はてながみっつあふりかあふりか

2005年06月30日

たいへんたいへん

今日は珍しく二限に遅刻しないで学校に行って、
でも
授業中ずっと手紙を書いていた
ルーズリーフに4枚、
とりとめもなく
でもぎっしりと
おそらくあのときあの状態じゃなきゃかけない文章で
おそらく同じものは私にも二度とかけない
書きながら涙が出てきて
ただの思い出ばなしなのに
べつのはなしをかこうとおもう
ひょっとしてなにもかも先生はおみとおしだったか
ハンカチをあてたあたしはこれからどうしようか

パソコンでうちこむ文字と
下手でも書き続けた文字と
あああたしはやっぱり自分で書くほうがいい
つたわらなくてもいい
あたしが伝えたいと思っているということをうけとめてもらえるならば

渡すとしても便箋にもう一度おこすだろうから
これは私の手元に残るだろう

ルーズリーフに綴られた手紙は
さすがに女子高生っぽいので
渡せない
でもなんか
これをきれいな紙に書き写すことで
失われる何か、
がある気がする

消えて行ったなにかの存在と消えて行ったという事実に
気づいたのは私と、手紙を受け取るだろうあのひとと、
ひょっとして誰も気づかないかもしれないけれど

何かがふうっ、と姿を消して、
それでもちゃんと世界はまわる。

母国語じゃなきゃ、だめだった
母国語でも、だめだった
言語化したことで失われた何かがある
それを取り戻したいならば
沈黙を選ぶべきか
なにも言わないで
じっとそこにいる、
そんなあたしは
なにをつたえる?

おんがくも
絵も
劇も
ことばにも

完全はない
あたしはどうやって
つたえればいい?





coloro at 23:27│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
はてながみっつあふりかあふりか