2016年06月

2016年06月30日

大・セルフィ―大会。

大・セルフィ―大会。
美女にキスの嵐とあつい抱擁をうける。
「あらおててが熱いじゃない、甘いお寿司たべたのに。自分は辛いおスシをたべてドライワインを飲んでショウガもワサビも全部食べたのにこんなに冷たいのに。」
眠くなるとおててがあつくなるんです、わたし。こどものときから。
ああメトロの乗り換えに間に合わない。
そしてタクシーを待っていたら、
ネフスキー大通りに猫がいた。

13522053_10154926396174908_9067816634149318829_n

---

タクシーの運転手さんと私の昨日の会話(恥を晒す)。日本だいすきらしい。
‥渡辰任呂覆鵑栃垢取りづらいんだろうと思ってたけれど聞きなおしたらだいたいわかった。最後の犯罪の話の次がわからない。このあいだのブリヤート人の朝青龍君(仮名)との会話は非母語同士でもっとわけがわからなかった。
▲漾璽襪龍飢塀颯譽戰襪粒癖儔修ぐちゃぐちゃ
префектура,северная часть,в начале августа,свежая рыба,мои подруги говорят...
H音が変
ち庵峪譴oがアではなくオとこの人は認識しているらしい。
ゥ織シーでかえる可能性があったので昨日はお酒飲まなかったのだけれどやっぱりロシアでは外ではお酒飲めない(飲んだら喋る元気ない)。

---


coloro at 05:00|Permalink

フィルハーモニー

kent naganoさん。
とってもよかった!!
このあと小料理屋ハルカへお客様がいらしてくださった。

13465945_1187321527986514_5864625970336415027_n

coloro at 05:00|Permalink

2016年06月29日

カレー。

昨日は5月の仕事でものすごくお世話になったO兄とK兄が演奏会帰りに寄ってくださったのだけれど
男兄弟のいないわたしは男の子たち(といっても30-40歳)がどのくらいの量を食べるか知らなくて、
お父さんってまた別の生き物じゃない、
それで
カレーをだしたら
まるでラピュタのシータの心境になった
「あの、おかわりあるから。」
もはや小料理屋ではない。

13412995_10154882245879908_5778976277523926166_n

coloro at 05:00|Permalink

2016年06月28日

28日

28日
Дирижер - Александр Дмитриев
Солист - Дмитрий Маслеев
Рахманинов. Концерт 2 для фортепиано с оркестром
Закрытие сезона оркестра
Академический симфонический оркестр филармонии
Женский хор музыкального училища им. Н.А.Римского-Корсакова
XI Международный фестиваль ≪Музыкальная коллекция≫
Рахманинов: Концерт 2 для фортепиано с оркестром; Дебюсси: Три ноктюрна, ≪Море≫, три симфонических эскиза
Купить билет
1300 — 1500 р.
「よかったねえ、きょうの。」
「(きょうのピアニストのドミトリーマスレーエフさんは)純粋な人だとおもいました」
「ああ、そう見る?」
「ちがいます?」
「いや、なんとなくわかる。」

coloro at 18:54|Permalink海外生活 

サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー所感

サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー所感
ーー
15日
Сон Чжин Чо (Южная Корея)
Фортепианный вечер
Лауреат Международного конкурса пианистов имени Шопена (2015, I премия)
XI Международный фестиваль ≪Музыкальная коллекция≫
Моцарт: Рондо ля минор; Шуберт: Соната 19 до минор; Шопен: 24 Прелюдии, соч. 28
--
19日
Дирижёр - Кент Нагано (США)
Бетховен
7-й концерт 3 абонемента ≪Первый симфонический оркестр России≫
Заслуженный коллектив России академический симфонический оркестр филармонии
Дирижёр - Кент Нагано (США)
Мари Кодама - фортепиано (Япония); Андрей Баранов - скрипка; Алексей Жилин - виолончель
XI Международный фестиваль ≪Музыкальная коллекция≫
Бетховен: Увертюра ≪Леонора≫ 2, Концерт для скрипки, виолончели и фортепиано c оркестром, Симфония 5
При поддержке: Генеральное консульство США в Санкт-Петербурге
ーー
27日
Чайковский. Симфония 4
Дирижер - Николай Алексеев
6-й концерт 2 абонемента ≪Чайковский. Шесть встреч≫
Заслуженный коллектив России академический симфонический оркестр филармонии
Дирижёр - Николай Алексеев
Вадим Руденко - фортепиано
XI Международный фестиваль ≪Музыкальная коллекция≫
Аренский: Вариации на тему Чайковского для оркестра; Чайковский: Концертная фантазия для фортепиано с оркестром, Симфония 4
--
28日
Дирижер - Александр Дмитриев
Солист - Дмитрий Маслеев
Рахманинов. Концерт 2 для фортепиано с оркестром
Закрытие сезона оркестра
Академический симфонический оркестр филармонии
Женский хор музыкального училища им. Н.А.Римского-Корсакова
XI Международный фестиваль ≪Музыкальная коллекция≫
Рахманинов: Концерт 2 для фортепиано с оркестром; Дебюсси: Три ноктюрна, ≪Море≫, три симфонических эскиза
Купить билет
1300 — 1500 р.
ーー
30 июня, 2016
20:00, чт
Большой зал
Закрытие фестиваля и сезона филармонии
Концерт-признательность друзьям, партнерам и спонсорам Филармонии
Заслуженный коллектив России академический симфонический оркестр филармонии
Дирижер - Юрий Темирканов
Летисия Морено - скрипка (Испания)
XI Международный фестиваль ≪Музыкальная коллекция≫
Чайковский: ≪Ромео и Джульетта≫, увертюра-фантазия, Концерт для скрипки с оркестром, Симфония 5
При поддержке: ЛенСпецСтрой
----
昨日27日はフィルハーモニーの次期指揮者といわれているニコライアレクセイエフさんの指揮。
真面目な人で、ケント・ナガノさんやテミルカーノフさんが指揮の時は14列目の17席に座って勉強している。
(こないだ客席に居た時に終演後手を振ったらニッコリしてくれた。)←ミーハー。
で、このアレクセイエフさんが昨日指揮だったんだけれど
私は演奏者の(オーラを)観察しようと思って1列目にいた
悪くないんだけれど、すごい真面目な感じで、
聞いていてなんとなく苦しかったのは1列目だったからだけではないとおもう。演奏者も何となく眉間にしわが寄っていた。
演者自身がそうである必要があるかはわからないけれど、
音楽ばかり勉強していて他人の狂気とか官能とかにあまり触れたことがないのではないか。と思ってしまった(狂気や官能と芸術は紙一重だとおもうので、この場合音楽とか写真とか絵画とか性愛とかなんでもいい)。
音楽すきなんだろうけれど理性で抑えちゃっていて
ピアニッシモが雑に聞こえる。
で、終演後に連れにきいたら「なんでこんなにつまらないのかずっとかんがえていた」だそう。
ーー
19日のケント・ナガノさんの指揮はほんとうによかった。
音の強弱にメリハリがあって、喜びがあった。ほんとに音楽すきなんだろうなあ。小澤征爾のアシスタントをしていたとかいてあったけれど見た目同じような雰囲気だった。小澤さんの指揮ってどんなにステキなんだろうか。
トリプルコンチェルトは予め入れた知識(というか兄たちの悪口(笑))
が邪魔をして雑念が多すぎてよくわからなかったのだけれど。
ピアニストのコダマさんは私には良しあしは判らないのだけれど、他のピアニストを何度か見た結論は
彼女は身体が細いのと険しい顔つきなので鍵盤をたたきつけるような演じ方になってしまっていて、
見た目で損をしてしまっているような気がする。
ーー
15日の22歳の韓国人のとても若いピアニストは東洋の粋をかんじた、ソウルの寒さというより台北のスコールという雰囲気。前途洋々、You have your whole life ahead of you. この若い青年の前途を祈る。
ーーー

coloro at 10:26|Permalink海外生活 

小料理屋ハルカ

小料理屋ハルカ。
ポトラッチごっこがやりたい、とおもっていたらちょうどお客様がきてくださって、ちょうど、ポトラッチごっこができた。
※ポトラッチ 文化人類学用語。ふるまうこと。贈与の交換。おくりものをすること。贈り物がめぐること。

普段は私全くお酒飲まないしお肉も食べないのだけれど
お客様の好きなビールの銘柄がわかったので、
切らさない程度に買って、あと肉料理もつくっておく。
ちょびっと、一緒に飲む。
風の人にいれてもらうと、とても綺麗に泡が立つ。
「なんでそんなに注ぐの上手いんですか!?」
「ビール歴の違い?」
そういうわけで次回から一緒に飲むときには、彼に入れてもらおうとおもう。

アルコール類は11時から22時迄しか買えない。
パスポートを見せて年齢確認をする。

13407155_10154881055629908_1576827870775408036_n

coloro at 05:00|Permalink

2016年06月27日

VK

VK(ロシア版Fb)で見知らぬ22歳(♂)の電話番号教えろ攻撃が凄くて
ついに「結婚してるからだめ」って嘘ついてしまった。
なんではやくいわなかったの!って返事がきたのだけれど、そんなこといわれても聞かれてないし。カレシがいるからダメ!好きな人がいるからダメ!レベルじゃ効かない気がして。やれやれ。
旦那役募集中。

日本人みたいに「無視=拒絶」とは取られないらしい。イタリア男みたいだ・・。
Как насчет кофе?
Завтра!
Мы будем дружить
っていわれた。うわーん。
→O兄に相談したら с тобой дружить не хочу. понял?って言えっていわれた。うえー。
→撃退できたっぽい。うえーん。

---

肉を断って二ヶ月半。外食時やお客さんが来た時はブイヨンや卵は食べるけど味見をしても齧っても結局飲み込めず。

---

執筆記事掲載のお知らせをいただく。
元ネタはフォーブスの英語版とロシア語版。
内容はもはや語学とは関係なく日本の旅行会社の回し者みたいになってしまったのだけれど、
メディアの主なターゲットを考えると
読者のニーズは満たしているだろうのでこれでいいらしい。
もはや日本語のみで情報を得て生きるのは危険、
というのは先日小料理屋ハルカを開催して教えてもらったこと。
ロシア語だけじゃなくて英語も読めなければならない
日本語も正確に書かねばならない
ということを痛切に感じました。がーん。

coloro at 10:28|Permalink海外生活 

ホステル所感

ミンスクのホステルにて。
ちょうどアルバイトを始めたユーリャ(露英通訳希望)とオーナーのアンドレイ。
青年実業家、という感じでしっかり仕事してくれて、
ユーリャも私のためにレートのいい銀行を探してくれて、良い仕事をしてくれた。ユーリャとはぜひ仲良しになりたくて、最終日ミンスクの観光よりもホステルに入り浸って仕事中の彼女の邪魔をしておしゃべりをした。
申し分のないホステルだった。
オーナーが私を車で空港に迎えにきてくれたときに
助手席にぱっと花が咲いたような、とても美しい若い女性が一緒に座っていた。
服装からして、夜の女性なのか、ベビーシッターなのか、それとも単なる女友達なのか そのへんはさぐらないことにしているけれども助手席の彼女もとてもいい子だった
数日後、アンドレイと、奥様と、子ども(3人)と街で遭遇する。
ああやっぱりあの助手席の美女はそうだったのかもしれないし違うかもしれないけれど、いずれにせよ私はアンドレイとそのホステルは気に入った。

ホステルではなぜか通訳(翻訳)の仕事をしている・したい人が3人もそろった。
お茶をいれてもらって、
ズッキーニをわしゃわしゃ食べさせてもらった。
ハバロフスクのミーシャというお兄さんはずっと私に英語で話しかけていて、
私はロシア語で返事をしているのになんでだろう(ロシア語もわからないけれど英語もわからない)、
と思ったら、露英通訳だそうで、
カムチャッカの北方の海の真ん中の石油採掘の基地にヘリコプターで入って、通訳の仕事をしているそう。20日ぶっつづけて働いて10日休み、と。
多喜子先生仕込みの「エレクトリーチカ」の発音だけ妙に良かったらしく、爆笑された。


13528889_10154912113529908_4826033995106673963_n

---

元職場の同期の女の子とSkypeする。
北海道支社の先輩のおじさんと彼女が飲んだ時に
「スニッカーズの大きいほうを毎日一本食べていたら糖尿病検査にひっかかりはじめたので最近小さい方を食べている」
という話をしていた。だそう。
なんというか、
昔いた会社独特の上司たちの
小物感、というか
とほほ、と思った。
なんだろうこの感情。
いいひとたちなんだけどね、なんだろう、この複雑な気分、
若い女の子とせっかくお酒飲んでるならもっと楽しい話とか、見栄張った話すればいいのに(男性先輩としてのミエはないのかしら)
とか
さいきん私が健康診断とか無縁な生活だからか
それとももっと太っている人をこちらで沢山みているからか。上手く表現できない。ま、どうでもいいけど。
---


coloro at 05:00|Permalink旅行 | ロシア語

元気かしら


友達とはなす。
夜勤明けの見合いがしんどかった話、仕事の話、釣書の話、キャリアの話、新卒の同期とともに中途ではいった職場の新人育成プログラム。
そしてつきすすむ、時によっかかる、危うい対象。
なんのために我慢しているんだろうか。


もうちょっと素直に接すればよかったなあ、って反省する。
じぶんは昔から、その瞬間に気づいてるのだけれどそれよりも一歩遅れて反応する。私のおばあちゃんはさいごにかならず、「きてくれて嬉しかった、ありがとう」と言っていた。言ってなかった気がする。


二十歳の時に急逝したlちゃん。「lちゃん、げんきかなあ、っておもうんだよね、あでもしんじゃったのか、ってつっこむ自分がいる。」「そうそう、まだ現実味を帯びない」
二十歳って何年前かしら。


髪を切ったら5人ぐらい久しぶりの人達から連絡をいただいた。


出張のときに、わざわざ旅先から電話をくださるひと。
きっと出張先だったら、奥様に気がねなく会話ができるから。現地妻w


宿題が出た。漁業について。


鳩がひかれていて、道路にいて、その上を何度も車がとおって、かわいそうだった。その話を,里劼箸砲靴燭蕁⊇行無常なんだよ、と(ちょっと枯れた声でそういうことを昔からこの子は言う)言った。


あとここにはかけない話もした。

●国大使館にいった。おもしろかった。

10
鳩のポーズ、私にはできなかった(ヨガ)。

11
酔っぱらったひとが、電話越しに言う、「サラリーマンだってつらいんだよ!」

12
道端にある日突然出店が出没する。「サキ宝石店」ができるぐらい、たくさんのネックレスをかった。天然石の波動がいいやつを選んだのだけれど、驚愕する値段だった。サキ宝石店というのは、昔おままごとで開店していた空想上の店名。

13
髪を切ったのにこの人気づいてくれないなあ、とおもっていたら、じぶん、髪、束ねてた。

14
蛇でいう脱皮の時期。最近のわたしと、最近連絡をくださったひとたち。


13507074_10154902818919908_7240280024991373089_n

coloro at 05:00|Permalink

2016年06月26日

ディズニーのDVDとバレエ

ディズニーのDVDをミンスクの中央駅のスーパーで買ったのですが何語で収録されているのかわからない・・。

13511960_10154914234564908_8118084975986965816_n

---


ミンスクでバレエをみたのですが
バレリーナが(もちろん細いけれど)ロシアみたいにがりがりすぎなくて(アラジンのジャスミンみたいな衣装のせいかもしれない)、
とても幸せな気分。
http://bolshoibelarus.by/rus/

---
13494806_10154914223949908_6049471528673863586_n

---


「すごいヒイヒイ言いながら(記事を)書いていてね、
これなら占いで数千円もらったほうが楽だ、って思って。でもそれ、(これからもやるけど本職にするのは)私の人生の目的じゃないし!」
「でしょ、それならやっぱりヒイヒイ言いながらかかなきゃ!」
「好き放題やってお金稼げるようになりたいです(笑)」
「今頑張っていれば、いずれそうなります!」
うえーん。
昨日ベラヴィア航空からもらってきた機内誌がウズベキスタン特集で、ツボすぎて二冊もらってきた。次はウズベキスタン特集書こうかしら・・・。

--

25日

帰り。
ああよかった無事に再入国できた、
と思っていたら、
はじめて使ったヤンデックスタクシーでブリヤート人の運転手さんに口説かれたのがちょっと衝撃。朝青龍そっくり。しかもタクシー代高いし。
ブリヤート共和国といえば米原さんかシーナさんの本でよんだあのブリヤートじゃない。
ブリヤートって最初聞きとれなくて、バイカル湖のあたりだよと言われてやっと認識。
もちろん馬にも乗れるらしい。ブリヤート語を教わる。
「彼氏いないの?」
「いる!」←朝青龍に似ているかどうかという問題以前に、正直に答えたら大変なことになる。
「ナニジン?」
「日本人」
「ロシアに?日本に?」
「ロシアに!」←日本に、と答えたらこれも大変なことになる。
先日キルギス人のオシ出身のタクシー運転手(バツイチ子持ち)がこれも凄い勢いで降ろしてもらえなくなりそうになり、
カーチヤさんと先日ガールズトークしたときにこの話をしたら
「タクシーではカレシいないなんて正直に言っちゃダメ!『格闘技の強い日本人の彼氏がいる』と答えなさい」と入れ知恵された。
先日イタリアに行く日本人の女子大生に
イタリアではこういうことが起こりうる、
と私も入れ知恵したら
「日本人女子をイタリア男が相手にする筈がない」と言われたのだけれど、
海外に居るとちょっと信じられないことが時々起こる。


coloro at 18:59|Permalink海外生活 | 旅行

掲載のお知らせ

記事を掲載いただきました。
「この夏のバカンスにおすすめの豪華客船5選」
2016年06月24日付 

http://m.media.yucasee.jp/posts/index/15010

coloro at 05:00|Permalink

ちんちくりんのもも、変なトマト、たこ糸ほか

ァヾ鏡リサーチの黒川伊保子さんによると、近しい存在の男の人の言葉は、同時通訳をすると良いという(新潮文庫『恋愛脳』)

妻:「わたしの新刊ができたの」
夫:「ふん、派手な表紙だね」⇒「センスの良い装丁だね、字体も良いし」
しかしこれができる人は少ない。

Α‘本のキュウリは、キャップをはめて育てられる。

А,修發修睚僂雰舛稜精酳は、市場に出ない。だれかの推奨する、化学肥料をしっかり消費している、強い権力の団体に流れる、そういうお金の回り方だから。

─,世ら日本ではちんちくりんの桃なんてないし、つぶれたイチゴを買った後にスーパーに文句をつけることができる。
 そうはいっても私は品種改良で出来たイチゴ「とよのか」「さちのか」「とちおとめ」「あまおう」だいすき。

10  OLだったときに、実家の庭でとれたみかん(伊予柑、夏みかん、他)を大量に、職場の執務室の入口に並べて「ご自由にお取りください」と蜜柑屋さんを勝手にやった。上司に断らずに勝手にやった。当たりと外れがあったらしい。後日すごく苦かった、っていう上司と、ほんとうに甘かった、と感激のメールをくださった先輩がそれぞれいた。でも普通そうじゃん。全部甘いって、ほうっておいたらありえない。

11  今年リンゴの実がなると、翌年はならないらしい。おそらく適度に摘果したら毎年ちょっとずつなるのでは、と思ったのだけれど、でもたぶん1年おきにリンゴの実がなるのがたのしみでしあわせなことだから、たぶんそれでいいんだとおもう。

13419261_10154856176954908_4589417889823440735_n

coloro at 05:00|Permalink

2016年06月25日

ミンスク

---

「ミール城」にいったり、
美女とお友達になったり、
ズッキーニをわしゃわしゃ食べさせてもらったり、
なぜかホステルには通訳が3人も。
ハバロフスクのお兄さんはずっと私に英語で話しかけていて、
私はロシア語で返事をしているのになんでだろう、と思ったら、露英通訳だそうで(ロシア語もわからないけれど英語はもっとわからない)、
カムチャッカの北方の海の真ん中の石油採掘の基地にヘリコプターで入って、通訳の仕事をしているそう。20日ぶっつづけて働いて10日休み、だそう。
ドキドキしながらロシアに無事再入国。


---

ミンスクにいました。
良いことがいっぱいありました。
色々情報を教えてくださった皆様、ありがとうございました
ビザのことも、水タバコも、(インフレの)お札を入れるポーチを持っていけというアドバイスも、
とても有益なお話でした。
年間日本人が500人しか渡航しないというベラルーシ、
(しかし私の周りには、黒田先生はじめベラルーシに行ったことのあるという日本人が7人もいる)
のどかで人間生活に専念できそうで、
私はとっても気に入りました。写真は11,000ベラルーシルーブル。
ジェトン(地下鉄の切符)を2つ買うのにこの騒ぎ。
---

13529231_10154912694979908_5844865168195925902_n

13528889_10154912113529908_4826033995106673963_n

coloro at 19:02|Permalink

ピアス

魔除け。
スカラベのピアス。陶器。
美術商をしている兄がアンティークのスカラベのピアスを届けてくれた(注文していた)。

ビルニュスのお店で入荷したそう。もとはビーズで、
誰かがその後加工してピアスに。(1960年代ソビエト?不明)
スカラベは古代エジプトの魔除け。
去年入手して、すぐ誰か買うかな、と思っていたら誰も買わなくて、捨てようかとおもっていたぐらいだそう(!)
ビルニュスでこれを仕入れて、日本にもってかえって、その後モスクワ、クリミア、ヤルタを経由して、サンクトペテルブルグまでわざわざ持ってきてくれた。

ターコイズ(またはその色)というのは
日本で安く出回っているのは、練りだったりとか、
ものによって黒み青みがかっていて、おそらく日本人の肌に合わせるのがかなり難しいのだと思われる。
でも私は凄く好き。

自由が丘デパートのペルシャじゅうたん屋で3万円のペルシャ産のターコイズのイアリングを買ったときは悩みに悩んだ。数か月間、私は何度もペルシャじゅうたん屋に通った。
写真は兄のサイトから。少し欠けているのだけれど、衝撃的にカワイイ。
裏にも幾何学模様が彫ってある。

scarabe



coloro at 05:00|Permalink

2016年06月24日

この配置

マリンスキー劇場HPより引用

ИСПОЛНИТЕЛИ:
Солист – Даниил Харитонов (фортепиано)
Будапештский фестивальный оркестр
Дирижер – Иван Фишер

В ПРОГРАММЕ:
Игорь Стравинский
Музыка балета ≪Игра в карты≫

Ференц Лист
Концерт для фортепиано с оркестром 1 ми-бемоль мажор

Антонин Дворжак
Симфония 8 соль мажор, соч. 88


13394094_10154864118464908_8587057861360716809_n

coloro at 05:00|Permalink

2016年06月23日

ヌケガケ

O兄はそれ売り切れだよ、と教えてくれて、
彼は仕事に行ったのだけれど
彼とバイバイしたあと私は
ダメ元でカッサに寄ったら
当日券が入手できた
しかも一列目で見られた
演奏は無の境地、
神憑り、あるいは憑依のように見えた

13346336_10154865038959908_8134173532210994113_o

coloro at 05:00|Permalink

2016年06月21日

小料理屋

昼は女子大学生がウチに遊びにくる。
「食べたいものある?」
「はるかさんの得意料理が食べたいです!笑」

夜も小料理屋。
私の周りに居る男友達たちはやっぱり相当優秀な男性脳だとおもう
(嫌味じゃなく)。OL時代の周りと大違いなので、自分もほどいて委ねる練習をもう少しする。力仕事させたり。笑

「エプロン(の柄)、可愛い?」
「かわいいとか可愛くないとか、わからない。」←男の人は世界を立体的に認知しているので平面がわからないらしい(黒川伊保子)

「おいしかった?」
「おいしかった!」

「これおいしい。だしがすき。」
はじめて褒めてもらえた・・・!

大根を輪切り、面取りする
→水から煮る。透明っぽくなるまで
→出汁と醤油と日本酒(みりん)で煮る
→おでんの大根の色になったら火からおろして一晩寝かせる◎

土曜日の小料理屋ハルカは送別会だったので特に目新しい話はなかったのだけれど
その準備段階の、昼間遊びに来ていたマ嬢と会の準備をするためはやめに来てくれたO兄の、
初対面同士の会話はものすごく勉強になった。
だからやっぱりウチでやって、良かった。
ミールの幹事をやっているみたいに、たぶん一番得しているのは私だと思う♡

O:「帰国したらどうするの?」
マ:「コロッケ食べます!」
O:「(自分にとって私は)いもうみたいなもんだね」
マ:「私もハルカさんの妹なんです」
O:「あ、じゃあ兄弟だ」笑

13432312_10154888527304908_6663440735986898299_n

coloro at 05:00|Permalink

2016年06月20日

お客さまがくるよ、 と言ったら咲いた

お客さまがくるよ、
と言ったら咲いた

13528889_10154912113529908_4826033995106673963_n

---


土曜日の小料理屋ハルカは送別会?だったので特に目新しい話はなかったのだけれど
その準備段階のマホ嬢とO兄の、初対面同士の会話はものすごく勉強になった。
だからやっぱりウチでやって、良かった。ミールの幹事をやっているみたいに、たぶん一番得しているのは私だと思う♡
「帰国したらどうするの?」
「コロッケ食べます!」
O:「(自分にとって私は)いもうみたいなもんだね」
まほ:「私もハルカさんの妹なんです」
O:「あ、じゃあ兄弟だ」

----

19日
土曜日の小料理屋ハルカは送別会?だったので特に目新しい話はなかったのだけれど
その準備段階のマホ嬢とO兄の、初対面同士の会話はものすごく勉強になった。
だからやっぱりウチでやって、良かった。ミールの幹事をやっているみたいに、たぶん一番得しているのは私だと思う♡
「帰国したらどうするの?」
「コロッケ食べます!」
O:「(自分にとって私は)いもうみたいなもんだね」
まほ:「私もハルカさんの妹なんです」
O:「あ、じゃあ兄弟だ」

17日
小料理屋ハルカ(つづき):
「食べたいものある?」
「はるかさんの得意料理が食べたいです!笑」
なんてカワイイんだ・・・。

---

13日
kent naganoさんの指揮。オーラが凄い。動画だけでバクバクするのはボレロだからだけではないはず。

coloro at 19:06|Permalink

恩師

多喜子先生が夢に出てきてアドバイスくださった\(^o^)/
丁寧にやれば、できますって。



coloro at 05:00|Permalink

2016年06月19日

お茶

さいきん、3人のひととお茶をのんだ。
じぶんが学生時代に考えていたこと、
OL時代に考えていたこと、
最近考えていること、
なぜロシア語なのか、
なぜロシアなのか、
はじめてひとりでウズベキスタンに飛んだ日の衝撃、
飛行機に乗ったら、日付が生格で、
温度が複数生格で、感激したこと
暑くて眠れなかった8月のブハラ行きの夜行列車
ブハラのカラーン・モスクがどんなに美しくて、
私のどういうことがかなしくて、どういうことが嬉しくて、
なにを立方体の中にとじこめて、
「相手の可能性を狭めてしまうのが苦しかった」時代、
ほかの誰にも言わないけれど私にはぶつける暴言、
誰にも言わなかった真夜中のデート、
悪気がない人ほど「なんでロシア語なんかやってるの」ときくこと、
相続のこと、
祖父母のこと、
葬式の事、
誰にも言わずにミールに走った仕事後、
ミールに時間までに行くために相模原直帰にして代々木に戻っていた時代(でも予習が追いつかなくていけなかった)
変な上司のパワハラな言葉、
巫女のこと、
手に職のこと、
鈴木先生のこと、
学生時代にいただいたとみぃ先生の言葉、
二十歳の頃のこと、
断片的にそれぞれ話をしたことはあるけれど、
短い期間にいっぺんにきいてもらったのははじめてで、
だいたい、そういう話をした。
賢くて美しい人たちだった。
今日は、報道によると「世界でもっともすばらしいとされるオーケストラのひとつ」をきいた。アンコールはオケの団員による声楽だった。
なんだかとても透明で、澄み切っていて、わたしはワクワクした。隣の人はいびきをかいて、寝ていた。

coloro at 05:00|Permalink