恩師とスラヴ叙事詩

2017年05月31日

大丈夫だと思う。

親が入院している。

予防のための入院と手術というか。
自分でそういう選択をして、入院して、そういう手術をした。その選択は本人のためだけではなくおそらくわたしと家族のためでもある。5時間近くの手術。その後の集中治療室。 愛のなせる技である。

家族ではない人には一人だけ、そのことを言った。
そういうことになって、不安。と。

『手術が終わった(^^)v』

と経過も1行書いた。
その人は特に私に何か気の利いたコメントをする人ではない。読んでいるかもあやしい。

格闘家の世界チャンピオンが、いっていた。
怪我の痛みを和らげるには意識をそこにもっていかないこと。
不安にフォーカスしすぎて握りしめないこと。

つまり私の細々した近況報告をメッセージで読んでくれていたとして、
覚えているかどうか怪しいぐらいのほうがわたしもラクで。

多分普通の友達にこれを話したら、
大丈夫? と言ってくれると思うけれど、
何か美味しいものを食べさせてくれるわけでもなく代わりに病院に行くわけでもないなら、なにも言ってくれないでいつも通り接してくれるほうがいい。

上の人、この間会ったとき わたしの好きなお菓子を一つ、
わざわざつけてくれた。Клюква, в сахарной пудре.
ツルコケモモの砂糖がけ。


きのう、手術だった。
最先端の心臓外科専門病院。手術の映像を5分ほど家族は見学できる。


手術は成功した。
経過も大丈夫だとおもう。

でも手術後、集中治療室にいって、
管だらけのむくんだ親を見て、なんとも言えない感情になった。
そこまでできるのは愛のなせる技である。
昨日は不安から長女と三女(わたし)で姉妹喧嘩をした。

わたしは主に母と姉に、大丈夫、って言う役である。
歳をとると 起きてもないことを思い巡らせて不安になりがちなものである。


恐れから逃げるにはまいにち電車を乗り継いで、父の顔を見に行くしかない。
ああ、疲れた。

帰ったらツルコケモモの箱、あけちゃおうっと。
集中治療室から出てきたら、ひまわりをもって行こう。

coloro at 00:21│日記 
恩師とスラヴ叙事詩