『恋愛脳』食事会

2016年07月06日

きんぴら

昨日の小料理屋ハルカのキンピラはよくできた(当社比)。
花火もできたし、ヨーグルトもクジ引きで当選してもらえた。
話題はナホトカ、ルカシェンコ、プーチン、ヤルタ、ウズレイルウェイ、ヒヴァ。ウズベキスタンのwifi事情。
ウズベキスタンのあのひとは末っ子なので親の面倒を見るため帰ったそうな。
ウズベキスタンは長男じゃなくて末っ子が親の面倒を見るという伝統。
器用で優秀ででも努力しなくて
ちょっと頭おかしいとみせかけて時に破壊的な行動力とステキなパフォーマンスを見せる彼は意外とマトモだったんだねえ、とちょっと驚く。伝統に勝てなかったのだろう、と客人は解説された。
親の決めた結婚はずっと破綻していると聞かされていたけれど最近子どもも二人生まれたそうな。
見せてくれた子どもたちの写真は2011年にサマルカンドからタシケントへのレギスタン号で知り合ったときの若い彼そっくりの顔だった。
私には忘れかける頃に時々頭のおかしいメールしか送って来ないので、いつの間にか父になり、いつの間にか伝統を負おうときめた彼の横顔は私の全く知らない彼の、男としての違う一面だった。ちょっと意外な結末。

13606510_10154944057199908_1582929502997186738_n

coloro at 18:45│料理 
『恋愛脳』食事会