしまうと思う。
彼女のバイオリズムにあわせてみようかしら

チカラ抜きたいな



coloro at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月10日

回避逃走

机に向かって明日の授業の準備をするのに、
あたしは自分をものすごく甘やかす。

紅茶を入れて、
ドリカムのDIAMOND15というアルバムを入れて(タイトルからして贅沢な一品)
光る雪だるまの電池を入れて、
ストーブ入れて、
スタンドの電気入れて。

そんなことしなくたって、
薄暗い図書館の、なんにも乗っていない机で
したほうが全然はかどるのに。
きっと自分と向き合うこと、
明日のテーマを正面から悩むことから、
逃げてるんだろうな。

「逃走」という単語、
フランス語では女性名詞だそうな。

今週はプレゼン4つあったけど、
どれも本題から外したポイントをついてしまっていた気がする。
反省。


coloro at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月08日

日本語の崩壊

こんにちわ     こんにちは
うなずく      うなづく
部長さん      部長
お召し上がりになる 召し上がる

さて、どっちでしょう。
某大学のMr.キャンパス、
まともな日本語喋ってくれよ


言葉をわざと崩すのは、
分かっていても個性じゃないと思う。


coloro at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月07日

よく考えてみると

みんながおもっている程、
あの人はつよい人ではない、とは思っていた。
でもやっぱり、
私と話しているときもあの人強がっているのかもしれない。

coloro at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)