2015年06月

2015年06月30日

みどりの日

みどりの日
---день рождения бывшего императора. он любил деревья. とは何かが生格で言えた。молодец!

キエフ風トルト
10404461_10153943160834908_4677718628341394809_n






---

27日

日本語を勉強している彼女に
[あの車とこの車は違いますか?]
という一文について
なぜ[違う]、じゃなくて[違い]、なのかをロシア語で聞かれた。
ものすごく絞り出して何か言ったけど、
納得してもらったかは不明。

---


26日

「大切なのは、たくさんの言葉をしゃべるより、一つの単語の発音が、まず綺麗にできること。綺麗に発音できる言葉を、一つ一つ増やすこと。」(GACKT氏)
「(数詞を一粒ずつきちんと)喋れるようにならいと、聞き取れませんからね♪」(香取先生)
「Больше всего на свете, я люблю заниматься русским языком.
(僕は世界で一番ロシア語を勉強するのが好きです)」(貝澤先生)…最後は本文と無関係ですね。笑

---

7日
修行兼ボランティアでざくざく占いをやったら(売上約1万数千円分)、ご好意によりМариинский театрの концертный залのブラームスのチケットが超格安ではらりとやってきた。すごい引き寄せである。。なんでもいいからできること、やりたいことを回すって大事だ。。明日のテストがんばろー。
---

4日
まさか文化人類学の知識が役に立つとは思いもよらない発見でした。あと最近考えがちょっと変わって、キコンシャのレンアイ相談も(結局チャット鑑定の相談の約半数を占めているので)話を聞かずにムゲに断ることはないかなあと思いました。だれでも密かにひとを想うのは自由で、ただただその密やかな片思いを押し殺しきれずに誰かに聞いてほしいだけでいらっしゃるご相談者様もいらっしゃるわけです。まあでも人の不幸を望む感情の場合は、多くはいずれはねかえってくるか、のちに罪悪感として自分に襲ってきます。私はイケメンS先生とおひげがキュートなY先生のもとで民法を勉強していた時代があり、離婚相談等民事を専門にしている仲間はたくさんいらっしゃいますが現実世界の規定と、そのなかでのヒトとしての感情の自由はむつかしいですね。




coloro at 23:07|Permalink海外生活 | ロシア語

20150629ゆで卵と遭遇

IMG_20150629_194344

IMG_20150626_110754


にわかベジタリアン、ゆで卵つき。
あらァあなたロシア語上手ねえどこからきたの?
っとスタローバヤのレジのおばちゃんはおっしゃり
後でレシートをみたら
ゆで卵を計上するのをお忘れになっていた

ちなみに近所のスタローバヤ三店でそのように仰ってくださったが
上手ねえ
といってくださる間はマダマダなのだ
T先生の弟子なのだもの。
嬉しいけどMなのだもの。

みんすくのアイコちゃんとネヴァ河の中心で遭遇した。すごい確率。

coloro at 06:12|PermalinkComments(0)

2015年06月29日

お兄ちゃんと電話した
(正確には兄ではないが)
収入、大阪での一人暮らし、
スキューバダイビングのライセンス、いろいろ。
15年知り合いである。もうすぐ人生の半分知っていることになる
ああそういえばこんなひともいたなあ。


coloro at 05:11|PermalinkComments(0)

2015年06月28日

キエフ風トルト

メニューに書いてある、
Киевский торт (キエフ風ケーキ)とはどんなものですか?と聞いたら、ウクライナ風のケーキです、英語のメニューをお持ちしましょうか、と言われたのですが
たしかにこれは描写が難しいですね。。
(写真がアップできない)

coloro at 06:27|PermalinkComments(0)

20150627コンスタンチン

今日お酒のお店に寄ったら「コンスタンチン」という名前の人にはじめて会った。おおお。漫画で読んだことあるその名前。思わずいい名前ですね!と言ったら「またいらっしゃい〜」といわれた。

coloro at 04:02|PermalinkComments(0)

2015年06月27日

20150626/発音について

「大切なのは、たくさんの言葉をしゃべるより、一つの単語の発音が、まず綺麗にできること。綺麗に発音できる言葉を、一つ一つ増やすこと。」(GACKT氏)
「(数詞を一粒ずつきちんと)喋れるようにならいと、聞き取れませんからね♪」(香取先生)

coloro at 05:18|PermalinkComments(0)

2015年06月25日

Густой

20150619_153030 左側。密生、ふさふさした感じ。

coloro at 01:50|PermalinkComments(0)

Тарелка

20150624_193243

Запеканка картфельная с мясом.

マッシュポテトの上に肉や魚のミンチをのせてチーズやマヨネーズをかけて焼いたグラタンのようなもの。

coloro at 01:45|PermalinkComments(0)

20150625

記憶とのたたかいは一進一退で
この間夏至の前に大きな波が来て
もう負けそうになってぼろぼろで、
先輩のひとみさんにいろいろ聞いてもらった

そのあと、あの人にあったとしてどうしてほしいのか
書いてみようと試みたけど
もう、全く書けなかった
もう触れることすら拒むであろう自分

あの人にもう二度と会えなくていいから
ちゃんと喋れるようになりたい
記憶とのたたかいは一進一退で、
でもそんなことをはじめて思った

現実的に助けてくれるひとに少しずつ、甘えていって
ひとみさんはそういった

「(たしかに帰国子女ですが)米原さんは若くしてお亡くなりになったので
彼女より長生きして、
勉強を続ければ、
彼女を超えられる可能性はあるわけです。」(2015/05/15岡本さん)

超えるとか越えるとか
そうじゃなくて
私にとってこの旧ソ連圏は遠い憧れで
そして米原さんに少しでも近づきたくて、
そして私が4年前にそっちを選ばなくてよかった、
といえるだけの理由を
少しでも増やしたいだけだったりも、する

--

結局いつもどおり、
私にはなにも言わずに風のように去って行った。
相変わらず自由で内弁慶で不器用なあのひとはきっと、
彼岸へ旅立つときさえも、
私には何も言わずに、風のように去るのだろう、
とふとおもった。

それはあなたにとって、しあわせなことですか。

とわたしに問うてみる。

おじいちゃんは、明け方、おばあちゃんの夢に来て、去って行った。
生も死も、ひょっとしたらそういうものなのかもしれない。


スジャータの乳粥の話を聞いた

あたしずっとこのままここにいるのかな、とおもって、ぞっとした
シーナさんみたいになりたかった
男の子に生まれたかった
イチエさんみたいになりたかった
遠くに行きたい。かざふすたんに行きたい。ぱたごにあに行きたい。
雫ちゃんみたいに生きてみよう。
まだ、まにあうはず。

(2011.5.16)
ーーー

ものすごく近場で温泉にはいった
近場の非日常
そのひとは眉間にしわを寄せたまま、
私が熱くいれてしまった部屋のお風呂にはいって、
会社の隣のビルの社販で買ったハンカチは中身だけとって、
淹れたコーヒーは見向きもせず、
風のように去って行った。
へんなひと。
おふろで背中から抱き締めてもらった私の髪はぼろぼろだったのが、妙な反省点だった

(2011.5.15)
---

たぶんあのときそうしなければ
私はブハラの美しい空も見れなかったし
ただ祈るひとしかいない美しいカラーンモスクも見れなかったし
暑くて暑くて、コブタの蒸し焼きになっちゃうんじゃないかと思うほどの夜行列車にも乗れなかったし
たぶんここにもこれかったとおもう
カレシはいないけど
私に暴言を吐くひとは淘汰された
ちなみにあの頃より肌も髪も、調子はいい

coloro at 00:25|PermalinkComments(0)

近況

クラスのオランダのアーレントご夫妻とそのお友達ご夫妻にお呼ばれしました
英語かオランダ語かドイツ語。

急遽女友達が一人行けなくなったので
お酒の飲める歳の
新疆ウイグル出身のクラスメイトを引きずって行きました
彼ちょっと孫悟空みたいだと内心思ってます
彼はとてもよく英語を話すので私はとても救われました
オランダ語とロシア語と英語の空間でした

新疆ウイグルについての私の知識といえば
まあその昔
もう15年もまえ
♪天山北路の砂ふる花水木〜(谷川雁) 
と中学生のころ歌っていたその歌だけで

その美しい土地のクラスメイトと、
オランダのクラスメイトと
スパゲティーを一緒に食べる日が来るとは

スパゲティーはナイフで刻んで食べるそうです
夏至が過ぎてちょっと持ち直しました。
私はげんきです。

追伸
髪はこないだ自分で切ってしまいました。笑

coloro at 00:17|PermalinkComments(0)