2005年07月

2005年07月31日

はちゃめちゃ

声にならない声。
再現したくてもしきれない。
順序も空気も、滅茶苦茶。

coloro at 23:40|PermalinkComments(0)

刻みつけるという行為。

喫茶店の紙ナプキンにインクをしみこませること。
パソコンで打つこと。
ノートに書くこと。
便箋に刻むこと。
彫刻刀で削ること。
その空気と温度を身体にしみこませること。
記憶と音とを脳内に刻むこと。


coloro at 22:32|PermalinkComments(0)

2005年07月30日

日記。

ここに書く暇があったらレポートを書け、というのが最近の合言葉。(頭の中で)

昨日はSHOAHのビデオを四本を見た。
去年とっていた特論(ゼミの若人版)はアウシュビッツをいかに教えるか?というのがテーマだったから、一度ホールを借り切って上映会やってたんだ。
でもその日の私はいけなかった。なぜだかすごい鬱で、こんな日にアウシュビッツなんて見てしまったら立ち直れなくなる,、、と思って。でもなんか見落とした感がそれから半年ずーっとあって、結局今日は何が何でも見る!とバイト後に学校の図書館に行って、四本どさっと取ってきた。
フツーに見ると、9時間。図書館のAVコーナーに座ったのが3時で、閉館時間は8時。明らかに間に合わない…というわけで早送りしたり時短したり。字幕つきだったから話の筋は追えるけど、寝不足がたたって大変だった。
うーん。
なんかね。
SHOAHというのはヘブライ語で絶滅とかたしかそんな感じの意味。
もう一度見るべきかなぁ。



帰りは逆通勤ラッシュの急行で、初めて女性専用車両というのに乗ってみた。
気持ち悪い。かなりきもい。こんな光景初めて。老若男女から男が脱落。女子校出身だけどそういうのとは比べ物にならない空間。異常としか言いようがない。

---浜辺に下りてみてみると、島の住人がぞろぞろでてきたが、
それが四十歳くらいを最年長として十七、八歳くらいまで、ぜんぶ女なのである。そして、義経をとりかこんで、まあうれしい、殺して島の守り神にしましょうなどといい、武器をとっていまにも殺そうというようすになった。
「ここが有名な女護が島ですよ」       (御曹子島渡)

って感じ。世の中の男たちが全て戦争にとられ、生まれる子どもたちは全て女の子だった、という感じ。唯一違うのは悲壮感がないこと。


coloro at 11:54|PermalinkComments(0)

2005年07月27日

安すぎる静寂

うすい小説をふたつ、買った。
ショコラとベニエを食べながら、
そのうちのひとつを読んだ。
とてもよく描けていると思う。
とてもよく書いていると思う。
もちろんあたしにはこんなもの、かけない。

けれどこれもまた、
そこまでだ、とおもった。
この本をまた部屋の隅に積んだきり、
明日もまた
私は冷房の効きすぎた図書館や本屋で文庫の棚を見上げたまま
数時間立ち尽くすのだろうと思う。

眩暈がする。
明るすぎて青すぎる空を肌に感じ
突然目のまえが真っ暗になるような気、がした。
けれどもちろん実際はなにも起こらない。
そうしてそんな日の私は
なにかやわらかいもの、
レバーのように握り締めたら血をしたたらせるようななにかとか
ふっくらと筋肉の張った恋人の両の腕とか
そんなやわらかななにかに
おもいきり爪を立てて崩れてゆきたい
という衝動に駆られる。
できることなら今すぐ。


coloro at 21:29|PermalinkComments(0)

2005年07月25日

わーい

おわったおわった☆

アウトプットの方法。

グリーンカレーとタイ風焼きそば。

書く。打つ。描く。

さてどれがいい?


coloro at 15:54|PermalinkComments(0)

2005年07月23日

150000

怠惰なんです。

ずっとずっと昔からあるイメージ。
ちっこいころから。
怠惰であることをやめれば、
体力つけたら、
かえられるか?
っていうか
かえる。
これだけ試せば、十分でしょう?


coloro at 23:15|PermalinkComments(0)

非日常的空間の中に書く日常的空間

日記。

ウサギが描けない。
べつに悩みじゃないけどね。
ここのところ喫茶店で鉛筆を持つと
ウサギのイラストばっかり描いている
唇はイプシロン(ε)
オレンジ系艶出しグロスでパワー全開、みたいな。

バスで寝過ごし
帰り道に地元の盆踊りをふらふらとして
家に帰ってきたら本棚(天井近くまである)からハードカバーの本がばっさばっさ落ちていて、机に積んであったジェンダーの本とか差異と民族、系のタイトルの本がばさばさと床に散乱していて、何かと思った

バナナワニ園 に行きたい

そういえば昨日買い物をした。
お店のお姉さんが私のことを覚えてくれていたのが嬉しくて、
化粧水とかつっついて二人でキャッキャ遊んだ。
買ったものは
美容液とか化粧水とかっていうカテゴリーに入るんだろうけど
そういう単語使いたくない
なんか生活感出る気がする
恋人の前では歯ブラシとかトイレットペーパーとかの買い物したくないのと一緒
ならばなんて書けばいいのか
「湯あがりにつけるやつ」。笑

知らない人のブログとかで
「夏休みにしたいこと」
を書き出すのがびみょうに流行。
遠くに行くのもいいけれど
夏は○○と○×と××(←すべて海外の地名)にいってきます、
って複数の羅列自慢気に書かれるとちょっと醒める
(私がひがんでいるから勝手にそう見えるのだろうか)。
私もそうだけどね。

遠くに行くだけの財力と行動力を語るのじゃなくて
(飛行機乗るんだから金も体力もいるのあたりまえじゃん)

そこで得たなにか、とか
時間が止まったときの話、とか
過ごした時間の感覚、とか

そういうのに飢えているな、とおもう
目的地とか何日間行くか、ってとても二次的なもので。

と他人を批判しているようだけど
白状するとどこにいっても何も変わらない、
何の感覚も得られないような自分がすごく怖くて、
何も変わらないのは逆に言えば
どこに行っても元気であたしらしくがんばれる
ということなんだろうけれど(byS)
でもあれだけ一人でフラフラいたのに
なんもわからなくて
続けるべきか、辞めるべきか。
続けるにしても今はその時期じゃない
まーだまだ。

♪あーぶく立った煮え立った...

旅行先で会う日本人の男子学生に
今やっていることを
「旅」
と表現されると、
なんか嫌悪感を覚える。

それちがうでしょう。って
ことばに与えるイメージの問題かしら
うーん
まとまらん

あ、また地震




coloro at 22:27|PermalinkComments(0)ことば 

仕事で

よくわからんけどね
無条件の愛情とか
家族愛とか
でも姉ちゃんが一時過ぎても家にかえってこないと
やっぱりなんかね
昼間はべつにシスコンじゃないけどさ
がちゃって
ドアの音がすると
パジャマのままで
ぱたぱた階段かけおりちゃう自分
だってみんな寝てるんだもん

coloro at 01:26|PermalinkComments(0)

2005年07月22日

『夜に』


カフカ短篇集

本無しでは電車に乗れない、という日に図書館でなんとなく借りた。グリム童話とかイソップ寓話とか、あたまを使わなくても没頭できるのが読みたかったんだ。
短編ばかりだからすぐ読めて。
けれど子供向けにアレンジされた物語とは違ってグレーで悲しい空気が多い。『夜に』という作品、
400字で一本の物語が成立していることに軽いショックを覚える。
あたしはただそれだけのことに驚いて、そうして読んでもらったら 
深いねぇ という反応が来た。
そうかと思って読みなおす



coloro at 11:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

’DOUBLE’Tuenti−For Seben

coloro at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月21日

砂糖はなしで。

それが心地いいと思った。

コーヒーと書きかけ楽譜のテーブル。


怪獣 …ごりら らっぱ ぱいなっぷる るんば パソドブレ 蓮華 ゲルマン大移動 

coloro at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ひっそり。

某有名女子大生のブログを見てて思った。
ネットって怖いなぁと思う。
ブログもHPも。
顔がないから有名人のブログには荒らしとかの問題も出てくるしね。
人が自由に発言する権利はあっていいと思うけれど
顔が見えない、人柄が見えないからって
いいたいことばっか一人歩きする世界はどうかなぁと思う。

何かを批判したり賞賛したりするには
その分だけ自身の価値観の構成がもとめられる。

そういえばブログって
会社によりけりだけど
著作権が利用者にじゃなくて半々だったり会社の方に100%帰属するところもある(各社利用規約参照)。
何かを発信していてもブログとか使っている限り、書いている人はただの利用者でしかないからね。

携帯のメールに気持ちをこめても50パーセントしか通じない、という。
はてさて。
手紙は?ネットは?電話は?直接会ってしゃべるのは?



coloro at 15:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

現代教師論。

久々に無勉同然でテストに出てきた
なんか
あとひとつ2000字書いたら
今夜はよどおしワインでもサングリアでも飲んで
ぐだぐだぐだぐだ
できるはず。
あぁ。
トルコ美人が綺麗だった。
こんな文章かいちゃだめー

coloro at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

たびかさなる

6分の1日があっというまというのと

一ヶ月があっというまというのと

感覚と価値とは同じだと思うのです

coloro at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月20日

瀕死金魚の水槽に空気を入れること。

このままじゃ
骨を溶かされたクラゲみたいになって
すべてへの破壊は
気がついたときには終わっていたりして
それが怖いと思えるうちに

一メートルにも満たない食卓の

遠すぎる感覚

coloro at 13:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月19日

同じ内容で。

そこに響く異国の言葉を思い起こし
ああことばって
染み込ませるものなのだなぁ
と感じる


バーのカウンターでアジア人系の男女が喋る
聴き慣れないことばの響きに
彼らの故郷の異国の夏の夜を思った


お酒を飲みながら人々が話している
バーテンダーとカタコトの日本語と
彼ら自身の母国語であろう流暢さ
言葉って
勉強するものじゃなくて
環境でしみこませるなにかなんじゃなかろうか


coloro at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

みゅーじっくばとん。

明日は人類学の試験。
これから教職の勉強&雑談をしに学校へ友達に会いに行きます。どきどき。

気分転換に、めりちゃんのブログから勝手に奪ってみた「ミュージックバトン」。やってみよう。

☆コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
 …2.7GB。これは多い?少ない?謎。

☆ 今聞いている曲
  Diana King 『shy guy』
大音量で聴くといろんな意味でもうドキドキしちゃう。低くて深くてあたしごのみの声。笑
  
 
☆ 最後に買ったCD

  …定価で買ったのは去年の冬かな?たしか。ドリカムの『DIAMOND15』か
コレッリのリコーダーソナタ&フォリア…えとせとら だった気がする。
一番最近は古本屋で買ったBoysMenと 4PM(For Positive Music)。後者はスキヤキの英語バージョンを出したことで有名。Soul musicとかR&Bとかがスキらしい。
  
 
☆ よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
 思いついた順。

 ・オルケストラ・ド・コントラバス『Bass bass bass bass bass& bass』 曲名でもあり、アルバム名でもある。 コントラバス6本の。変っていうかこんな世界は見たことがない。楽器なのにセクシーっていうか。曲指定もいいけれどCDを最初から最後までどわーっと聴ききると価値が倍増する、とおもう。
 
 .マライアキャリーの『without you』  小4くらいの時にはじめて聴いた。成長した後♪i can't live without you 〜の意味が分かり赤面した一品。

  ・14 Karat Soul『HOLD ON YOU』 これまたSOUL。中三くらいの時に友人がリクエストなしにいきなり貸してくれた。今でも聴き続けている。ゴスペラーズとか日本人のアカペラはきれいにまとまっている感じだけど、こちらはパワーの風味が違う。人種とか文化とか個人の違いはこういうところで語るべきだ。

 ・Bon Jovi『it's my life』 私がボストンにいたときの記憶。
 
 ・森山直太朗『今が人生』 森山良子Jr.という認識しかなかったのだけど、『さくら(独唱)』以来一味違う雰囲気と色気にほぉぉーっておもう。彼の曲は流行から一歩外れたところにいる気がするけれど、
それを貫き続けるのって凄い信念と試行錯誤による自信が必要なのだろうと畏怖スル。こういう人に音楽続けてほしい。 

☆バトンを渡す5人
私も指定しません。私と直接の知り合いかとか気にせずどなたでももっていって下さいませ○ トラバ張ってくださったらよろこんであそびにゆきます。

ところで誰かこれを本でやらんかな。



coloro at 14:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年07月18日

二十歳+1

20歳で日本からはるばる来て、
フランスで一人で旅行なんてしていたらうちのママンに殺されるわ!

というフランス美人のお言葉。
ユースホステルで同部屋だった26歳の彼女は
アパートが空くまでホテル暮らしだとか
美術専攻の院生の彼女は
パリの美術館についてとても詳しく語ってくれた
結局美術館には立ち寄らなかったけれど

私から肩書きを全部とってしまって
21歳の女性、しか情報をあたえなかったらどうなるんだろう

モナコのカジノは21歳から


coloro at 19:23|PermalinkComments(0)

半身浴中。

ああ、
また忘れちゃった

白々と光るパソコンの顔

汗が玉となってしたたりおちる熱気の中で
その本の額にキスをしたいとおもう
38℃とか39°とか
そういうことばで表したらそのまどろみのバランスを崩す空間

ああ、
また忘れちゃった

ふぅっ、っと降ってきたら書けるように
あたしはお風呂や机や食卓や
あらゆる場所にノートと鉛筆をおとしておかなきゃならない

感覚における記憶の天才になりたい

南の島の海辺でひとりぼんやり休暇をすごす、
夕焼けを毎日ぼんやりと眺めるひと。

ことばでつたわらないことも、ある

固形物のようなことばが欲しいんじゃない
抽象的と表されることばの範疇におさまるものでは書けないなにか
それでも言葉に訴えようとする私はわがままなのか


coloro at 00:13|PermalinkComments(0)

2005年07月16日

ひらひら


Amy Says

ああ、
と栞を求めて机を視線が浮く
あってもなくても構わない、
けれどしおりにはなれないものばかり
ごみばこに入れた給料明細の耳を切りとって
ページに挟む
そうしている間に
やっぱり視線は左にすべり続ける
読むのを止めるのではない
そのページに忘れちゃいけないことが書いてある気がしただけ


coloro at 20:59|PermalinkComments(0)