ビルニュスお浸し

2015年12月27日

スープあれこれ

おばあちゃんに生前お浸しのつくりかたをきいたら
「なんでもまぜこぜなのよ〜」という趣旨の事を言っていたのだが(とはいいつつうちのおばあちゃんのお浸しは柑橘類とかちくわとかが黄金比率で入っていてとても容易にまねを出来るものではなかった)
今日母(おばあちゃんの娘)とスカイプをしていて野菜スープの作り方を聞いたら
「鶏肉とセロリの葉とあと野菜とかいろいろ〜ちょっと薄ければブイヨンも入れる」と
まあ要約すると同じように「要は色々」という趣旨の返事がかえってきた。
こちらで買うブイヨンはどの会社のを買ってもおんなじ味がするので飽き飽きしていて
ネットで調べて(バターもブイヨンも使わないスープ)
普段は絶対食べないセロリをわざわざ買ってきて
玉ねぎ、セロリ、ニンジン、塩コショウ、あと干しシイタケ
でそれっぽいものをつくった。
今更思ったのだがおいしいものをつくるって時間がかかる。
普通に会社勤めをしていてこの時間をかけて(化学調味料とか使わない)料理を毎日作って食べるってまあ現代社会では無理ではなかろうか。
「人間の生活としてこれでいいんでしょうか」(鈴木先生)

coloro at 20:09
ビルニュスお浸し