2007年10月

2007年10月31日

蜜柑

あまーいの、ちょうだい








coloro at 11:42|PermalinkComments(0)

2007年10月29日

i prayed that he would finish

and so i came to see him to listen for a while
(Roberta Flack 'killing me softly with his song')






coloro at 13:32|PermalinkComments(0)

2007年10月25日

デクノボー

細くて、しなやかで、強くて折れない感じ。

「ヒデリノトキハナミダヲナガシ
 (中略)
 サウイウモノニワタシハナリタイ」(宮澤賢治)


これだ


coloro at 23:33|PermalinkComments(0)

日記

「それがね、ある日急に描けなくなった。

描いても描いても気に入らないの」


(『魔女の宅急便』)


coloro at 23:27|PermalinkComments(0)

2007年10月24日

日記

なんにも、おかしくなってないよ。

というひとことはもうそれだけでいっぱいで、
その年の三日間の空気感情に腫れた顔、灰の匂いとむせかえるような人ごみ。うけいれたときのいたみと暴力と薄暗い部屋のランプ。身体の線とか死に顔の白さとか蝋燭の明かりとか黒いスーツのはば君とか夜八時のたまプラーザのホームとかそういうものがぶわっとでてきた。
良くも悪くも薬漬けで、たしかあの日も安定剤がかばんに入っていたんだけれどね
蟻さんが代わりにミルクに沈んで、彼がそこに居たからのまないで甘えちゃおうって。ありがとう。



coloro at 19:00|PermalinkComments(0)

2007年10月23日

酔鯨

その人をめぐるひとつひとつの記憶と、それにまとわりつく体内記憶と、秋の雨の記憶。今日はよく泣いたなぁ。あと蟻さんが一匹ミルクに溺れた。
からだの記憶が強いのはつらいけれどそれはそれなりに意味があるのかもしれない。と彼の解説を聞いてやっと思った。こういう話をするとき、声がものすごくやさしくなる。



coloro at 23:41|PermalinkComments(0)

鯖を食べながら

ついに言わせてしまった

たしかこんな感じ


「留学してるってずっと仮の宿が続いているような状態で、
僕にとっては日本語を喋っていること自体がストレス。
日本語は前よりは上手になりましたが、
ずっとこの文法あってるかな、って思いながら喋ってて、
本を読んでも辞書を引いて、
ずっと余所者の感じ、
家に帰っても韓国語が喋れないってことがそうおもう理由だとおもいます。
だからはやく、
韓国語喋れるようになってください。
勉強またはじめたら、僕が教えてあげます。」

「久々にゆっくりお昼ごはんをたべました
ゼミも奨学金の申請も、いろんなことがあんまりうまく行っていなかった
食事するくらいの時間はもちろんあるけれど、なんだかずっとせわしない感じで」


恋愛関係にあるわけじゃないのだからなにも私がそこまでする必要はない
という人もいるけれど、
もはやそういう問題ではないのだろうとおもうし
冗談ぽい彼の口調のなかに冗談が見えなくて。
できるだけゆっくり喋ってきた、できるだけ省略語は使わない。なるべくきれいな言葉を選ぶ。たしかにはじめて会ったときより聞くのも話すのもうまくなった。ほんとうは私も彼ももっといろんなことを知りたいし喋りたいんだと思う。けれどお互いがお互いにそれ以上踏み込まないのは、そしてここまで言わせてしまったのは、この二年、
負荷をかけたコミュニケーションを続けてきた私のせいなのだろうと、おもう






coloro at 23:11|PermalinkComments(0)

2007年10月22日

ふう

かなしい、おちこんだ、
へこんだ、
はなしをきいてほしい、

そういうことの繰り返し

待ち待つ待つ待つ

れんらく。

もうすぐ。


coloro at 23:50|PermalinkComments(0)

日記

なんとなく、落ち込んでいた

「そういうときは、落ち込んでいいと思う
むしろお墓参りしてテンションあがってたら困るし」

いつでも、どうぞ
車掌じゃないときは、電話とるから。




coloro at 21:23|PermalinkComments(0)

ココアを飲みながら


姫と電話

「なんで元気かどうかってわかったの?」

「ぽんは最近勘がいいのだ」

「うん、すごく、あたってる」


coloro at 21:17|PermalinkComments(0)

日記

とも君と電話
「高校の進学棟のベランダで、ほんとうはやっちゃいけないんだけど、サッカーをしていたのを、思い出した」
あのベランダで、私もバトミントンをしたかった
でもしゃもじその他が怖かったのでやらなかった。










coloro at 12:26|PermalinkComments(0)

2007年10月17日

チゲ鍋を食べながら

私の中に、こういうことを書くだけの中身が残っているものやら


------
病院にて


脈をとってもらいながら

「なんだかつかれてませんか?」

「そりゃあ朝から診てたら疲れるさ」

朝から60人くらい。

「最近は、弛緩できるようになった」

弛緩? 

「そう、ゆるめるの。ふわぁって。

昔はがんばって我慢して、

自分の疲れてる表情を患者に見せないこともできたんだけどね」

------

ずっとあたしの体が緊張していて、動かなかった

昨日人に会いに行って、顔を見たら安心して、

あ、何かが緩まった。

とおもったら、あっちも徹夜だったけど、

意外に自分も疲れていることに、やっと気がついた。

緩められる相手、は限られるらしい。

そしてあちらからは来てくれない人ばかり

だからやっぱり、顔を見にいってしまう

これじゃあ片思いだ

--------

10歳のころからマライアの歌を聞いていた

久々に聞いたら、なぜかスペイン語バージョンの歌だったけれど、

当時の記憶と、94年の記憶とおんなじ声だったから、

自分の中の堰が動いて、

意外に疲れていることに、気がついた。

------


なんかつかれたなぁ


「もっとあまえていいんだよ」


coloro at 14:28|PermalinkComments(0)

2007年10月04日

日記

ぼくらの国に興味をもってくれてありがとう




























coloro at 17:43|PermalinkComments(0)