2017年07月20日

蓮華の花


わたしにしては珍しく、誰にも相談せずに、
一週間ほどで自分で決めた。
自分できめて、そうした。


それを兄に電話をしたら、
おめでとうございます、祝福された。
ナイスチョイスですよ、と。
新しいことを始める時につきまとう不安もきいてもらう。わかりますよ、と。
明るいニュースだ、と彼は言った。ざわざわしなくなりますよ、と。


バリ島でみた、


たくさんの美しいひとたちみたいに、
かみさまとともに生きる人になりたい。


先月、師匠に会いに行った。
この世はパラレルワールドで、
この世界は仮想であるっていう考え方もある んだよ、と聞いた。


先日、とある人にあった。
このひとにだかれてみたい、と思った。
なんでそう思ったんだろう。
ずっと憧れだから。
でも憧れている人は他にもいるけれど、
ほかのひとはわたしそういう風に思うことはない。
わたしはそれをご本人に言わないだろうし、ひょっとしてすごく酔ったら言うかもしれないけど、
おそらく実際そうはならないとおもう。
そうなったら歯止めがきかない。
かわりにここに書いておく。



占いの仕事をしていて思った。
その日はじめて、高校生のお客さんだった。宗教とか、哲学の勉強をしなければと思った。
自分はなにに繋がっているんだろう。


2015年7月
私を巫女に開いてくれた、
OKAおじさんに言われた。
わたしのハートは無限の宇宙に繋がっている。
きみは最低でも天照大御神に繋がって、いる。


ブハラのSからメールの返事をもらった。
Ууупс!Харука? Эт ты???
Я то думал что ты променя вообще забыла.
Когда ж мы еще встретимся ?
Скучаю.
ブハラに骨を埋めるという選択もかつて、
まったくないわけではなかった。
あのとき渋谷でそっちを選んでいたら、と時々思う。
いまでもわたしのことが夢に出てくるそうだ。
でもそうしなかったから、
記憶は美しいし、このひとはいまもやさしい。


年齢的なあせりやプレッシャー、
恋愛、親の老い、仕事
何年も同じような問題にざわざわし、
なんども同じようなタイプの人たちに振り回され、なんだかもういい加減、疲れた。
真実ではないことがらに振り回されるのは、
もういやだ。


coloro at 22:00