2005年09月

2005年09月29日

タイトルをつけるのが苦手です

エンジンを切って
とびらを閉めて
ぬくめてもらう
意識は流れる
誘われるままに

すぐ悲しくなって
すぐうれしくなって
ありがとうと言えなくて。



迎えに来てもらって
スーパーに寄って
牛のスジ肉買って
ワインで煮て
シチューを作った。
それをほんの少しずつ、
みんなで食べた。

あの場所はやっぱり疲れる。
気づかないフリをして毎日をすごす
だって気づいたら
なにもかもぐちゃぐちゃになってしまうから。
ごはんを食べて
無性に悲しくなって
かばんに荷物をつめた。



coloro at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

放棄。

自分にとってナニガいいのか、
さっぱりわかりません。




coloro at 17:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月28日

今夜の

メガネ行方不明
コンタクトレンズ入れっぱなしであと250文字
ええと
充血して泣きそう
きゃー
レポート早く終われー

果たして自分は「さみしい」のか??
さぁ
っていうか寂しくないといったら嘘になるけれど
さみしい
というのが面倒くさくなってきたのでその感覚は無視することにする

coloro at 01:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月27日

自分史より

私と一番上の姉とは、七歳離れている。
私が母のお腹の中でもうすぐ外に出るぞという頃、
当時6歳だった姉の幼稚園では卒園式が行われた。
メデタク卒園し、
幼稚園で使っていた大量の思い出の品やら卒園祝いの辞書やらを両手一杯に抱え、
姉を連れ、もうひとりよちよち歩きの二歳になったばかりの姉を連れて、幼稚園から家までの急勾配の坂道を臨月の母は大きなお腹を抱えつつ歩いたという。

よく流産しなかったよね、とその21年後、一番上の姉に言われる。

coloro at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

がっこう二日目。

明日提出のレポートはもちろん終わってない。
マリブ(ココナッツのリキュール)を買ってきた。わ〜い
飲みながら書く気。
紅玉林檎を探索中。
ケーキを焼くのだ。
たこ焼きタイムが幸せでした。

coloro at 21:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月26日

夕日がいない

自分の影を見なくなってどれくらいだろう?



coloro at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

おやすみなさい○

しあわせ

ぷしゅっ

coloro at 00:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月25日

新学期

学校が始まる。
実は学校という場所は苦手
ひと・ひと・ひと・・・・
朝の地下鉄も苦手
高校も超マンモス校だったけど
目がまわらなかったのはみんな制服で
そして勉強ばっかりさせられていたからでせう
もすこし小さい学校だったらよかったのに
でも
学科にわかれてから
少し慣れてきたから
また友達に会えるのがたのしみだったりします
後期は朝のコマが減るので
お化粧したりお弁当作ったり服を選んだり
する時間を取れたらよいなぁ
そうして
化粧品とYシャツを整理してみたり。


coloro at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月24日

はっきりいうと

つまんなさすぎて吐き気がする
あたしが食ったり読んだりしてるもののレベルが低いんじゃないかとか
じぶん不感症なんじゃないかとか(失敬)、
そういうんじゃなくて
本性でやってない
気がするじゃなくて確信
想いを公表するのは勇気だけど叫ぶのは覚悟
本性出せば出すほど敵が増えてたたかれるんだね、この国って
感覚も知性も
小手先曖昧じゃなくて
限界が見たい
天才という言葉は叫び声を聞き取る余裕がないときに使えばいい。
叫ぶ勇気のある人。 
てか欲求不満


coloro at 23:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

この煩わしさよ

ひとりでいること
ひとりになること
ひとりでいたくないということ
ひとりでいられないこと
ひとりになってしまうこと
ひとりでいたいということ
ひとりになりたいということ

嘘つかないように
むりしないように


coloro at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

,and i luv u

*ミスチルの曲。

聴かせてもらって歌詞読ませてもらって

うーん

よくわからん

なんで?がつくの?

 
*『Automatic』 宇多田ヒカル。
たしか当時16か17歳で
その歳でi love you とか歌っちゃうのもすごいなぁ

*平井堅
『世界で一番君が好き?』
何でこれも?つくの?


coloro at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

こんなの見つけた

御徒町凧さんのブログより

「断片的な楽しみには、それと同量の空しさが残る」





coloro at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月23日

うみ

8fd19400.jpg一人で知らない土地にゆくというのは
ひとり以上ひとり未満の時間のつみかさね
「自分と居る」ということが掴めればよいなぁと思って
飛行機にのった
誰かが私を待ってくれている
という安心なのか
それとも。
ひとり旅行にしてはめずらしく安定した時間だった

二人以上になったとき
近視で捉える空間 自分ともうひとりとの距離
自分が自分であることのバランス が取れなくなって
そしてそれがあまりにも急だったから
混乱したのだろうと今は思う
二人以上で居ること

だんだんと掴めるようになれればよいなぁとおもい

「ひとり以上+ひとり以上=∞」
になれたらいいなぁとおもう



coloro at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

歳を重ねるごとに。


自分は今日出会ったこの地この人の元へ
自分はもう二度と来ないのかもしれない
そんな覚悟を越えてこその慈しみをもった
おばあちゃんになりたいと、おもう。

coloro at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年9月21日はものすごくぜいたくな日。

のんびりと船に揺られて

白い波と遊んで

白い砂浜で珊瑚と貝殻をひろって

海の底から太陽をのぞいて

夕日を明日に見送って

おいしいごはんをたべて

月と星と風と散歩をして

イヌになつかれて

きもちのよい人たちと会って

波の音を聞きながら眠った

そういう日だった。

coloro at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月22日

ふね

4baf1247.jpg また来ればいいかとつぶやいて、
自分の人生が始まったばかりであるということに気付く。

coloro at 21:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月20日

シンプルな子でありたい

荷物が、重くなっちゃった


coloro at 07:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月19日

心配してもらって

自分はどこへ行くのかというより

もしそうなったら

今世界に居る人たちに

どれだけ私の存在と感覚を残せるかの方がずっと心配だったりする



coloro at 22:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

コルチカム

d8e02364.jpg

coloro at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月18日

まんげつ

0918おつきさま

このでこぼこ感がお気に入り

coloro at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)