察知そんなふうに怒ってみたい。

2017年05月20日

僕らが道端で泣いて、日本のまちをもっとすみよくしましょう

サンクトペテルブルク時代の友人Sがちょうど一時帰国をしており、呼び出した
その日わたしは美女のA先輩と食事をしており、ちょうど同じ駅に住んでいるSくんを呼び出した。同じ専門分野なので美女の先輩AさんとSくんはすっかり意気投合した。

イタリア料理屋に集まった三人の共通点は、皆ロシアに滞在経験があり、サンクトペテルブルクが好きだ、ということだ。

美女のA先輩は仰った。

ロシアのまちで、女の人同士が殴りあっているのを見たことがあるわ。

女の人って、なんのために殴り合うんだろうか。男を取り合って殴り合うのだろうか。取り合う対象の男はそんなにいい男なんだろうか。
わたしは女同士で殴りあったことがないので謎は深まるばかりである。男を取りあったこともないけれど。

友人Sくんもいった
サンクトペテルブルクで、女性が大声を上げて泣いているのをよく見かけますよね。

よね、と同意を求められたのだけれども、

サンクトペテルブルクの街に住んでいたけれど、わたしは女性が大声を上げて泣いているのを見たことがない。

日本のまちとか駅とかでも女性が時々泣いているけれど、だいたいベンチに座って、体を折りたたんで、しくしく。という感じで泣いているので、通りすがりの他人としては慰めようがない。日本のまちは、窮屈で苦しくて、大声をあげてなきにくいのだ。
わかりやすく大声でわんわん、あるいはボロボロないてくれている方がハンカチとかちりがみのだしようがある。

やっぱりSくんはロシアに3年半も住んでいるから、たった1年9ヶ月しかいなかったわたしとは経験値が違うのであろうか

S 君はその後、飲み屋で酔っ払いのおじさんに絡まれて『ナイフでお互いの手のひらを切って血と血を手のひらで混ぜあわせて兄弟の契りを交わす』未遂事件とか、その他諸々さすがの色々な出来事の話をした。
明日またペテルブルクに帰ってしまうSくんの壮行会。ということで会はお開きになった。

解散後、Sくんは駅まで送ってくれた。というか同じ方向だった。
最近どうですか、と色々聞いてくれる。ちなみにSくんは記憶力がいいので私がポロポロ話した愚痴を色々覚えてくれている。

はるかさんの懸案だったあの件はどうなりましたか、と聞かれて、わたしは不覚にもぽろっと泣いてしまった。傍目には別れ話をしているカップルみたいな構図になってしまった。
鞄からハンカチを取り出してほろっと泣く。なんかごめん、別れ話みたいな構図になっちゃって。駅の前なので目の前には客まちのタクシーがとまっている。

Sくんは言った。
僕らがこの道端で泣いて、日本のまちをもっとすみよくしましょう。

coloro at 00:19│ロシア語 
察知そんなふうに怒ってみたい。