2005年03月

2005年03月31日

ヒトの味がする要領の悪さ。

PCM_05_03_31_0001.jpgたろうが居たので語らせようかとおもったけど、
彼女さんもいたので用が済んだらすたこら帰る。

部室にぱたぱたと楽譜を取りに行った。
読めない空気君に楽譜出来上がったので練習しといてね、といわれてたので。
すたこらさっさ。
ごそごそ探して出てきたそれは、
なんと全部手書きだった。
三ページ。8分の12拍子。
すてきすぎる。しかも読みやすい字だし。
あーでも小節番号振っておこうね。
必死こいて譜面作ってる、っていうから
てっきり切り貼りかなんかかと思ったよー。
んーじゃあ久々にがんばるかぁ。
最後かもだし。

コントラバス弾くよ、って言ったらなぜかたろうが喜んでくれた。
「おっしゃ、あたしが一番上手いのよ、
 って見せつけてやれ〜」だって。笑
なんか、そう言ってくれる人がいるってほんのりしあわせ。


coloro at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

今度こそ日本酒。

卒業してった先輩からメールが来た。
また顔出すから、日本酒ついでくれよ。
君最高だね!かなり好き〜って。
笑っちゃうんだけど、
でもそんなことは出会った頃からのその先輩しか言ってくれなくて、
やっぱり幸せなんです。
久々に塗ったマスカラまつげに、
ほろりとグレーの涙。



coloro at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

あ、明るい。




起きたら、
ちゃんと朝がきていることが嬉しかった。
二重まぶたもいつものまんま。
やった。
こんな美人顔は久々だぁ。笑
たしかに3鼠遒舛討燭茵
痩せたなんてよくわかるねー。
いい天気だ。

coloro at 07:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年03月30日

航空会社。

今日の新聞に、QATAR-AIRWAYS(カタール航空)の広告が載っていた。
英国の権威ある会社より五つ星の評価をいただきました、我がエアラインでぜひ中東へお越しください!という内容。
ずらっと微笑んでいるキャビンアテンダントさんのなんと美しいこと!

ちなみにこれまで私の乗ったことのある航空会社。
ノースウエスト。KLMオランダ航空。ルフトハンザドイツ航空。台湾の中華航空。タイの航空会社。
確かそんな感じかなぁ。
こういうのをカテゴリー化すると怒られるかもしれないけど、私が受けた印象では
アジアを行き来する会社のキャビンアテンダントさんは美人ぞろい。
いやどうやら、外国人のお客様と接する国の代表なわけだから、とばかりに美人をそろえているらしい。
タイのお姉さん方は健康的な美人さんたち。
台湾のお姉さん方の中にはもうこのまま楊貴妃の役にできるんじゃないか、っていうくらいきれいな人もいた。
バンコクと台北で、自分の姉がキャビンアテンダントしてる、という東洋の子に会ったけど、これまたこの子の姉ならさぞかし美人なんだろうなぁ、と思わされる。

オランダ航空のキャビンアテンダントさん(女性)は背が高すぎてびっくりした。世界一ののっぽ国とはよく言ったもので。背も高いし横幅もひろい。さりとて若い娘をそろえているわけではなく、おそらく40才前後のママじゃないかと思う。私156センチだけど、ひょこっとつぶされちゃいそう。通路を歩くとドコドコ揺れる。
んー。
美人というわけではないかもしれないけど、いやそもそもキャビンアテンダントに美人をそろえようという発想がないのだろうと思う。
しかし(ここを逆接でつなぐと失礼かもしれないが)サービスの仕方とか丁寧さが、アットホームで時折冗談さえ混じってくる。
Beef or chicken?を何万回も繰り返してきたんだろうに。
ワインを飲んだ後のカップにミルクを入れても構わない、と言ったあたしに(そういう系の細かいことは気にしないタチ)、
are you serious!? have a nice cocktail, って笑ってた。 


coloro at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

でーと*

e4a5ec0a.jpgアンパンマン号@高知←→岡山 特急
ふぅ。久々のお腹痛…
ここ数日のウツウツも熱も、もしかするとPMSとかいうやつだったのかもしれない。
昨日までの欝も今日はすっきり。
なんとかならないのかぁ、いつもいつも。
今日は午後からサークルのお姉さんとデート。
あちらは就職前で忙しいのに
なんかむりやり時間を作ってくれたのかも。
ひゃーごめんなさい。
おなか痛いけど笑顔で会うよ
しばらく会えないかもだし。

coloro at 10:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年03月29日

元気かな?

PCM_05_03_26_0023.jpg何か言ってくれるたんびに、私は「あなたとは世界がちがう気がするから」って言っちゃう。 でも実のところ、世界がちがうのを怖がっているのではない。生きてる世界も、空気も実際ほとんど同じだと思う。ただ私は、いま自分がいる環境に自信がないんだ。ここで自分を活かすことも殺して別のことも探せないもどかしさ。ただそれだけの理由で、あたしはあなたを知ることを拒んでるのかも。もったいないよね、そんなの。

coloro at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

DIAMOND15


あ、なんかもう大丈夫かも、っておもった。
上手くいえないんだけどね。ドリカムのDIAMOND15。このCDに入ってる『ラヴレター』って言うのを聞いていたら、これを聞いていた去年の冬を思い出した。このCD聞きながらその人とメールしたり、一緒に部屋にいたときの空気がふわっ、っとよみがえってきて。実際にはこのCDの中の、『マスカラまつげ』とか『どうぞよろしく』、という曲をよく聞いていたはずなんだけど。
このCDに絡みついてるは「ぐちゃっ」じゃなくて「ふわっ」、とした記憶であることを認識できて、あたしはもう暗い気持ちにはならないかなぁ、って思う。わからんけど。

さっき、テレビの「クローズアップ現代」で『子は親の鏡』という詩を書いたドロシーさんというのが取り上げられていた。(詳しくは本屋で立ち読みしてください)
「叱りってばかりいると、自分は悪い子だと思ってしまう。
沢山褒めてあげると、明るい子に育つ」云々。

昼間に、森瑤子の書いた本を読んでいて、
その中にジャクリーヌ・ケネディ(ケネディの奥さんね)の話が載ってて。
彼女は男の人を褒めて自信を持たせるのが本能的に上手かったのだそうな。
(だから美人でもないのにケネディと結婚して、彼を褒めまくって彼を大統領にさせた、という理論らしい)

そういうテレビや本を読んでいるうちに、
私あなたに対して何かしてあげられたんだろうか、って考えちゃって。
せっかく向き合う時間をくれたのに、
しかもどこの馬の骨かもわからない変な男じゃなくて、
私が好きになったあなたと、こんないい男と
ちゃんと向き合う時間があったのに、
私はなんか抱きしめてほしい、褒めてほしい、って一方的に求めてばっかりで。
わがままな子でごめんなさい。なんにもしてあげられなくて、ごめんなさい。
上手くいえないけれどなんか後悔で涙でてくる。
そんな感じです。



日本酒をヘルメットで飲む(のまされる?)のはいいけど、おねがいだから死なないで。別れたといっても心配なものは心配なん。

coloro at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ワッフル

15








d0792820.jpg




たっぷりごてごてしている二枚は、ベルギーの街角にて。値段も大きさもダイナマイト。ちなみにブリュッセルでこれを食べるためだけのために、あたしはパリ発アムステルダム行きの列車を途中で降りた。
さっぱりで蜜だけかけて食べるのは、ベルギーで修行したという京都駅マネケンのプレーンワッフル。電車のなかでぱくっと食べられる大きさ。
どっちがスキかは好みだけど、お菓子屋さんはコドモにゆめを与えるのも仕事のうちだ、とこっそり思ったりもする。

りかさんのページ、すごいおいしそう。。。

coloro at 13:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年03月28日

んーと。

もっと泣いてもよかったなら泣いていたけど、
でもやっぱり泣けなかったん。
色々堰き止めるものがあって。
一日中でも抱きしめてもらえないと、それだけの時間をかけないと
あたしはたぶん、だれかの腕の中で自分の気持ちをぜんぶ溶かしだすことはできないらしい。
それがいいのか悪いのかよくわかんないし、
無理しているっていうかそういう仕組みらしいので仕方ないん。
ぜいたくなんだ。
この先どうなるんだろうねぇ。
あたしもよくわかりません。
でもあんしんする。
そんなかんじ。


ふうっ、っとひとりになって、
すごい勢いで三島由紀夫を読んでみた。
速く読みすぎて行間なんて読みきれず。
ふとんにもぐって、声を殺して泣いた。
壁薄いんだ。
熱も下がんないし
おなかも胸もむかむかして、
たべたものもこうやってぐちゃぐちゃしてるのも
ぜんぶ吐いちゃいたくてたまらないのに
それでも吐けない。

「ん〜、
 イヤだって思うならがんばってプラスに考える、なんてのはいかが?」

なんかね、こういうのって本でてるじゃん。
「プラスに考える習慣を身につけましょう」云々。
言われてすんなりできるならそんな本買うやついないんだよね、多分。

あたしもたぶんがんばってるよ、
考えても仕方のないことはかんがえないようにしよう、とか
もうちょっとプラスにいこう、とか。
でも結局時間の問題なのかなぁ、って思う。

たろうが言ってたけどね、
本とかたくさん読んで、いろんな喜怒哀楽とか経験してるうちに
ある日ぽーんと抜けるようになる、って。
だからいつもそんなに悲しそうな顔をしていちゃだめだ、って。
あたしはそれを信じてるんだ。
はやくそういう日こないかなぁ、って。
でもぜんぶ時間任せじゃなくて、そういう日が一日でも早く来るように
じたばた。



coloro at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

おぷてぃみすてぃっく。

62519e72.jpgことしのもくひょう。
なんにもかんがえないようにする。笑。
未来でもなく、過去でもなく、今を喰う動物になりたい。

もう泣くのいややん。
誰かに泣きつくのも、一人で泣くのも。
あたしの人生に何の影響も与えないの(「の」=準体助詞。人ともあらわせる)に
ぐちゃぐちゃにつきおとされるのはもうやめよう。
昨夜は泣きながら帰ってきたからお母さんびっくり。
嫌なことは忘れるよ。
もっと忙しくなるー。ってかする。かんがえなくてもいいようにね。
メールの返信は教授並でいっかな。
丁寧に返しすぎなん。
FOMAトロいのに。説明書の要らない携帯にしたいわぁ。(ぜいたく)
誰にどう思われても、もういいよ。
大事な人たちを大切にできれば。

『生まれて22年目はいい年になるといいね、ってゆーか
 いい年に、する。笑』  (k)

coloro at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月27日

『風景』

純銀もざいく

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
かすかなるむぎぶえ
いちめんのなのはな

山村暮鳥

ああ菜の花見に行こう。

coloro at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

アジアのおばちゃん。

5d728069.JPG1





左は台北の市場で見かけた鶏肉屋のおばちゃん。
右は高知市内の日曜市で見かけた八百屋のおばちゃん。
奇妙な一致だと思うのは私だけでしょうか。
東洋人のおばちゃんはみんな同じに見えるのかな。

もうひとつ。
東洋人の娘。アジアの娘。
東洋人のおばちゃん。アジアのおばちゃん。
なんか
「東洋人のおばちゃん」
だけ妙に響くように思えるのは私だけかな。
日本語っておもしろいん。



coloro at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

つつがなしやともがき。

時間の流れをすんなり受け止められる人、
うらやましいなぁと思う。
流れる時間と、それに伴って変わりゆく自分とをきちんと受け止めらるひと。
時計とか暦とか、人の定めた動きに対して敏感なのではなく。
人が抗うことのできない、
地球の自転とか宇宙のうごきとかなんとか、
っていうでっかい流れが自分の生まれる前からあって、
それを認識してもしていなくても、
その流れに自分をふわっ、と乗せられるの。
歴史の歯車にしてみれば無にも等しい自分の存在を、
それでもきちんと流れの中に乗せられるひと。




coloro at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

春休みあと四日。

昨日は人力車のお兄ちゃんと仲良くなって(でも乗ってない)、
春休みなんて羨ましいねぇ〜って言われてきた。
あと広島から一日で奈良に来た、っていったら
そうとうムチャしてるねぇ〜、とも。ふーん。
四月がこわい。
たいした変化のない学生のときですらそうなんだから
卒業しちゃうウチの姉とかたいへんなんだろうなーっとおもう。
すごいよみなさん。
学生ってぬくぬく。
ここ三年くらい(つまり高3のときから)
春=鬱 おきまりのパターン。
三年前は女子校からいきなり共学の世界に放り込まれて、しかもすごいヒトゴミでもうブリッジから飛び降りたいくらいな気分になってた。
うーん。
ことしの春はどうなることやら。
はじめから「そうなる」ってわかってるんだから
「そうならない」分岐点見つけられればいいんだよね。
地下鉄通いぞっとする。
こないだ地下鉄サリンから10年目だったからとか、
『アンダーグラウンド』の読みすぎというだけではない。
怖いん。
怖いという形容詞を引っ張り出すからいけないのか。

今朝は自分の髪の短さにぞっとした。
枕にちっとも流れない。
長くたってもう誰にも嫌がられることないんだから
切る必要なかったんだけど。
それにしても短すぎる。

21か22になったら、
ぐちゃぐちゃ悩むことも減るよ、といわれたけど
あと一ヶ月で21なん。
弱すぎ。
ぺこっ。


coloro at 08:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月26日

家に帰ってきた。

帰る家があるっていいことだよ、帰る帰らないは別として。
宇治の平等院にいるときにそう言われて
よし新幹線でかえっちゃおう、と思った。
新横浜行きの切符を買ってのぞみに飛び乗ったものの。
新幹線=SUPEREXPRESSとはよく言ったもので、
新横浜は素通りして品川へ…。
仕方ないので素知らぬ顔して
三島(静岡だっけ?)行きのこだまに乗って引き返す。



coloro at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

テクストの空白。

推敲するの止めます。自分のために書いているから。
下手な日本語が嫌いな方はどうかもう読まないで下さい。

弱くてごめん、って書こうかと思った。
しかし書いたところでその手紙をポストまで持っていくことはないだろう。
理不尽とか、イヤな印象は受けなかった。
教えてくれてありがとう、と思う。

ここまで四行書く間に、いろんな思いがかすめたけれど、
それをここに書くことはもうするまい、と思う。

限りなくゼロにしようかな、と思った。
携帯のメモリーも、パソコンのアドレスも。
三月ってそういう時期なのかもしれない。
自分のことを知らない人たちばかりの環境をつくりたがる。
限りなくゼロに近づけて、あたらしくはじめたいとおもう。

このページも、書いたもの全部消してしまって。
まったく誰も読まないアナログの日記帳のなかに続きを書こうかと考えた。
自分を伝える試みなんてしたって、
所詮「ぜんぶわかってもらう」ことなんて無理。

消すのを留まったのは未来の自分のため、のようだ。
今の自分のためとか、
これを読みにきてくれる人のためではない。
はじめは自分のために書こう、と思った。

中途半端に付き合う、って失礼かもね。
『中途半端に付き会う、って私に対して失礼じゃありません?』
って言えたその強さをうらやましいと思った。



coloro at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

しゃもじ☆

PCM_05_03_24_0017.jpg世界最大杓子7.7メートル@広島県宮島。

coloro at 19:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)旅行 

こけきのこ

PCM_05_03_26_0004.jpg聖武天皇陵にて。

coloro at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

とことこせかせか。

ただいま奈良県のユースホテル。

なんか、
もうやばいなぁ、っておもう。
なにが?
いろいろ。
どうしたってあたしは多分90パーセント↑くらいの確率で
10年後も20年後も生きていられると思うから
なにも心配することはない。
長いんだから、たまにはじっとやすんで
そうしてまた歩けばいいだけのこと。
足りないのはその勇気。

coloro at 10:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2005年03月25日

えっと

PCM_05_03_25_0002.jpg納得するまで歩けた気がしないけど、体力はそろそろかも。新幹線のりたい。博多に行きたい。

脱衣所で髪を乾かしていたら、ピアスがはらりと落ちた。確か10月の初めに買ったから、そろそろ寿命なのかなぁ。といって家にとりに帰ったところで、代わりになるものはないのだけど。

そろそろ家に帰りたいのだけど、
明日はなんか線路の工事で昼間に電車が無いため
18切符では帰れません…
うーんもう一泊かなぁ...
新幹線高いん。

神戸の街、すごく素敵だった。
港の見えるホテルがいくつかあって、
その中でもイチオシのやつ。
どんな感じですか?って聞いてみたら
「ツインかダブルが基本です」とか。
いつか行きたい。。。

coloro at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行