2016年07月

2016年07月31日

ウズベク

空港からタクシーに乗る。
待ち合わせの電話(タクシーの予約アプリ経由で運転手から電話がかかってくる)が何を言っているのかさっぱり聞き取れない。
この二週間ロシア語をさぼったツケか。
「○▼※△☆▲※◎★●・・・・・・・・・!?」
「だーだーだー」
(たぶんロングスカートの女の子かとか黒髪かとか交差点にいるかとかそういう感じのことを聞かれているだろうので適当に答える、全くわからない場合は聞き取るより自分の事をちゃんと伝える)
乗ると丸い人がすわっている。
LINEのような通話アプリで聞き覚えのある言葉でしゃべりだす。でも何語かわからない。
「コドモは何人だ?」
「いない」
「妊婦か」
「ちがう」
「じゃあ煙草を吸ってもいいか」
「どうぞどうぞ」
この記憶にある流れ。
何語をしゃべってたの?
ときいたら
「ウズベク語」とこたえた。
ああ、やっぱり!
(ウズベク人は2言目にはすぐコドモが何人いるか聞く)

coloro at 05:00|Permalink海外生活 

2016年07月30日

時差ぼけ

расстройство от разницы во времени.時差ぼけ。
ロシアは意外と遠い。
そしてスキマが多くて、そらが広くて、ほっとする。
完璧ではないロシア語話者もそれはそれで存在が許されるからだろうか。
東京と、東京の人はすでに恋しい。

coloro at 05:00|Permalink海外生活 

2016年07月29日

日記

案件自体はやったことがあるのでおそらくそんなに難しくなく
そのサイトで提示している「平均価格」というやつに
値下げしようかとも一瞬迷ったのだけれど(人を一日拘束するのになぜこんなに安いのかわからない)、
お客様は丁寧な方ではあったが会ったこともない人だし、
内容も確定していない。
これまでの経験上前日とか2,3日前に突然無理を言ってくるお客様も多い。
東京で今月、同級生や先輩や後輩や友達や恩師やいろんな人たちと撮った写真を眺めて
そして皆私のために貴重な時間をたたき出してくださり、
私にお茶とかお菓子とかご飯とかお花とかお酒とかコンサートとかお花買ってくれたりとか、
沢山たくさんごちそうしてくださって、
私がキャーって喜ぶのを楽しそうに眺めてくださり、
そういうのを思い出すと、
あ、やっぱりだめだ。
と思った。
たぶん値下げしたら
これまでのお客様との平等性もガタガタになるし
なにより私が結果的に嫌な思いをするので、
東京で会った人達、みんな、私が嫌な思いすること、望んでないはず。


---

ハイシーズンの見積依頼をぽこぽこいただくのだけれど
それで良いとおっしゃる方もいれば
高いがなんとかならないか
とおっしゃる方もいて
なんて説明しよう
いや、価格破壊するくらいならいいや。
営業時代、相続頼んだとき、植木屋さん頼んだとき、先輩がたやみなさんなんて説明してたかな、という記憶をたどる
自分がもし男だったら相当口下手で無骨くなるんだろうなあ。
1日なら五万円を目指してください。と先日N谷さんもS田先生も編集長もおっしゃってたし
実が伴わない
うーん
「エッセイスト、ってどうやって、なればいいの?」(K田先生)←笑


---

.淇澄覆箸修遼穣な人間関係)のご加護により、一寸昼寝している間にすっかりさっぱり私がやりやすい仕事内容になった。うわーい。さて、もう一度寝よっと。
⊃佑貌辰飽娶を聞かなくても自分の勘が一番正しい。
と思うことが最近なんどもあった。
体調的に今週は悩んだらすぐ寝る・思ったことは出来るだけ早く言う(いつもかなり遅いので最近早くなった)ことにしているので睡眠時間がたっぷり。

---

〆Fは懐かしい人たちから不思議に何人か連絡があった。
20日ほど海に出張していた人は神憑りのコメントだった。わたしがおしえたロシア語単語は通じたそうな。よかった。
私も濁ったら海か山に行こうと思う。船の机に鉛筆立てがデフォルトであるのは、船が揺れるからだそうだ。つくったひと天才。
▲Ε坤戰スタンの友は先々週電車で倒れたらしくて、いまやっと小康状態。初めて国際通話をした、と。すごいねえノマドアンテナがピンピンしてるねえ。僕も旅行するなら、絶対旅行会社じゃなくて個人にたのむね。最初ってそんなもんじゃん?
こちらでは徹底して変な日本人、つまり会社勤めというバックもないフリーの人としかつきあっていないので(サバイバル力も情報を私に回してくれるその量も姿勢も断然違う)、それが当然だと思っていたのだけれど、技術者でいろんな学歴と年齢層の人を束ねている彼にはちょっとのあいだにいろんなヒントをもらった。話題は相模原と情報操作。トルコのクーデターは東京の報道ではあっという間に過去となった。藤沢の窓は米軍の飛行機の防音で厚くて、電波が届かないらしい。相模原はたしかに悲しいしいたましい事件だとおもうけれど、自分はいつもテロとか爆発の記事を読んでいるのでこれが世界の終わり、昭和以来の大惨事、みたいな報道のされ方をして各誌がこれしか扱っていない理由が自分にはよくわからない。
A或Δ里じさんはこんなことをいった「イロっぽいんだから口説かれるのは当たり前でしょ!堂々としなさい!」彼は2010年ごろのぐっちゃぐちゃだったOL時代を唯一応援していてくれていた物好きな人である・・。そうね白くて黒髪で丸いもの・・。髪の黒さだけは自信がある。
きのう店でイラン産のズッキーニを買っておもったけれどあのマンモスの牙の彫刻の店のイラン人アリくんは元気だろうか。
しな仕事は向こうから断ってきてくれた。助かる。マ神とその一族(それをめぐる豊穣な人間関係)のご加護としか思えない。

---

自分のなかのロシア時間より、
日本人のお客さまの求める時間の速さが5倍位速くて、びっくりする。
さんぽしたり、風景をみたり、近郊列車に乗ったり、メトロのモザイクをみたり、30時間かかる寝台列車に乗ったり、買えるか買えないかわからないチケット売り場に並んでみたり、そういうの全部無駄かもしれないけれど、
ロシアのたんぽぽを眺めたり、美しい宮殿に囲まれてシロツメクサの上をはだしで歩いたり、電線のない空のしたを散歩するのがどれだけ美しいか、
大手旅行会社のパッケージツアーじゃ絶対教えてくれない喜びというのが、伝わらなくて。
でもそういうのが判る人だけ、
わたしのところに来るんだろうなあ・・・。
誰かお友達がロシアとかサマルカンドとか、旧ソ連に来てくれないかしら。空港待ち合わせで地図を読んでくれたら、わたしはどこでもロシア語しゃべるのに。

---

ゆっくりのんびりまわりたい、とおっしゃったので
литургия典礼 がисаакиевский соборだと9時と16時から、
カザン聖堂だと10時から。
お客さんは9時45分にいらっしゃる。さて、どっちからはじめよう・・・。と思っていたら、
ペテルゴフの大噴水と大宮殿を見たいとおっしゃった。
時間的に無理よそれ。とナタで切ってしまった。わーん。

---
26日

昨日バスの話を読んでおもったこと。過疎地のバスで5000円札しかなくて運転手に怒鳴られたという話。
ロシアに慣れ過ぎたからかもしれないけれど、
日本のあらゆるすべてのサービスを笑顔とか親切とかでなければならない必要性をもはや感じない。淡々と遂行してもらえれば120%のバンザイで、ついでに相手のスマイルまでついたら150%のバンザイである。
いや、親切にしてもらえたら嬉しいけれど、親切にされなかったら悲しいけれど、
モスクワの空港で美女にぼんっ!と水のペットボトル投げられたり、トイレのチップのおつりとか投げられたりしてびっくりするけど、
意味不明に店員に怒鳴られたら悲しいけれど、
そういう変な人はサービス業にかかわらず一定数いるわけで、
店員でも客でもない無関係の第三者まで一緒になって、「サービスは向上させるべき!」「親切であるべき!」「客の言うことに黙ってしたがえ」とSNSとかブロガーにキャンキャン叫んで非難するのはなんか違う気がする。
「あなたがいないと町が機能しない」仕事だってある。「正義は仕事をしているあなたにしかわからない」ことだってある。怒鳴ることが結局お客さんを平等に扱う、という妙な結果になってることもある。
ちょっとぐらい客にどなってもいいじゃないか。それでお客がいなくなったら自己責任だけど、でも必要な人はついてくるよ。

---

どうも調子が悪くてずっと寝てたのだけれど、
尊敬してやまない0.1トン空佐からこんなおたよりをいただいていた。なんでこんなにかっこいいんだろう。
「ロシア人はこちらから信じていけば決して裏切る人たちではないし(裏切った場合の執念は怖い)、ロシア人との(公式な外交に大いに影響する)人間関係を1対1で築けるのは自分がいた部署だけである。そういう意味でとてもやりがいがあったし、できなかったことも沢山ある(モスクワ時代)」
彼は授業後にしょっちゅう先生と私たち小娘を飲みに連れだしてくださり、ミールの中で私がこうして人間関係を築くきっかけを作ってくださった方。
もう5年以上ぶりだったけれどこの方の隣に座ってモスクワ時代の話をうかがえただけでも多喜子先生との食事会を企画した価値がある。
ことミールに関してはいつも(どう考えても)幹事の私が一番得をするのだけれど、おそらくこれは恩師の先生方のつくった豊穣なのだろう


---

エカテリーナ宮殿ツアーの見積依頼をいただいた。
正直そんな郊外!?と思うのだけれど(宮殿内の解説が出来ない)、
でもなんとかなるだろうから話来たんだろうなあ。。
「それはあなたにしかできないことで、人にできないことはやったほうがいい!!」うわーん。・゚・(ノД`)・゚・。

---
25日

ロシアに慣れ過ぎて、
日本のあらゆるすべてのサービスとか笑顔とか親切とかでなければならない必要性をもはや感じない。
いや、親切にしてもらえたら嬉しいけれど、親切にされなかったら悲しいけれど、
モスクワの空港で美女にぼんっ!と水のペットボトル投げられたり、トイレのチップのおつりとか投げられたりしてびっくりするけど、
店員に怒鳴られたら悲しいけれど、
そういう変な人はサービス業にかかわらず一定数いるわけで、
無関係の第三者が「サービスは向上させるべき!」「親切であるべき!」「客の言うことに黙ってしたがえ」とキャンキャン叫んで非難するのはなんか違う気がする。
あなたがいないと町が機能しない仕事だってある。
ちょっとぐらい客にどなってもいいじゃないか。それでお客がいなくなったら自己責任。でも必要な人はついてくるよ。

---

ダブリンのメリリン・ダイエット・スクールの指導にしたがい
この数日夕飯減らして今日は市内を8キロうろうろして草刈民代さんとストレッチしてたら太もものむくみがとれてきた。(ほー。)
というか父以外にも「やせたほうがいい。」
と言われたので結構切実。
(そして言われた相手が素直にソウネ、とおもわせる相手だったからなおさら)
タロットも習いたいしロシア語ももっと必要だけれど料理を習うのが最優先事項な気がする今日このごろ。

ファサードってなんだ
私も師匠にタロット習いたい(もう稼げてる)

---
フランスでいう建物の正面の事です。
カードで例えるなら直感で醸し出された見出しの映像のようなもの(さとしさん)

---
25日
下見。литургияとは典礼という意味らしい
典礼ってなんだ

---
24日
美女ピアニストのももかさんを待つ。
改札に近すぎて待っててはももかさんに失礼なのではないかという謎の議論を交わし、
ももかさんは行方不明なので(ロシア風美女は遅刻するようにできている)
暇すぎて写真を撮る。
なぜかカメラ目線になる前にシャッターを押す兄。
顔の産毛を剃ってもらったら髪が真っ黒になって驚愕。

---

 
今日はあさ六時ごろから予習して(かわいいパソ子がいないとなにもできない)、
サーシャに会って、
開口一番,вы не против, если мы будем на ты!!??と口走り、(笑われた)文学カフェに一緒に行って、
ボートの乗り場をチェックして、
そして市内をエルミタージュからぐるっとミハイロフスキー庭園まで約11キロ(笑)散歩し、
途中芝生を素足で歩き、
まるでプリティウーマン状態。
たいそうロシア人な一日だった。彼女はクールなので写真を一緒に(私が言わない限り)撮ってくれない。

FBというのは不特定多数の投稿を見ると孤独感を増すツールなので限られた人しか見れないし出せない。
全く関係ないけど二十億光年の孤独(谷川俊太郎)のうたをきいた。

自分はどうもズレた人間なのか、
思ったことをすぐ言ってしまうからか、
あるいはずれたことを承知の上で突き進んでいるからか、
それとも周りも私と同様勘の強い人間ばかりで理論より勘が先走っているからか、
自分がギフトだとか良いことがあった(あるいはそんなに大したことではない)
とおもっていることを同年代に話すと、
同年代は彼らなりの正義に当てはめて変に曲解されることが多々ある。
こちらは近況報告のつもりで話しているし、
最近こういう良いことがあった、こういう人に会った、
こういうことがあった、
自分はこれをギフトだと思っている、
というそれ以上でもそれ以下でもない情報を出しているので、単純に話を聞くか、
一緒に喜んでくれればそれでいいのだけれど。
話は聞きたいようにしか聞こえないらしく、
全体像ではなく一部だけ注視し、
そして同年代はどうも正義感に燃えている。
正義だけじゃ生きていけないし、
それは申し訳ないけれど往々にして御節介だと感じるので話すんじゃなかった、と思うことも。
これは、もう少し頭のおかしい人とつきあった方がいい、ということか…!?
いちばん大事なのは本人(わたし)が幸せでいることなのに。
迷ったら15歳以上年の離れた人のアドバイスに従った方が良いということがよくわかった。だいじなことはだいじなひとにだけ、話そう。
たとえるならこんな感じ、
蚊に刺された二の腕を見つめたら、
「大丈夫?痒くない?」とじいいいっと『不幸のはじまり』のように私の二の腕を見つめる彼女。
残念ながら私はモスクワに行くつもりで家をでて、
ウファまでふらっと行っちゃうような女なので
(あるいは京都に行くつもりで新幹線に乗って、気がついたら博多に居る)、
刺されたのが蠍やダニではなく蚊で良かった、
氷水で冷やそうか、
と思っているくらいなのに。
お風呂でお湯が出るならウワーッとかキャーッとかバンザイをしてしまうような。
なにはともあれ、
蚊は、
不幸の範疇ではない。
「はるかちゃんはね、良い女だけど、世の中は白と黒だけじゃなくてグレーもあるからさ、言葉を尽くしてぜんぶ説明しようとしちゃ、ダメだよ。」 (7/13 夏野菜をたべながら。)
ああ、随分強い味方がいたもんだ。

---
13614915_10154999981534908_8045847636746953744_n
Ходили 11 км.
サーシャと11キロ歩いた。

---

...кстати,вы не против, если мы будем на ты!!??
....конечно, так будет даже лучше, мы ведь уже хорошо знакомы, правда??
(貝澤先生のテキストから予習)

---
24日

私はその縁をギフトだと思っていて
彼は実際私をとても大事に扱ってくれた
その時の話を女友達にしたら
彼はなんて優しい人なんだ、と言った
技術的なものは時間をかければなんとかなると思う
思った事を素直に伝える。
声が聴きたい、会いたい、を素直に伝える。

---
24日


わたわたしているのであまり入っていないのだけれど、
ログインするとすぐきてくれるリピーター様、
しかもこちらが仕事しやすい方(てきぱき質問してくれる、チップも含めてくれるetc)しか来ない。
なんでわかるんだろう。ありがたや。


立場上ガールズトークや占いで
「じぶんが好きな人の話(愚痴)」を聞くのが多いけれど、
どうしてそんなに好きな人の悪口言うんだろう。
「◎◎してくれない」「〇〇がダメだ」、云々。
せめて相手になにか感謝の言葉を口にしたり、
愛をそそいいだり、
あるいは相手の愛情を素直に受け取るだけでもいい。
そういうのしてればちょっとかわるかもしれないのに。
元々の人間関係ができてれば第三者に
自分の親しい人の悪口を話すのがいやらしいことだってわかると思うのだけれど(彼女たちは美容院で必ず女性誌を読む生き物なのだろうか)。
私の好きな人はこんなところがすごいの!ステキなの!っていう惚気を、だれかたまには聞かせてほしい。これは豊穣な関係を築きたいならば、相手(わたし)にお金を払ってでも話す価値がある。
「美味しいごはんを食べさせてくれた人のことは忘れないものです。。」(ダブリンのメリリン)


何も語らないわけにもいかないけれどそんなに語る必要もない。
ほどよく語って「ああそうなんだ〜」とおもわせればいいのよ、とみほ姉はあっさりいうけれど、それが一番難しい(仕事の話)
そういうわけでイコンとかマタイとかに妙に詳しくなってゆく。。
いや語れるならそれはそれでいいのだ。がんばろっと。


13715964_10154998299004908_53345780872494355_n

24日

脱走防止
13770351_10154998222279908_7624919209600086956_n

---
24日

占いやガールズトークで、女の子たちから「好きな人の話」をたくさん聞くのだけれど
思うのがそんなに
相手の悪口を第三者に言わなくても、思う。
それをそこまで言っちゃって、
それってほんとうに好きな人?
そもそも人としての信頼関係ができていれば
占いとか第三者にべらべらしゃべらなくても、わりと大丈夫なはずだとおもうのだけれど・・。

---


coloro at 17:15|Permalink海外生活 

褒める。

最近の私はよく褒める。
美女に会えば(自信を持っていうが私の周りは美女しかいない)
きょうも可愛いねえ、笑顔が良いね、帽子がいいね、オフショルダーが、美女と会うとテンション上がるね、マニキュアが、果てはペディキュアが、、、云々。
ほんとうに思ったことしか言わない。
男女問わず私から反応がない場合はその分野について全くの初心であるか(スリーピースとか、和装とか)、突然至近距離50センチに来られて全体像を見る暇を与えられなかった場合だから気を悪くしないでほしい。
それで、だいたいこの言葉で反応は3つにわかれる。

1.「もう、いつもいつも、ありがとうございます!!!」
「今日は一年分のカワイイを言ってもらえました♡」

2.「はるかさんも可愛いですよ」

3.「何言ってるんですか!!そんなことないですよ!!!!」

一番会ってて楽しい時間と思うのが「1」の反応を示す人。
「2」については、無理に同じ「ことば」という分野で私をほめてくれなくても、私が与えたものにたいして別の形で返してくれる。電車の時間を調べてくれたり、お昼ご飯を半分(!)タダでわけてくれたり。
それで、最近不思議なのが、
この「3」バージョンが自分の周りから淘汰されてきた。ということ。
無駄に自分を卑下する人とはつきあわなくなったのか。
他人が言う以上、彼女はそこそこカワイイ。
最近のメディアの流行りに関わらず、可愛いものはかわいい。
私は思ったことしか言わないし、むしろ気を使うような相手だったら(G社を辞めた以上、今後の人生で気を使うのは家の法事だけで十分)、
じぶんの貴重な時間を割いて会おうとおもわない。
そういう人から会いたい、と言われてもうまい具合にタイミングが合わないか、実際アポの日程は送られてこない。つきすすむとなんだかうまくしあがっている。

coloro at 05:00|Permalink海外生活 

2016年07月28日

先ほどエルミタージュにてエジプトのミイラ棺桶室に紛れ込み

\茲曚疋┘襯潺拭璽献紊砲謄┘献廛箸離潺ぅ藉讐骸爾吠兇豺み
何かを感じた(鬼太郎のアンテナみたい)
棺桶とともに笑顔で写真を撮る人たちw
⇒十を放り出して
フラりと白鳥の湖を見に行く。明日がシーズンの千秋楽。
今日のスペクタクルを今日買えば50%オフ(学生なら)とわざわざ申し出てくださるカッサのおばちゃんの仕事っぷりにカンゲキして色々差し迫っているのについつい買ってしまう。
顔を覚えてくださっているのかしら。
ミンスク、テミルカーノフさんのおててモフモフ事件、
東京のさまざまな出会い、、、と色々あって
史上最高に女部分の脳が感じている自分を発見する
クライマックスでもないシーンで既にボロボロ泣きそう。
しかしアントラクト(幕間)で差し迫った仕事のメールをしてしまい
二幕三幕と脳が東京OL時代みたいに全開になってしまった。
アントラクトで携帯をみてはいけない・・。

来客はチョコレートをお持ちくださるらしい
「くれぐれもお気遣いなく手ぶらでいらしてください」
なんてできたことは言わず
「ありがとうござます!!チョコだいすきです!」って答える自分。
とある人との関係を最近リーディングしたところによると
表面的には私がその人を立てているのかもしれないけれど
じっさいのところ、
その人はまるで騎士で、
私をお姫様のように扱ってくださり(しかし表面上は毒舌だからそうは当人同士も気づいていない)、
色んなものを惜しみなく与えてくださっていて、
受け取るよろこびというか、
おかげでだいぶ柔軟にいろんなことを享受できるようになった。
ドアをあけてもらってお姫様のようにとおったり
道をゆずってもらってお姫様のようにとおったり
その他諸々。
(しかし思い返してみると毒舌かどうかはともかくそういう方はわたしのまわりにいっぱいいる気がする)
チョコのおかえしにはグルジアのチュルチヘラを買っておこうか。

coloro at 10:18|Permalink海外生活 

エルミタージュに一時間

入ったら出られないエルミタージュに一時間しかいられないだなんてどんだけ鬼なんだ
945 待ち合わせ イサーク聖堂の典礼見学(スカーフ持参)
タクシー ミニバン
1030 ー1130 要塞、刑務所
タクシー(モスクワ駅もみる?) ミニバン
12-13 昼食 グルジア料理かペリメニか、スタローバヤ
徒歩
13-14 血の上、カザン聖堂
徒歩800メートルか バス で1つ分
1430-1600 エルミタージュ
徒歩でイサーク聖堂へ
1645 バスに
1800 レギストラーツィア終了

coloro at 10:07|Permalinkロシア語 | 海外生活

バレエ。




もう少し痩せたら。
といわれたのだけれど、
ああ、そうね。と素直に思わせる相手はすごいとおもう。


coloro at 05:00|Permalink海外生活 

2016年07月27日

ワゴン車

大雨が降った。
楽器のオーディションが終わるのを待っていたら、
先生が車に乗せてくれた
昔はコントラバスとチェンバロがはいる、大きなワゴン車だったのだけれど、
いまはコントラバスが一台やっとはいる、小さな軽に変わっていた。
運転をはじめるまえに、先生はご自宅の奥様に、電話をした。
電話は誰もでなかったようだ。

ぼくの奥さんがね、半身うごかなくて、
だからぼくは一人で何役もこなさなきゃならないわけ。

実家が近いので、学生時代、先生にはよく車に乗せていただいた。
わたしはいつも助手席に座らせてもらって、
車高のたかいワゴン車からのながめ、
低い声の先生の話はとてもおもしろくて、
家の前につくと、制服のスカートをすべらせて、
助手席からすべりおりる。
その雨の日は先生の楽器のお弟子さんが一緒だったので、
私は後ろの席に座って
若いお弟子さんには助手席に座ってもらった。
大雨が降った。
車が綺麗になるねえ。
と先生は昔通りの低い声で、昔通りの冗談をいった。

coloro at 05:00|Permalink海外生活 

2016年07月26日

鰯が食べたい、ああ鰯が食べたい、と思っていたら明日来客がいらして下さることになったので料理長権限(わたし)で自動的にメニューは鰯に決定した。ああどうしよう刺身にしようかしら!生姜で煮ようかしら!

coloro at 05:00|Permalink

2016年07月25日

S田先生。

諸事情で連絡できなかった方たくさんいたのだけれど、
本日とある方に昼に急遽お目にかかることができた。
ショートパンツとポロシャツで現れ、私たちは喫茶店でグラタンを食べて、その方は仕事の電話を掛けたりコーヒーを飲んだり、巨大なアイフォンをいじったり、していた。私はそれをみながらにやにやして、エビのグラタンを食べた。恋愛相談と日当の話をした。最後にレジで「さっ」と私の分まで出してくれておっしゃた、
「○○さん(わたしの身内)によろしくお伝えください。また気が向いたとき連絡ください」ああ、このひと恩を忘れない方なんだ。やっぱりファンだなあ。

coloro at 05:00|Permalink日記 

2016年07月24日

準備

仕事の準備
明日サーシャにあうのだけどいまだにвы なのがいい加減変に思えてきた。на тыでいいか聞いてみよう。。。

13731716_10154995963264908_2239612775506828732_n

13775940_10154995963269908_5532227107010286194_n

---

22日

расстройство от разницы во времени.時差ぼけ。
ロシアは意外と遠い。
そしてスキマが多くて、そらが広くて、ほっとする。
完璧ではないロシア語話者もそれはそれで存在が許されるからだろうか。
東京と、東京の人はすでに恋しい。

---

метро адмиралтейская
Мозаичное панно ≪Основание Адмиралтейства≫
Глубина заложения, м: 86 ←もっとあるとおもってた

13731674_10154992587419908_1434913355432509731_n

---

空港からタクシーに乗る。
待ち合わせの電話(タクシーの予約アプリ経由で運転手から電話がかかってくる)が何を言っているのかさっぱり聞き取れない。
この二週間ロシア語をさぼったツケか。
「○▼※△☆▲※◎★●・・・・・・・・・!?」
「だーだーだー」
(たぶんロングスカートの女の子かとか黒髪かとか交差点にいるかとかそういう感じのことを聞かれているだろうので適当に答える、全くわからない場合は聞き取るより自分の事をちゃんと伝える)
乗ると丸い人がすわっている。
LINEのような通話アプリで聞き覚えのある言葉でしゃべりだす。でも何語かわからない。
「コドモは何人だ?」
「いない」
「妊婦か」
「ちがう」
「じゃあ煙草を吸ってもいいか」
「どうぞどうぞ」
この記憶にある流れ。
何語をしゃべってたの?
ときいたら
「ウズベク語」とこたえた。
ああ、やっぱり!
(ウズベク人は2言目にはすぐコドモが何人いるか聞く)

---

回し者ではないですが 
すき家のレジで売ってる東ティモールのコーヒー、波動がよくて美味しい。50円。
これ人にあげようと思って持ち歩いていたのにあげるのを忘れたのでロシアに大量にもってきちゃった。


---

21日

なんだか妙に運がいい。
謎の割引をしてもらったり
かかわるひと、みなに、「上客」扱いされたり
乗り換えの電車はガラガラだったり
タクシーがすぐきたり、
指定されたゲートにサンクト行きの飛行機がいなかったので、そのへんのお兄さんに聞いたらわざわざ一緒に上の階まで連れて行ってくれて、電光掲示板を教えてくれたり(私のロシア語がそんなにひどかったのだろうか)、
特別食たのまなかったけれど、機内食ははじめから肉無しだったり
飛行機では周りツアー客でみんな日本人だったのになぜか私だけロシア語ではなしかけられる。「サンドイッチはチーズとチキンどっち!?」チーズ!

---



coloro at 23:31|Permalink海外生活 | ロシア語

ギフト

私はその縁をギフトだと思っていて
彼は実際私をとても大事に扱ってくれた
その時の話を女友達にしたら
彼はなんて優しい人なんだ、と言った
技術的なものは時間をかければなんとかなると思う
思った事を素直に伝える。
声が聴きたい、会いたい、を素直に伝える。

coloro at 10:20|Permalink

些末なこと

些末なことなのだけれど
細々とやることがあって、そしてそれはのこり3日の出国までに済ませたいものであるので
たとえばお礼状を書いたり、
タキコ先生に写真を印刷して送ったり、
郵便ポストに寄ったり(きのう、この2週間ではじめてポストを認識した)、
いつもたくさんの情報をくれる友達からの質問に答えたり、
占いを教えた友達に仕事を紹介したり、
プロデューサーK氏に電話をかけたり、
OL時代の友人とのお好み焼きは、断って帰ってきた。
恩師と、友達と、同窓生に、たくさん会った。
あるひとはお昼休みの貴重な45分をわたしのためにさいて下さり
またある先輩は私のために日中の仕事を抜けてきてくれた。
あるひとは私のために上司と交渉して、東京に一泊経由できるように出張予定を組んでくれて、翌日帯広に飛んだ。
あるひとはわたしのために花束をもってきてくださり、
またある恩師は私にみなとみらいの音楽会にご招待くださった。
ある恩師は駅まで迎えに来てくれて、その街一番のモンブランをごちそうくださった。
ある恩師は豊後水道の関さばをごちそうしてくださった。
ある先輩は翻訳書を無料でおくってくださり、貴重な指示をくださった。
この2週間でたくさんのひとが、沢山の親切をくださった。
当時は気づかなかったのだけれど、わたしはちいさいころから、
どんだけいい男(女)に囲まれて生きていたのだろう、と。
とあるひととホームに降りると、
電車がわたしたちのためにすべりこんできた。自分も運が上がるとそういうときがあるけれど、たぶんそういうひとなのだろう。
素直に接すると素直にこたえ、わたしがなにかすると細やかな親切で返してくれ、わたしに迷いがでると迷うひとだった。
過日とあるひとと待ち合わせして思ったのは、終電まで待ってもかまわないので、私が待とうと思うひとには、かなうかぎりいい仕事をしてほしいと思う。

coloro at 05:00|Permalink

2016年07月23日

仕事の紹介

昨年とあるひとに遠隔でとある技術をおしえた。
土曜にあったとき
簡単にその技術を確認して(既に彼女は自分のちからで泳いでいた)
ああこれなら大丈夫、と
仕事の話したら、
即答で
やる!!!!!
という返事だったので
プロデューサーに電話して
電話番号私まちがってて
さっきやっとつながった
ああ、よかった。
やっぱり素直でないとここまでこれない。
なんでこんなに嬉しいんだろ。

coloro at 05:00|Permalink

2016年07月22日

切手

1 恩師たきこ先生に写真をプリントしておくる。
あとお世話になった方何人かにハガキを書く。
実家の大量の切手コレクションに2円切手がないので80円か90円か100円を組み合わせて貼る。
この子は郵便の値段すら知らないのかと心配されないか心配。

2 占いは真実ではない
自分の目で見て自分で触って自分がどうおもうかがいちばんだいじ。相手は自分の鏡。

3 時間ができたので庭を眺めてすごした。満月でぐらぐらする、、

coloro at 05:00|Permalink

2016年07月21日

小料理屋ハルカ。

小料理屋ハルカ。
時間ができたので、昼間はぼんやりと祖父母宅の庭を眺めてすごしたり(私的にこれが一番贅沢)、お茶を飲んだり、ドーナツ食べたり(父に痩せろと言われた)、恩師に手紙を書いたり、満月でぐらぐらしたりして、すごした。
何人かお客様がきてくださった。
お客様には祖父の座っていた椅子にすわってもらい、
私はエプロンをして料理したり、おばあちゃんの席に座る。この形の台所はとてもべんり。
東京オリンピックの年にたてた家。
お客様がいらしてくださってはじめてそこそこ掃除をして(それでも物が多い)お茶のグラスをだせて、
そしてワインをもってきてくださってはじめて祖父母の形見の美しいワイングラスがつかえる。祖父母はまいとし4月1日の結婚記念日に、必ずワインをあけていた。ありがたや。

13690776_10154990377914908_4282560398463393502_n

13692749_10154990377909908_5109391268503746184_n

---

月末仕事があるのをすっかり放置していた。
(高く提示した分)期待をよせてくださるお客様。私のビザの都合できのうまで連絡を保留にしてくれても許してくださったお客さま。ありがたや。
ロシアにビザなしで入れるらしいのでそのへんも船会社に電話して一応聞く(でもこれ私マターじゃないな)。
2歳ならベビーカーいるよ、と教えてくださった恩師。
フリー(または士業)になりたいなら日当は3万から5万で設定しなさい、安く売るな。とS先生。
おかあさんによろしくお伝えください、
とマカロニグラタンをごちそうしてくださった。
慌てて準備して、連絡取って、電話をロシア語でかける。ロシア語むずかしい。おわったらマカロニグラタン(ロシアにあるのか?)がまたたべられるよう、がんばろっと。

---



coloro at 17:36|Permalink

入国

モスクワにはいれた

冷たくて巨大な町並みを空から眺めて、
ちょっとほっとする
ああ、もどってこれた。

2014年のモスクワいきで
ひどくひどく後悔してから、
飛行機の隣の人にはわりと話しかける。
どこからきてどこに行くのか、
なんでロシアなのか

変な女と思われるのだろうけど
座るときちゃんと挨拶しておくと
閉じた日本のビジネスマンも割と親切にしてくれる
トイレにも行きやすいし。

今日の人はずっと時代小説を読んでいらしたり、映画をみたりされていたので
降りる直前に仕事の話を聞いた。
鉄の交渉をしに、このあと600キロを車で行くらしい

棚のボストンバック、(私背が届かないので)とっていただけませんか?
はい、どうぞ。

coloro at 05:00|Permalink

2016年07月20日

モスクワ

モスクワへ。
春の嵐に快くまきこまれてくださったみなさま、
ありがとうございました。
東京は楽しくてうつくしかったけれど
モノでみちあふれていて、女の脳はどんどん全開になって、りくつっぽくなった。
言葉で語りつくさなくていいように、感じる脳を育ててこようっと。

coloro at 05:00|Permalink

2016年07月19日

19日

19日
実家の大量の切手コレクションに2円切手がないので80円か90円か100円を組み合わせて貼る。
多喜子先生にも送る。
この子は郵便の値段すら知らないのかと心配されないか心配。


coloro at 17:42|Permalinkミール 

チャイコフスキーって天才だと思う

13592284_10154929022779908_5827464299082098543_n

coloro at 05:00|Permalink海外生活