2006年09月

2006年09月30日

メモ

繰り返せば次第に痛みはなってゆくものらしい。


coloro at 22:47|PermalinkComments(6)

にやり。

雑誌『思想』の2005年の巻を読んでいたら
「感情のサル・人間」
みたいなタイトルの論文があった。
読まなかったけど。
なんだかちょっとおかしかった。
あたしもサルの仲間入りだ。



coloro at 22:46|PermalinkComments(0)

9がつさいごの土曜日

メモ。
しようとおもったけど忘れたからいいや。
♪きょうのひはさようなら
 またあうひまで(森山良子)

きょうはにどとこない


coloro at 22:45|PermalinkComments(0)

たしかこんな感じの会話だった気がする。

ノブ:「うちのスタッフから言われたんだけど
     もしナナがまた発作(過呼吸)起こしても
     周りが動揺したら本人がよけー不安になるから
     どーって事ない風に平然としてろって
     まあ それは一理あると思うし
     医者もそーゆー風に言うらしいからそれが正しいのかもしれないけど
     
     そんな苦しい時に周りに平然とされたら寂しくない?」 

美雨:「平然とされても動揺されても
    そこに思いやりを感じられたら寂しくはない」


矢沢あい『NANA』より。
該当巻を探すの面倒だけどたしかこんな感じ。

そうネットを通じていてはなにも感じられないのだ。
MIXIを辞めたのね、といわないのも、
あたしが悲しいということも、携帯電話を壊すということも。
興味本位で見るだけで何も感じなら読まないでくれ。
そのために書いているのではない。
携帯やパソコンから、どうやってひとのぬくもりを感じろというのでしょう。
素通りするなら、つたわらないなら、私の中にきみはいない。





coloro at 16:32|PermalinkComments(0)

日記

なんとなく借りた14Karat Soulのアルバムに日本人アーティストのカバーが入っていた。ちょっとどきどきした。
でも泳ぎすぎて疲れた。平泳ぎをおそわった。ばしゃばしゃ。
気づきすぎる自分が悲しい。
感情が敏感で何が悪い。



coloro at 16:11|PermalinkComments(0)

2006年09月29日

い△燭靴牢蕎陲斑寮のあるエリートになりたい

モノに固執しないと
私の中から、私のいる世界からそれソノモノを消すと
,蕕になる
△擦いがひろがる
せんたくしがひろがる


平井堅の『Life is...』でブレイクする前のアルバムが最高にいいよ。
ブレイク後も彼が彼であることは代わってないんだけどね、
なんか違う。
『楽園』を歌っていたときと♪おじいさんの古時計〜を歌っているときの彼、
彼が彼であることは代わってないし相変わらず上手くて素敵なんだけど
うん、私はやっぱり古いほうがいいな
『歌バカ』は怖くて聴いてない。
♪きみとstrawberry sex〜
これもすきなんだけどね。なんかね。


un-balanced


coloro at 23:57|PermalinkComments(0)

日記

キャンパスにみかんとくるみがいた。
ちょっと喋った。


coloro at 20:23|PermalinkComments(0)

2006年09月27日

記憶

高3のとき、和文英訳で有名な長部三郎先生という方に英作文を習っていました。
私はあまり直接お話したことはない気がします。半期も習わなかったのでお顔も覚えておりません。
その方が受験直前、高校生活最後の英作文の授業で、黒板にあの太くて綺麗な筆記体でこう書かれました。



       You have
           your whole life
                  ahead of you.




前途洋々。
三行にわたって黒板に堂々と書かれたその文字を、今も鮮明に覚えています。
君たちへ贈るはなむけの言葉。卒業後私はすぐに19歳になり、あれから4年経ちましたがこれ以上綺麗な英語は未だ見ていません。
未来もすべて君のものだよ。
東京タワーの見える街、夕方にそのひとを改札口まで送りふらふら歩いていた私は突然これを思い出して、ひとり泣きそうになりました。過去に固執する必要はないし、無理してそうしなくてもわたしはいつかきちんと叶えられる。それでもなお私は記憶を分かつことのできるひとをひどく欲して、ぐちゃぐちゃになりました。
こんなにたくさんの人々の愛情に満たされてきたのに、
どうして私はこんなにももろいのでしょう。





coloro at 23:29|PermalinkComments(0)

密会

今日はマルタ島以来のその人に会いました。
じつに半年振り。
二時間も滞在しないばたばたぶりでした。
当時寒い東京生活に疲れきっていた私は、傍からするといろいろ怖かったみたいです。
そのひとはぷかぷか煙草を吸っていました。
またね、といいました。
ばいばい。

coloro at 22:28|PermalinkComments(0)

日記

そう書くことで、私は誰かを傷つける。


coloro at 22:27|PermalinkComments(0)

日記

地下鉄で家に帰ります。
地下鉄が発車するとカーブに入ります
たいてい一番後ろの車両にいます。
そこから車掌室を通してぼおっとながーい大学駅が見えます。
まるで地底の異世界です。
ぜひ見てみてください。

coloro at 22:14|PermalinkComments(0)

たぶんわたしはこれらからも構成されている。気がする。

coloro at 22:10|PermalinkComments(0)

お姉さんは怒ってるぞ

きみたちさー、半人前しかバス賃払ってないんだから
その席は座っちゃいかんよ
しかも二人そろってスポーツバッグもってるってことはなんか運動やってるの?
なんのためにからだきたえてるのかな?ほらさ、言ってごらんよ。
半人前しか容積とらないから半額なのよ、二人で二席占領してたら意味ないじゃない?
座っちゃいかんとはいわないけどさー、
お姉さんも熱あってしんどいのよねーそれでも子供料金で混んでたらそこは座んないよたぶん。昨夜座ったけど。
きみたちのお父さんくらいのひとたちがきみたちみたいなのを食わせるために働いて疲れた顔してバス乗ってるじゃない
べつにおじいちゃんとかおばあちゃんとかいないからいいんだけどさ
譲る勇気がないならシルバーシートに二人して座ってぐちゃぐちゃ喋ってる姿はかなりかっこわるいしむかつくし醜いしうざいしなによりすごくかっこわるいよね、それ。
子供は立ってくれ!(by『働きマン2』)

と思ったけれどかなりしんどかったし温和にさっぱりかっこいいお姉さんのふりをして言うのも面倒だっし私も後ろの席に座れたので言いませんでした。(たぶん立っていたら言ったと思う。)ハイヒールにロングコートだったし化粧もしてたから外見的には問題なかったんだけどね。
お年寄りも妊婦さんもいなかったみたいだし。
きのうは満員バスでむしゃむしゃマックをたべつづけていた少年に「おまえいい加減にしろよ」と若い声の男性がぼそっと叱っていました。
目の前にいたあたしもその言い方はちょっと怖かったけれどたぶんそういうものです。きっとその男性は面倒見がよくて正義感の強い方なのでしょう。

ところで某市営地下鉄の「全席優先席」政策、
まぁそれはそれで正しいかもしれないんだけどそれが政策になるなんて悲しいよね。
おねえさんも怒ってるのよ。
ちなみに先日ハラジュク付近の電車で
ものすごいミニスカートのガングロサングラスJJ系あたまくるくるのイケイケ(死語)お姉さんがさっとおばあちゃんに席を譲っていたのはおどろきました。ああなんてすてきなひと。


coloro at 21:50|PermalinkComments(0)

2006年09月26日

ウチには怪獣がいる

きのうの午前中、コンデンスミルクのふたをあけてベトナム風ミルクコーヒーをつくりました。
くちをあけた、まだふっくらした彼女を冷蔵庫の一番上に寝かせておきました。
ここなら目立たないだろうと。
さっき見たら、きのうまでふっくらしていた彼女はげっそりやせていました。
くいしんぼうかいじゅうもいもいの仕業です。


coloro at 23:00|PermalinkComments(0)

message

何か言ってくれるたんびに、私は「あなたとは世界がちがう気がするから」って言っちゃう。 でも実のところ、世界がちがうのを怖がっているのではない。生きてる世界も、空気も実際ほとんど同じだと思う。ただ私は、いま自分がいる環境に自信がないんだ。ここで自分を活かすことも殺して別のことも探せないもどかしさ。ただそれだけの理由で、あたしはあなたを知ることを拒んでるのかも。もったいないよね、そんなの。 (05.3.29)



coloro at 19:51|PermalinkComments(0)

♪らんらんらららんらんらん(なうしか)

わーいわーい
おわったおわった

しろくまちゃん:こぐまちゃん、きみなんか隠してるでしょ
こぐまちゃん:えっなんにも
しろくま:みせて
こぐま:はい
しろくま:わーいぱんけーき!いただきます!
しろくま:「ばくっ」
こぐま:えーんえーん
しろくま:なによこぐまのくせになんじゃくね
こぐま:しろくまちゃん、きみもなんか隠してるでしょ
しろくま:えっなんにもないわよ
こぐま:みせなさい
こぐま:「ばきっ ぺきっ」
しろくま:えーんえーん
こぐま:おっちぃずけーき!いただきます!
こぐま:「ばくっ むしゃむしゃ」
しろくま:あーんあーん
こぐま:なによしろくまのくせになくんじゃないよ
しろくま:それこぐまちゃんのたんじょうびぷれぜんとだったのに!
こぐま:あーんあーん
こぐま:べきっ
しろくま:ばきっ
こぐま:ぽきぽき
しろくま:こぐまちゃん、なかなおりのしるしにだきしめて
こぐま:うん、いいよ
こぐま:「ばきばきぺきっ」
しろくま:えーん

まえから思ってたんだけどこぐまもしろくまもどうしてあいじょうがまちがったほうこうにいくんでしょうか
すきあっているのに

↓証拠写真

こぐまちゃんのみずあそび


coloro at 19:44|PermalinkComments(0)

熱がさがらんくて

なんかきもちわるい。いろいろ。しんどい。
なんでテストで疲れてるときに話したんだろう。いったいどこに消えたんだろう。
なんで心臓がばくばくいうんだろう。なんで熱さがらないんだろう。二週目くらい。なんか私の背中とかあたまからゆらゆらとわるい空気が放たれているんじゃないか。からだきりはなしたい。でんしゃこわい
そもそも私都会で生活するの無理なんじゃなかろうか?
今朝の満員電車で足をすくわれおしつぶされてこのまま倒れたらはたして助けられるのか?と考えたけれど冷静に考えても電車はとまらないしだれも何も言わないだろうという結論に達した。よくもわるくもそういうところ。
寡婦殉死ってまだあるんだ!インドってすごい!そうさせる男はそうさせるなりにちゃんと生きてくれ。ぴゃーん。



coloro at 18:19|PermalinkComments(0)

2006年09月25日

日記

 負のオーラ、あるいは「『魔』ととりあえずは表現されるべきもの」。
最近それがとても強い。ぐるぐると渦巻く。見えないのに感じてしまう。それが言わなかったけれど相手にも伝染ったのではないかと思う。どうでもいいことばかり言ってぜんぶ言わなかったけれど、あたしのせいだ。
 なきがらは見ていないのにえいえんのいのちにはいったよと聞こえてくる。ほんとうはだれもなくなってない?ときかれたけれどたぶんいい大人になろうねといって別れたその人は太平洋のむこうで形がなくなったとおもう。目でたしかめたわけではないけど事故って言われたしそう思う。みどりいろのゆがんだ字のてがみ、And I miss u。こんなのが形見だなんて。もっと綺麗に書いてよ。これじゃあウードゥーデスみたいじゃないか。心の中で殺すのが先か、事実が先か。そうかだから実感がないのか。気持ち悪いな。インターネット上の死。わたしの目で見て手でつめたさを確認しないと死は狂言になる。さるまわしをやりきれないチンパンジーみたいだ。
 でもそれをどうやって追い払えばよいのかわからない。金魚を買ってピッコロと名をつけても、私の部屋で飼ったらきっとまた死んでしまう。でも今度また死んでもかなしみがわかるひとがいない。そもそも三匹死んでもあたしのかなしみは伝わらなかった気がする。そうしてとりつかれたようにあたしはきっとひとりでまた話す。「右脳のつながる」相手。ぐちゃぐちゃでかなしい。安定剤の常用。「なんだ、なんにも安定していないじゃないか。」部屋においてあったのだからこうなるまえにもっとはやく飲めばよかったのだ。



coloro at 18:57|PermalinkComments(0)

やっぱり

あたしのことなんてわかってくれない


coloro at 17:46|PermalinkComments(0)

日記

マサチューセッツまで。
それすらもわからない「らしい」という伝聞。
もちろんいけるわけなかったけれど
気付かなかった自分に驚く。
あたしの思考はそっちじゃなかった。
妙に冷静で妙に気味が悪い。
明日も記憶も、当然のようになにもかわらない。
それ以来上書きされてないのだから。
なんかもう、どうでもいい。



coloro at 10:52|PermalinkComments(0)