2005年04月

2005年04月29日

カフカ終了。


上手くいえないのだけど、この一ヶ月で、特にこの2週間でいろんなものを放棄した。ぐちゃぐちゃとしたものをたくさん目にして、そういうものから上手に自分の気持ちを護る術みたいなのがまたすこし、うまくなったきがする。でも今日は一気に本を読んで、変な奴から変なことを言われたのを朝イチで思い出して、相変わらず退屈な授業で、バスをどうしようかとかこんなこと失礼なんじゃないかとか、カフカはこの先どうなるとかナカタ老人が死んじゃったとか、そういうのでいっぱいいっぱいだった。実は自分をまもること、全然上手くなってなかった。バスの先生に電話をしたら、最近は元気にしてる?色々悩んでたのはどうなった?とか、あたしの質問に答える前にそういうことを先におっしゃった。あたしはあと5000年くらいしてもそういう人間になれる気がしない。いいやつとかいいおとこというのはいるんだけど、いい人間というのに久しく会ってない気がする。それとも前の二種類に会えるというのだけでも恵まれているのだろうか。 上手くいえません。脱線事故が起こる日の前日通学に使っているJRのダイヤが乱れている、その理由は早朝に起きた人身事故だっていうので私は既に悲しかったしもうこれ以上何もない、知らなくてもいい真綿でくるまれたような生活がしたくてたまらなかった。でもそういうことは生きている限りやっぱり無理で、相変わらず一部の人間は飛び蹴りしたくなるほどむかつくし授業は相変わらず退屈だし新聞を開けばどこかに必ず誰かが亡くなったという記述がある。 なぜだかよくわからないけれど新聞というものは「どなたかが亡くなった」報道はたっぷりするけれど、「誰かが生まれた」ことには驚くほど興味を示さない。最近いちばんのヒットだったのは愛子様誕生くらいではなかろうか。あとは中国で13億人目の赤ちゃんが生まれたとか、あるいは動物園でパンダに赤ちゃん産まれた、とか。赤ん坊とは生まれ落ちた時に大衆的価値は見出されず、生んだ父母そしてその親戚とか、にとってのみ絶大な喜びとなる。どこでどの夫婦に赤ん坊が生まれたかなんて、名前の届けの際に市役所の人にとって分別しなきゃいけない書類が一枚増えることくらい、あかの他人にとってそんなものである。あたしどうだったんだろう。 亡くなったという事実を以って、三途の川のこちら側はまたひとつ偉大な命をうしなった。いかなる天才であってもすべての人間が避けては通れない道である。社会がある日ひとつの天才の生を失っても、その瞬間どこかで必ず新しい命は生まれている。自分はどこから来て、そして誰の身代わりとなってその命を天に葬るのか、そんなことを知る由もなくただただ私たちは毎朝満員電車につめこまれて、コンビニのまずいお弁当たべて、ぼんやりと時にぐっちゃりとして与えられた時間を生きる。 流水不腐、万物流転輪廻転生。無常というのは虚しいんじゃなくて同じことは続かないってこと。強くなるというのは転がり続ける石をじっと見つめて角がとれていつかすべすべと痛みが取れるようになるまでじっと耐え続けるということなのかもしれない。

coloro at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月28日

ひねりだし。

>今日会いたいのだけど、バイト前に時間取れないかな。
>明日とか明後日じゃぁあんまり意味がない。

というわけでムリヤリ15分ほど捻り出してもらった。(「捻出」ってこういう意味なのか!)ほんとに感謝。なんでか自分でもよくわかんないんだけどね。なんかいろんなことがいっぺんに私のところにぞろぞろとやってきて、混乱していた。あたし捻くれ者なのでちゃんとお礼言ったか気がかりです。ありがとう。

coloro at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月23日

最近かけないのです。

ブログというのは去年の夏から某プロバイダーのページを借りて個人的に続けていたのだけど、(既に投稿件数500近い)ここ2週間くらい、「何も書けない症候群」に襲われている。書けないのだ。今まで書いていたようなこと、日常のふとした気付き、日常に会う人の微妙な表情の変化。そんなことがなんだかこの2週間でどうでも良くなってしまった。あるいは自分が変化する時期なのかもしれない。(あんま関係ないけどもうすぐ誕生日だし。) というわけで個人的に開設していたブログは最近放置気味で、こうして私と「書くこと」は遠く離別していくのかと思いきや、今度は授業でぜひ作りましょうという話になってしまった。 中学高校のころから「自分を誰かに表現し、知ってもらう」為の手段を探してきた。おしゃべりが苦手な子だった。今も昔も。話す事で自分を分かってもらうことは無理、歌は音痴、楽器もやってみたがそろそろ限界、絵は虚数的才能というかつまるところさっぱりで、写真もそんなセンスなし。最後の砦が「書くこと」で、これは唯一ひょっとしたら、の希望があったものだ。書くことが自分を表現するための最初で最後の手段かもしれない。(それを確かめるために昨年夏にブログを始めたのだが。。。)はてさて。やめても授業で作らなきゃならないということは、私と「書いて表現する」ということは切っても切れない縁なのか。さてどうなんでしょう。

coloro at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月18日

バルセロナ。

no title  サグラダファミリア。
日常に帰って家族たちに大事にされ、ぬくぬくと過ごしている今。振り返るとなんであんな遠くまで一人で行けたのかと自分に驚いてしまう。イベリア半島から横浜まで、電話代五分間で5ユーロくらい(\700↑)。数万キロを隔てて、それでもなお鮮明に聞こえた声。

coloro at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

英語の授業の時の話。

『内向的性格か、外交的な性格か』という心理ゲームみたいなのをやった。「決断は早いほう?」「悩みがあったらすぐ人に相談できる?」「猫と犬とどっちがすき?」って相方の問う質問にYESかNOで答えていって、最終的に稼いだYESのポイント数で外交的かどうかを判断する。私の結果は、「ちょっぴり内向的です」。まぁ予想通り…かなぁ。でも華やかな帰国生の女の子が6割を占めるクラス、私のポイントは27人いるクラスでびみょうに最下位だったらしくて、授業が終わった後先生が心配してわざわざ私のポイントを数えに来た。でも他の人たちと殆ど点数離れてなかったし、ひょっとしたら相方が書き間違っているだけかもしれないし。んなことしなくても!

coloro at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

今を喰う動物

時計のない生活がしたい 午前二時にむっくり起きる。あるべき感覚だったら午前二時は「夜中」と表現するのだろうけれど私の体内時計は狂っているのでよくわからない。昨日と今日と明日という言葉の混じる時間。とにかくその夜中とやらに目が覚めて、ふっと感じた。家族でも親戚でもない、ある日突然あった誰かに大事にしてもらう不思議すぎる感覚。思えばそういう優しさと無縁に生きてきた。変ないちゃもんつけてないでもっと大事にしよう、と思った。

coloro at 02:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月17日

もっちゃり。

6262ebb8.JPG小岩井牧場の子羊ちゃんたち。

coloro at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ぎもん。

なんでいちばんいてほしいときに離されちゃうんだろう。責めているわけでもだからどうしてほしいというわけでもないのだけど、なぜ?もうちょっとつよくなりなさい、って神様が操作してるのかしら?いちばん居てほしいときに、私の隣にはその人ではない別の人がいる偶然の不可解さ。 いちばんいてほしいときにそこにいない。いつもいてくれるから、居なくなると枯渇状態になる、昨日の話はそれともそういうことだったのかしら。

coloro at 02:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ねぎの話。


nobodyknows+   チューバみたいな低い声にやられた。 一本頂戴、と言ってみる。あれほどタバコを嫌っていたわたしがいきなりそんなことを言い出したので、ちょっとびっくりしつつ、それでもマルボロ出して、ライター出して、オイル切れてたからマッチ出して(なんでマッチまで持ってるんだろう)わざわざ擦ってつけてくれる。何かあったん?と聞いてくるわけでもなく、タバコをふかしつつ、あたしが銀杏並木でぽろぽろとこぼした言葉を一つずつ拾ってああ、とか そうなん? とかそういう返事をひとつひとつ返してくれる。この人は何者なのか、優しいのやら冷たいのやら、やっぱりさっぱりわからない。でも迷子のわたしを駅まで拾いに来てくれて、歩きながら丈夫な赤ちゃん産めんよ、と軽くしかってくれた。仕方ないから同じ言葉を返しておく。 あのときの感情とか精神状態は上手く言い表せない。いやこれまでずっと、そしてこれからもずっとそういう状態の中を生きているのだろうけれど。突然泣きたくなることが、ときどきある。 江国香織の小説に「ねぎをきざむ」というのがある。帰りの電車を降りようとプラットホームに足をかけた瞬間、どうしようもない哀しみに襲われる。 その人のことをもっとすきだったらいいのに。用事が済んだら、ちょっとお茶しない?と呼び出して。優しい人だから、かなしいといえばきっと何かを聞いてぬくもりを分けてくれるんだと思う。でもせっかくそれをしてもらっても、どうしようもないかなしみは埋まらない。 早くお家にかえって、家族と顔を会わせ、ペットの犬を抱き上げれば、こんなわけのわからぬちっぽけなかなしみは紛れるかもしれない。でもそんなことをしても、やっぱりかなしみは消えない。仕方がないので一人台所に篭って、ねぎを刻み続ける。そういう話。 今日はねぎを刻むわけにもいかなかったので、たばこをもらった後ひとりでごはんを食べた。わたしが在りたいわたしにもどるまで、じっと時がすぎるのを待つ。

coloro at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月16日

ぐちっ

週に一回来る練習日。毎度のコトながらコントラバスを運ぶのがだるい(笑コンバスの相方は今日は寝坊してないといいなぁ。みんな今日は練習来るかなぁ。

coloro at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

ほそっこい。

帰り道、駅で中国語の先生に遭遇。まだ一回しか授業で会ってないのに、ちゃんと覚えててくださった。院を卒業されてすぐ講師になった、というから年齢は私と10違うか違わないか。なのに中国語も韓国語もぺらぺら、通訳もできちゃう。なんだかなぁ。大学の非常勤講師だけじゃ食っていけないから語学学校でも教えてるんですよ〜と苦笑してた。大変なのね。
オレンジレンジ ロコローション 今週もよくがんばりました◎

coloro at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年04月15日

学費たかい。

教職課程国語科を申請したら国文科生みたいな時間割ができあがった。書道漱石漢文鏡花、日本語教授法。これでいいのか。ちなみに社会学専攻。

coloro at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

♪my love is your love


My Love Is Your Love 最近気づいた。お化粧する時間があんまりなかったときはなおのこと、笑顔でいるに限る! 笑

coloro at 08:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

明日はクマがいないといいなー。

Des'reeとかJLoとかLauryn Hillとか、聴いていたら目が冴えちゃって、眠れません。そういう日、小さいころだったら誰かのふとんにもぐりこんでいたけれど。眠れぬ夜はなにしてすごせばいいのかな。

coloro at 02:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

「ほんとに大切なもの以外、〜」


「ほんとに大切なもの以外、全部捨てられたらいいのに」(『Love&Free』) ほんとに大事なもの、大事な人ってどんなものなのかまだよくわからなくて、まだくちゃくちゃといろんなものに惑わされている状態。でももし今「大事なのかなぁ」と思っているものがほんとに「たいせつだ」と感じる日が来るのなら、私はそれを主張する強さがほしい。対象が人となる日が来るのなら、それを相手に伝えることのできる勇気と素直さがほしい。 宇宙からみたらものすごいちっぽけな存在で、一匹ナノメートルの原生動物なみ。(ゾウリムシ)でもそんなにちっぽけなくせに、たしかにそうなのかもしれないんだけど、やっぱり欲は一人前で、あたしの存在を以って家族でもなくなんも関係ない、ある時突然出会った誰かを幸せにできたらどんなに素敵だろう、なんて企んでみる。「なんにもしてあげられなくてごめんなさい」とはもう言いたくないんだ。

coloro at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月14日

♪everything


Mary J Blige  HipHop SOULの女王…だそう。でもこの人の詩が日本語だったら恥ずかしいんだろうなー。

coloro at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

知らなかった。

インド出身のお姉さんとの会話にて。「何カ国語で『ありがとう』を言えますか?」という質問。 だんけ  さんきゅー めるしー  だんきゅー グラッツィエ  ぐらーしあす ダンニャワード  コップンオブリガード   カムサハムニダ 謝々  ありがとう。 12ことばでした。意外な一面を、発見。

coloro at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

朝鮮語初級より。

○=太陽 _=大地 |=人間 …だそうです。

coloro at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年04月13日

コイの話。

こんなフラフラした性格なので、土地に根を下ろした職業を持った男の人のところにはおそらく私、嫁げない。もしいけるのなら、風のような人のところに嫁ぐと思う。


サラリーマンとかビジネスマンとか言われる人は、どちらかといえば焦点を「ひととひととのつながり」に当てているのに対し、
夏みかんの農家とか、ホタルイカ専門の漁師とか、紙漉きの職人とかの彼らは四季のある日本の気候に加えて、その土地の気候とかその日の天気とか、ヒトのみならずそういう「自分の力じゃどうしようもできない」ものと向き合いつつ生きている、その事実に私は深く頭を下げる。
この人たちがいなければ私今晩切干大根の煮物とかスズキの焼き物とか、食べられなかったし。

んでも私はそういう生活、やっぱりムリだ。
ある日突然外国に飛び立って、パリから日帰りでバルセロナに行くような女にトマトは育てられない。


仮定。
仮に私が地に足をつけた生活ができる人であったとしたら。
この仕事をしている人に嫁ぎたい。

養鯉家。

鯉師。色鮮やかな錦鯉を育てるお仕事である。

家には15年位前に『エスパー魔美』(アニメ)を録画したビデオがあって、そこになぜか養鯉家の一年を追ったドキュメンタリーが録画されている。たぶん4,5歳のころの鯉好きの私が録画したんだと思う(変な子)。

一匹ウン万もする錦鯉を育てるのってほんとにたいへんなんだ。
冬には池から鯉を上げてビニールハウスみたいなのに移したり、品評会に出そうと鯉を池から持ち上げて盥にうつしてトラックに乗せたり、鯉に食べさせる餌を直接味見したり(この図に五歳の私は衝撃を受けた)、真夏の夜に筋のいい稚鯉を金魚すくいみたいに何百匹も夫婦二人で選別して、残りの稚鯉は川に流したり。

魚好きの父の影響で、ウチには鯉と金魚とメダカと熱帯魚がいる。
金魚を鯉の餌で育てて、熱帯魚を金魚の餌で育てて…なんてことをしているので、なんかもうぷりぷりむちむちとミゴトな大きさ。すり身にしてカマボコにはしないけどなんか魚たちには申し訳ない。そんなこんなの放置プレイの得意な飼い主だから、鯉が好きでもやっぱり養鯉家には嫁げないんだ。(ちなみに私と同世代から鯉師ってどのくらい育ってるんだろう)


やまこし村の鯉物語り
錦鯉の種類

coloro at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

気を緩めると

そのひとと世界が違うことに気づいてしまう。無理はしていないつもりなんだけど、ひょっとしたら自分で何も気づいてないだけかもしれないと恐ろしくなる。一体私はなにしてるんだろう。離さないでと求めるならば、期待する対象などはじめからなければいい。悲鳴をあげるまえになんとかしなきゃ。

coloro at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)