命日スコピエ

2018年10月30日

蓮華の花

ちょっと耳を疑うぐらいひどいことをいわれたけれど、
それだけひどいことをわたしはその人か、
あるいは過去誰かに、わたしは言ったのだと思う。
おもえば30年、ずっとそういう生き方をしてきた。
車線変更をして、まだたった、1年強。
道の車線変更ができることは7,8年前から知っていた。
自分の中は泥だらけだった。
その勇気をもって、車線変更ができただけ、わたしは幸せなのである。
はやくその行き先がみえたらいいのに。
早く蓮華の花に、なりたい。
おくすりとおさけで自分のなかのダイヤモンドを曇らせて生きるのではなく、
まれな才能をもったあのひとが光り輝くひとになれるよう、
せめてもっと無垢な愛をさしあげたかった。


coloro at 14:44
命日スコピエ