2006年04月

2006年04月23日

つつじ日和

82a183e4.jpg

coloro at 19:38|PermalinkComments(0)

2006年04月22日

酔う

自分で吐き気をもよおすほどに、
自己主張が苦手である
たぶん
どうでもいいところはかなり強引にできるんだけど。
まわりが幸せになっていなければこまる。
地中海から帰ってきて2週間しか経っていないのに
もうこのちっぽけな大都市で自分が潰れてしまいそうな錯覚に陥る
でもこれは錯覚ではない
続きを読む

coloro at 22:41|PermalinkComments(0)

2006年04月20日

即身仏。

どうして?と問われることが多いのだけれど
私は上手に答えられないことが多いので
その大半は大抵ほったらかしにしている。

なぜ?とよく聞かれるけれど
私は上手く説明できないので
なんとなく、と答えてするりと問題から逃げることにしている。
曖昧は曖昧でまた、心地よいのだろうと思う。

なぜ書かないの?と問われるけれど
べつに書きたいと思わないから
山田詠美の言葉を借りるとまだ書きたいという「膿が溜まらない」から
反体制なのは、べつに私の近くに居る人がそうだからではないと思う
ただそういう部分の私がその人といることで上手に引っ張り出されてきただけだ。

晩秋の私は抜け殻だった
空蝉といえば聞こえは良いのかもしれないけれど
抜け殻となった私はその状態の自分が朽ちるのを待つだけだった
小さいころから、もっともそれを知ったのは小1のときだけど、
作文が上手な子供ではあった。
しかし私はやはり、ぐるぐると回転しつづける自分の内面から浮遊した言葉を綴ることができない。
「振り子の運動には終わりがなくて、
まわりつづける星は軌道から離れることを知らない。
時として絶望的とも思えるその軌道。」(江国香織)

まとわりつくものの数々にうちのめされて上手に整理できなくて、
そのころ行われた文化人類学の入ゼミ試験の折、
ふらふらと行って葬式とか死とかに興味がある、と先生に言った。
他の文化で人間の死とそれにまつわる儀式がどのように捉えられているのかを知りたい。
すこうし勉強すれば、あたしはこの絡み回り続けるどうしようもない思考を、もうちょっと上手に整理できるようになるかもしれない、と相変わらずの舌足らずで言った気がする。
日本のお葬式は暗くて湿ってるんですよね、と先生はいつもの笑みをたたえながらそうおっしゃる。
あたしの悲しみを知ってか知らずか、
先生は先週、前期のゼミのテーマは葬儀にしようと、仰った。

あたしのなかの時間が止まる。
今日は帰りのバスの中で即身仏の本を読んだ。
ゼミの本を借りている間に、図書館で見つけた。
永遠のいのちをもとめたから、と書かれていたし、
そこに載った写真は手塚治虫の火の鳥『鳳凰編』に出てきた上人様のひからび具合そのままだった。
昔を知ろうとするのはいいけれど、こじあけられるのは嫌だ。
即身仏をひっぱりだしてきて写真を撮った研究者たち、
なんだか死んだ虎に群がる蝿みたいだと思った。
科学なんていらない。

鈴の音がとまったら、どうか土から出してやってください。


coloro at 22:29|PermalinkComments(0)

2006年04月17日

もののながれがはやくって

つかれちゃった。
このままじゃおかしくなっちゃう!


coloro at 22:03|PermalinkComments(0)

2006年04月16日

主張をするということ

するのはとても面倒だし窮屈かもしれないけれど
しないことでまたストレスをとんとんとためているのかもしれないから
またかなしくなるまえにすこしだけ
動いてみようとおもう

じぶんのやりたいことをやるのは、わがままではなくて…(省略)
(灰谷健次郎『風の耳たぶ』)

そうするのは、あんまりきもちよくない。
言葉が足りなければ傷つけるかもしれない。だいじなのに。
主張をするのは、とても大変だ。
自分が自分であることを知ってもらうのはなおのこと。

国家トハ幻想デアル、とアンダーソンという人はいったらしいけれど
家族も社会学的にいうと幻想であるらしいと聞いた
この母親と父親の娘で、
この人たちに囲まれて育ってきた
ということが今日はなんとなく納得できた
幼いころの先生やおまわりさんがそうであったように、
母親ももちろん、完全ではない



coloro at 23:17|PermalinkComments(0)

2006年04月14日

ふーん

時間が経っても大して変わらないもんだなぁと思いました
だいじなものをだいじにすることのできる人、いそうであんまりいなかったのかもしれない。当時。

coloro at 23:41|PermalinkComments(0)

とても

理不尽だなぁとおもいました
悲しかったです



つばめはもうすぐ巣立つのに

coloro at 01:49|PermalinkComments(0)

2006年04月13日

そういうことを、ぼんやり考えていた。

8年間で人間の細胞が一通り変わる、という米原万里の仮定を用いた場合
一ヶ月会わないと
自分の中の細胞は1/96、変わる。
相手の中の細胞も1/96、変わる。
そうなのだ。
1/96×96=1/9216
コノワズカナズレヲドノヨウニウメルベキカ.
数字の上ではとても些細で
でもお互いそう思っていた。
「なんか通じてないよね」
「なんか電波が悪いよね」
残念ながら私は携帯電話ではないのだが、
言いたいことはそういうことだった。
会話することで埋まるのか、
何時間か一緒に居ることで埋まるのか、
鯛焼きとワッフルとたこ焼とホットケーキを一緒にこしらえれば埋まるのか、
それともそれは仕方のないことなのか、
アラマホシキスガタカタチ.
もちろん必要なのは携帯電話の電波ではない。
 
(2006/4/13)

coloro at 23:58|PermalinkComments(0)

2006年04月12日

かおりのなる苗。

片手落ちの愛情。
体の表面はすこしたりない、へこみ具合。
彼の完全ではないところ、そして私の不完全なところが上手に一致しないのだ。

coloro at 15:57|PermalinkComments(0)

眠りにおちる方法

こういう夜に、
あたしはどうやって眠っていたんだっけ

coloro at 00:56|PermalinkComments(0)

2006年04月11日

さみしい。

雨の夜は苦手なのかもしれない

一体誰を待っているのだろう
この部屋には誰も帰ってこないのに
だきしめてほしい
と、思う あたしを

coloro at 23:16|PermalinkComments(0)

2006年04月08日

たぶん

頭が悪くなったっていうか記憶力が悪くなったのは
友人の事故のせいではないとおもう
だって直後でも私ちゃんとともだちのともだちの誕生日とかおぼえていたし。
単に事故とそのショックを言い訳にしてつかってなかっただけだ。
と、そうおもったので一応書いておこう。
なおにはずいぶん助けられた。
あとクリスチャンではないけれど
帰国の前、ヴェニスでベネチアグラスの十字架を買った。形見になったキティちゃんのお返しに、おそろいで。そうなった自分を不思議だと思う。でもそうせずにはいられなかった。そうすることで思考が助かると感じたから。

coloro at 22:41|PermalinkComments(0)

2006年04月07日

手とペンの話

右手にペンを持っていると安心する。
それがボールペンではなくインクのであるならなおさら。
出かけるときは書くものを一本でもかばんに入れておかないと、どきどきして仕方がない。
先日試験の日に筆箱を忘れて、100円雑貨屋で買った三本百円の黒色、
これが意外にも気持ちよい。
自分で自分の限界を設定することは容易にできるし、文章なんてもう書けないわって思うことも簡単だけど、
ペンを持つと安心してしまう自分がいて、
なんでもいい。聞いている音楽とかラジオから流れだした言葉とか、ふと思い出したことばのまとまりとか、
そういうのを分厚いノートに書いておいて、そうしてぱたんと閉じたとき
あたしはじぶんが安堵していることに気付く。
じぶんの言葉ではなかったけれど、そこにじぶんが刻みつけたというその行為に。

coloro at 23:55|PermalinkComments(0)ことば 

こんどは

ポインセチアを枯らせてしまった。
そうだ、花を買って帰ろう。

coloro at 19:09|PermalinkComments(0)

2006年04月05日

che cosa fai?

かかわりすぎるのはもういやだ。
それができるならば、
春の風みたいにふうわり生きていたい。
だれかに理解をされなくとも。
だれのものでもなく。
所有ではなく意識化でもなく、つながりは球体の接点で。
甘やかさないで、風を通して。



coloro at 20:34|PermalinkComments(0)

水の都より

小さくて安めの宿を見つけた
母屋から離れたその小さな、古い部屋に決めた
どこから?ときかれて
その じゃぽねーぜ、とこたえた
この建物には君と、
向かいの小さな部屋に日本からのカップルがいるよ。

窓を開けたら、はすむかいの出窓に洗濯物が下がっていた。
小さめのTシャツと、かわいらしい下着が
彼らが私と同じくらいか、
20代前半のとても若いであろうことを示していたからではなかったとおもう。
やっぱり母屋の、
あたらしい、高めの部屋に代えてもらった。


coloro at 03:00|PermalinkComments(0)

2006年04月02日

dear,

while i was sleeping, the plane went back to the smallest country
in the Medditerian sea.
i was shocked and we changed the plane because of the macine accident.
now i am a clouded, small, old city.
hope you habe fun in ur whole lives..

coloro at 21:28|PermalinkComments(0)