2005年08月

2005年08月29日

しばらく

御訪問ありがとうございます。
しばらくお休みします。

coloro at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

そういう夜も、ある。

ピアスの入った透明のジュエリーボックスから、白い錠剤を探し出す。
錠剤名とその効用が、今欲しいものと一致するかをネットで確かめて、
いつも机の脇に置いてあるコントレックス水と一緒に飲み干す。

一年前に処方されていたものだけど、驚くほどによく効いた。



coloro at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月28日

un homme et une femme

という映画を流している。

本屋で、村上龍の本を読んでいた。
『逃れられない寂しさからいかにして逃れるか』
というのがテーマだった。
結局みんな寂しいのに、
世の中の潜在的、不可抗力的な寂しさから逃れる方法を誰も教えないから
身体を売ったり人を叩いたり殺したり、平気でするようになるんだ、
という内容で終わっていた。
村上龍だったら何らかの答えを見せてくれるかもしれない、
と期待していた。
身売り願望。


姉のフランス土産といって
紅色の貝でつくったブレスレットをもらった。
ひとつでいい、といったのに
ふたつ、もらった。

くったりとした黒いコットンワンピに腕を通して、
通した腕でドライヤーをいつもより丁寧に、かける。
丁寧にかけると、まっすぐになる。
まっすぐになったら
部屋の電気を切って、
両膝を抱えたまま
髪をライトの光に当て
黒から赤色に反射する髪を鏡に映し、たのしむ。
鏡に映る、瞳たちを見詰める。
自分が自分に帰る瞬間。

このときの気怠さと表情を、
私は誰にも見せたことがない。
いじっぱりでアネゴ肌で、ちょいと頭の回転の速いことを装いつつも
情緒不安な女の子。
空蝉の衣を脱いだ、
空気の外。
そこにいる私を見せて、
私は誰かに受け入れてもらえるのだろうか。


coloro at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

めんどくせぇ、

と思う自分無きにしも非ず。
ぐちゃぐちゃ考えている自分。
記憶のすべてを消去したい。
---本気で言ってんの?
---さーぁ。

夏合宿の時期になった。 
一年前はもぅ少しだけ純(?)だったのに。
ほんと、いろいろ知りすぎて
ぐちゃぐちゃ悩んで
ねじれてぽーん、
みたいな。(意味不明)
いろいろ教えてもらったし
いろいろ語った(っけ?)し
それはそれでいいけどね
でもできることなら何にも知らなかった時代に戻りたい。
Shall we? じゃなくてI wanna.
どんどんどんどん、複雑になってくる。
だいたいさぁ、数年前の私たちってとても遠かったんだよね。たしか。
年を重ねるって
それだけ余計なものも増えるかもだから
上手にそぎおとして
シンプルに生きたい。
あふぅ。
ぎゃー。
プーケットいきたい〜


coloro at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月27日

風を、おこすこと。

[わたしが自由に生きることを認めてくれるボーイフレンドや家族たち。そして、わたしをひとつの場所に長期間拘束しない仕事を選ぶようにしているし、選べるようになった自分を誇らしく思う。
 人生は自分のものであり、だからこそ素晴らしい。自分の手で切り拓き、自分の足でしっかりと大地を踏みしめ、社会的自己実現の幸せを知ってほしい。]
 Dora Tauzin


人間関係に
「疲れた」
というのもあるし

「早く言わなきゃ、
大人になってしまう」
という焦りもある。

他者との関係はとても大事なものだ。もちろん。
落ち込んだときは落ち込めばいいし
泣き続ける日だってあるけれど
立ち止まり続けている時間、あんまりない。
時間がないんだ。
そういう私もまた、存在する。
傷つけちゃった、と言われっ放しでいる自分が嫌いだ。
人に幸せにしてもらおうなんて考えていないし
まずはそれぞれが自分を幸せにすることに一生懸命になるべきだ。
対等に話し合った結果がそれならそれで構わない。
泣くのが悪いのか。
この状況から風を起こしてはやく抜け出したい。
もっと進化(深化?)した関係つくろう、と願う。
私その人の目にどういうふうに映っているんだろう。
果たして今でも『'人間な'子』と言ってもらえるのだろうか。

もっと盲目で、
もっと貪欲に。
早く立たなきゃ。

coloro at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月26日

ヨンユー

『4U』(ヨンユー)
という山田詠美の小説を抱えてふらふらと階段を下りる。
リビングに電気がついていて、誰かがいたのを確かめるとまたフラフラと二階の自分の部屋に戻って、カチリと鍵を閉める。
今夜の夕食は4分くらい。
悟られまいと凄い速さでかきこんで、
でも結局涙は溢れてきたので意味がなかった。
あんな夕刻は食べたことにはならないのだから
何か食べなきゃやってられないのに
でも台所に通じるリビングに人がいる以上
あたしはそこを通れない。
誰とも話をするわけにはいかないのだ。
めんどうくさい。

バターで作ったスクランブルエッグはとても柔らかくて、
思い出したくないやらしさを思い出させた。

二言目には泣き出す私との会話を諦めたのか、
父はその日伝えようとしていたワードとパワーポイントのアップデートの仕方を
わざわざ紙に打ち出してよこしてきた。可哀想に。


coloro at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

♪そうだよ

ふつうの女の子になって、
ふつうの友達づきあいをして、
ふつうの恋愛がしたい
と思った。
泣ける時に思いっきり泣いておかないと
ほんとにいつわりいつわり、の生活になって
ほんとうに言わなきゃいけないときに言えなくなる。
遊ぶことでまぎらわせることができるならそうすればいいし
泣くことで解決するならそうすればいい。

coloro at 17:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

走ってから、考えよう

あなたたち姉妹は
ひとりで外国にいくことなんて
なんとも思ってないのねぇ

と祖母に言われた。
でも同年代の友達でもそういう人はいるし
どちらがいいとかじゃなくて
感覚の問題なのかもしれない。

あたまでっかちで。
まだまだ見ていないものが、多すぎる。
クリアな子でいたい。


coloro at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

台風一過。

重くて痛い夢をたくさん見て、
やっと目が覚めた。
右の脚を太腿から踝まで切り開かれて
中身を抜いて
でも縫わないで養生テープで貼り付けておくの。
起きて両脚がちゃんとついていたことに、安心した。
続きを読む

coloro at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月25日

かたつむりになりたい。

あれほど冬が待ち遠しい、と言っていたのに
いざ部屋の温度が下がってくると
その事実がとても怖いと思った。続きを読む

coloro at 22:37|PermalinkComments(0)

上手く書けないけど

むかしの話。
といってもまだ21歳なので
5年前の話になる。
その頃の私を知っている人は
もうそのひとだけになってしまった。
おそらくそのときの私が何をしていて
何を感じていたのかぜんぶぜんぶ知っているのかもしれない。
でもだからといって私は責められることもなかったし
なにも聞かれることはなかった。
それが心地よくて、
あたしはずっと甘えていた。

知ろうとしてくれた時期もあったのだから
全てを話すことができればよかったのだと思う。
でもふたりともとても不器用で、すぐ赤くなっちゃって、
結局何かを話すことも、聞いてもらえることもできなかった。
当時のあたしの話を、
当時の私を知るその人に聞いてもらうことができたなら
どんなに楽になるだろうと思う。
いや話せなくてもいいから、膝に乗せてもらって、私よりもずっと高いその体温を分けてもらって、私も自分の過去の温度を伝えることができたなら、
あたしはブルーグレイよりももう少し明るい色で生きることができるのだろうと思う。
でもそうするにはとても純粋で
けれど明るいCAFEで過去を話せるほど私たちはお喋り上手じゃないので、
やっぱり会っても今の話しかできないんだ。


coloro at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月24日

青にび色。

あおいと順正の運命の恋人的物語り、ではなくて
あおいとマーヴのものがたり、に強く惹かれているらしい。

ここが居場所だと思う時間は長くは続かなくて
ここはひょっとして居場所じゃないかもしれない
でもどうしようもないブルーグレイな。

相手を傷つけることで立っていようと。



coloro at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月23日

ロバート・キンケイド。

『国境の南、太陽の西』
『冷静と情熱のあいだ ROSSO』
『マディソン郡の橋』
『…
 なんかもういっこくらい読んだことがある気がする。

ここではないどこか、
しかしだからといって今が…

をテーマにした作品。

体質にもよるけれど
そもそもここが自分の居場所だ、って心の底から叫ぶことのできる関係を得ること、あんまり、、、というか人生に一度あるかないかかもしれない。
その感覚を知っちゃったらどうしようもない。
感覚と感情はいくつになっても鋭敏かつ繊細でありたいけれど
状況と年齢により、選ぶのがどっちかも変わってきちゃうかもしれない。
裏切りと捉えるか、人生のスパイスと捉えるのか。
感情に振り回されるのもありだけど、クリアな頭も持っていたいと思う。
相手であれ自分であれ、そういう出来事と心境の流れにじっと付き合うのも
自分ではない誰かと向き合うことの一つの物語なのかもしれない。
だから小説にもなりうるんだね。

ひょっとして私は冷たい人間なのかも。
理性よりハートが欲しい。


coloro at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

日記帳

コンタクトレンズを作りに行った。
ソフトレンズの使い捨てカラーコンタクトに惹かれて四種類全部試したけれど
結局ソノママが一番マトモという結論に達する。

気がついたら眼鏡は5年半以上同じのつかっててハードレンズのコンタクトは三年くらい。
傷も目立ってきたのでそろそろ変え時ですよ、とハードレンズ用の処方箋も書いてもらったら両目で¥30000〜40000!!
バイト代では買えず。
まぁちゃんと扱えばモトは取れるけれど…。
ちなみに私の視力で眼鏡をふつーにつくってもらったら牛乳ビン底の厚さになる。
酷使しないようにしなきゃ。
小さい頃は目医者さんごっこが好きでした。



coloro at 20:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

迷子なおじさま

駅で迷子なおじさんに声をかける。
でっかい緑のスーツケースに、’NRT’(=成田空港)のシール。
さっき日本についたばかりという印。
ロシア人のような大きな身体に栗色の髪がちょこんと乗って、
異国な瞳が英語で書かれた地図を凝視する。

日本語でどうしました、と聞いたのだけど
英語でぺらぺらりん★と返されたので
とりあえず目的地まで200メートルほど、一緒に歩いた。
言いたいことが、言えなかった。聞きたいことが、聞けなかったし
もっといえれば、って思った。

世話を焼くのが好きらしい。
そいで英語とかもつかえたらもっといいなぁ。
そんな仕事ってなんだろう。
あたしらしい仕事。。。

coloro at 03:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ミミコちゃん。

人間関係に於いて。
コミュニケーション不足だったらしい。
ふうっ、っと力が抜けた。

肌。目。ハナ。ミミ。声。

電話って最後の二つしか満たさないけれど
だからこそそれだけに集中できるから
思った以上にいろいろ話せたりもする。

coloro at 03:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月21日

だから来年もそう言って。

 夜空に響く音に惹かれて結局、連れて行ってもらった。
夏に花火を眺めるのがここ数年の習慣になってきている。日常に一緒にいる友達も仲間も、ぜんぜん別なのに。真夏の夜の、花火の日だけ、まるでその全ての現実をすり抜けるドアが開くみたい。
 なぜ友達になったのだっけ?と話していたけれど結局お互い思い出せなかった。とても他愛のないところではじまるらしい。
 相変わらずの頭のよさが私をふうわりと安心させて、相変わらずの不思議ながんばりやのところがあたしを過去に引きずり込んだ。そうして私はあいかわらず「変な女」らしい。
 でもあたしが変な女であることが、友情とか愛情とか、なんだかそういう暑くて濃いもののなかをすり抜けた上でお互いつながっていられるワケなのかもしれない。



coloro at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月18日

花火とマッチの匂いが好きだ。

揃えることはできるしなんも不自由してないの。
でも違う意味でそろえなきゃいけない。
ほんと、きりがない。

実は月一度どころの騒ぎじゃなくなってきている。煙草。
一体何を抱えているのだろう。
真夏の白昼にふっと影に落ち込んで泣きたくなる。
きこえないの。自分にしか救えないのに。

coloro at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月17日

怠惰な生活。

衝動にスピードが追いつかない。
でも生きてる感じ。
眩暈がした気がしたけどかまわずお出かけ。
最近の図書館の夕方は図書館にふさわしからぬ首にチェーンを巻いたあたまつんつんのお兄ちゃん(おまけの香りつき、でも色白推定25)が番をしていて、カウンターに本をぼむぼむ積み上げて「貸し出し!」「返却!」「取り寄せ!」につきあってもらっているのでびみょうに顔を覚えられつつある。

斜め前に座っているおじさん(学生)がスターウォーズのあの変なミドリの宇宙老人をパワポに取り込んでフキダシを入れてる。
画面こっちに向けないで。

ロバート・キャパ(写真家)ってユニット名なの!?


<21世紀において腕時計はもはや時間を見るための道具ではない。時間も見られますという感じ。むしろ、自分自身が時間をどのように定義するかを決定するための道具だと考える。>

<いつも「お前には時間がないんだ!」「生きて、生きて、生きまくれ!」みたいなことを言われてもねぇ。
 ひとりでもいいから「肩の力抜いて、マイペースでやりなよ」って言ってくれる大人がいれば、オレは泣いてしまうかもしれない。 >

(『32歳ガン漂流』 奥山貴宏)


can you feel me in??

coloro at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月16日

『PADDLE』以外のタイトルがわかりません。

ここ10日程、体温計を出すたびに37度以上を示される。あたし的に前代未聞でほんのちょっと辛い。ほんのちょっと。原因は?

キャンパスで迷子的ドイツ人風の青年とちらりと目が合う。
というか目力でにらんでしまったのかもしれない。妙に背が高い。

22歳にしてUS NAVY出身。ねいびー。かいぐん。はぐらかすような笑顔が妙に鮮明に残る。

ディエゴ・ラミセス。チリの地図は上下ポッキリまっぷたつ。

フランス人のお兄さんにハートをもらった(キザっていうよりハイ・カラーだね)。折り鶴の折り方を教えてあげたお返しに、ハートの折り方を教えてもらった。
こういう時間があるから、ひとりでいることがやめられない。

気になっていることを片っ端からやっつける。
でもほんとにほんとに気になっていることにはまだあんまり手をつけていない。

惹きつけられるぐらぐら感。

呆れるほどに飽きっぽい。

ミチコちゃんが居てくれたら
そんなことない〜って
顔を真っ赤にして言ってくれただろうのに。
そうしてあたしはにやっと笑ってAVENEの水スプレーをぷしゅってかけるの。

どおんどおん、ってそらが広い。
今日は雨が降った。

すこし気が多い わたしなりに
泣いたり笑ったり   (『決戦は金曜日』)

原風景ってだれにでもあるんでしょうか。

台北で夏の終わりにやってきたスコールが異様に私を惹きつける。
駅の出口でざぁっと降り込められて。
ひざを抱えて雨宿りした夕方。
おばちゃんがどこからかやってきてかさを売りはじめ
サンダルとすそをまくったジーンズ、当時お気に入りだった黒の襟つきシャツで
じーっと道をはしりゆく人々を観察していた。
目の前にホテルがあるのに、
バケツをひっくり返したような雨で動けないの。
ずぶぬれになっちゃえばいいのに
あいにくジーンズこれだけで。
あの日のあの空気は二度とこないけれど


coloro at 19:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)