2016年12月08日

10年ぶりの電話とラブロマンス

とある人に電話をかけた
10年ぶりだった

電話番号の控えがみあたらなくて
最後の頼みの綱、「自分の記憶」を辿る

この番号だっけ、
と心当たりのある番号をたたいてみるのだけれど

「この番号は現在使われておりません」

機械音がつめたくこたえる

何度か番号を叩くうちに、指と記憶が一致する


ああ、これだ
根拠のない確信
週末何度かならしてみたのだけれど
呼び出し音がなるだけで

誰も出なかった
家族で旅行にでかけているのだろうか


さっきお昼を食べた後、もう一度かけた
美しい声の女性が出てきた

声の主は20歳の時になくなった親友のお母様である

ねえねえ
ちょっとだけ近況を聴かせて
わたしもハルカさんに会いたいわ

ラブロマンスは!?
それとも結婚の報告!?

母娘揃ってカワイイのだ

そうして1月になったら食事をしようと約束をした
あれから12年。


coloro at 01:28│日記