中央アジアなバレンタイン。中央アジアなバレンタイン。

2016年02月15日

ダブリン徒然

ダブリン徒然
ゞ港はだいぶ強化されていて
特にロシアの空港
ひとつ、物をボッシュート(ふしぎ発見用語)された
⊇佞鯒笋訖佑鮓た
真っ赤な、衝撃的な短さのスカートだった。
おしりのふたつのおにくがみえているながさ。
ダブリンは、物乞いの人の身なりがよい
カトリックの発想により、おふるがまわってくるんだって
ロシアはボロボロの御祖母ちゃんが雨の日に、イコンを置いて、大通りに、土下座している。そういう国。
せ笋来て、そして帰る日だけ、空がものすごく晴れた
私はその写真を、この一週間いろんなことを話している人に送る
ゼ蟶遒蠅離僖鵑肇繊璽困おいしかった
つくってもらったたべものと、お茶がとてもおいしくて、
すこし元気になった
たべて生きるということを見直す
私はマクロビでいうところの陽性なので、すぐお湯をわかせるらしい。
夫婦というものを観察した
┘瀬屮螢鵑らフランクフルトは国内線
日本の首相と、プーチンの「ファイナルアンサー」のちがい
仕事が出来る男は家に帰ってこ(れ)ない
わたしの父の同期は過労死した人間もいるし
父の勤めていたところは、決して報道されないが自殺率がたかい
ロシア語でも「恋の電車はいってしまった」という表現をする
家の食器棚を漁ったら、丸いポットが出てきたので(砂糖壺かもしれなくて、注ぎ口がついてないが)ならった通りに、
とりあえずこれでハーブティーをわかしてみる
法科大学院を受けるかもしれないけれどわからない。
ТРКИ2をとっておけば慶應と一橋の社会人枠で若干優位性があるらしい、という話をしたら「そういう人、ほしいだろうね」とだんなさんが仰る。いずれにせよСНГ(CIS諸国)への好奇心をやめるつもりはない。
「タイ焼きカフェ」で日本人が書き残した感想の手紙を、店員さんに訳してあげた。とても喜ばれた。
思い返せば椎名誠の『パタゴニア』を中2で読んだ時から、そういうふうになりたくて、そういう形の人間関係を構築して今に至る。

coloro at 20:56│旅行 
中央アジアなバレンタイン。中央アジアなバレンタイン。