即身仏。つつじ日和

2006年04月22日

酔う

自分で吐き気をもよおすほどに、
自己主張が苦手である
たぶん
どうでもいいところはかなり強引にできるんだけど。
まわりが幸せになっていなければこまる。
地中海から帰ってきて2週間しか経っていないのに
もうこのちっぽけな大都市で自分が潰れてしまいそうな錯覚に陥る
でもこれは錯覚ではない


人口増加かつそれに伴う産業が足りない場合
労働力はマフィア系かサービス系に流れる
ここでの労働力はサービス産業に充てられた
極度にシステム化していて情報化されていて
〆F:電気屋で買い物をした
「ポイントカード作りますか」「ぷらす500円で全損盗難の折りに2000円で新品と交換できます」「スイカとポイントカードとクレジットカードを一緒にするキャンペーンをおこなっております」
ゼンソンって何ですか、と聞いたら店員(見習い)もわかっていなかった
∈F:銀行に通帳を作りに行った
通帳と銀行のカードを作ってもらうだけでよかったのに
無料でカードをつくるには自動的にインターネットバンクとクレジットカードもつけなければなりません
カードはキティちゃんのデザインにいたしましょうか。
いやキティちゃんは要らないです
カードを挿入する向きによりキャッシング引き出しクレジット機能と三種類にわけられます。
顧客情報を売ってたニュース、どうなったんですか。
きいてまいりますね。
わかっていなかった。もちろん。
銀行のカードに「105円割引」とかかれていて、
あ、これ違うと思った。割引、ではない。
今日:先輩と焼肉屋に行った
「こちらのURLから携帯電話でアンケートに答えていただきますと、デザートを無料サービスいたします」
デート中に携帯をいじるカップル続出 そんな彼氏やだ
ずF:茄子の苗を買った
「ポイントカードございますか」「持ってない」「無料でおつくりしますが」「いや持ってるんだけど持ってこなかった」「次回レシートとカードをお持ちください」「お勘定は1260円です。足りません」「さっき君924円だと言ったじゃないか」「間違えました」
もちろん私の若さでイラついたのだから一緒に居た父親は限界だったのかもしれない

対象がわからないのだけれどものすごく苛々する。
しかもそれを吐き出すことができない。口を開けるならきいてくれるひとがいるのに
そういう自分がますますどうしようもなくて泣けてくる。
あたしは病気じゃない。
けれど病院はこういうあたしに病名を付けたがる。

根を張れる仕事を探している。

「お勘定お持ちしてよろしかったでしょうか」
と言われるたびに吐き気がする。
あたしおかしいのかな。
逃げなきゃ。でも逃げてどこへ行こう。

幹が足りないと思う。
もっと太いやつ。シンプルで素朴なやつ。
あたしはただ、安心したいだけなのに。

coloro at 22:41│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
即身仏。つつじ日和