スコピエキエフ

2018年11月01日

красавица

c06f3e98















ネフスキー大通り、血の上の救世主教会の前で兄と待ち合わせをする。

酔ったおじさんがわたしに寄ってきて、
酒臭い声で「美しきひとよ、お恵みを」といった。

ご用件は硬貨を恵んでほしいという趣旨。新しい手法だ。

それを兄に言ったら大笑いされた。
красавица、美女でよかったね、って。
красавицаというのはチャイコフスキーの「Спящая красавица 眠れる森の美女」の一節である。

兄との用事が終わったらなんだか落ち込んでしまった。
地下鉄の駅前の花売りから、バラを一本買う。
オレンジの、小さなバラ。50ルーブル。

売り子のおねえさんにお金を払うと、
「すきなの抜いていきなさい」と言われる。
頼まなければ特に紙につつんだりしないので、そのままバラを一本ひっこぬいて、ぶら下げて帰る。
マルシュルートカ(乗り合いタクシー)に乗った。
バラは隣の席に寝かせる。
運転手さんにお金を払って、夕暮れの空をぼんやり眺める。

ふと気が付くと、前の席のご婦人が、私の顔を凝視している。
あらあ、なんの香りかと思ったらあなたじゃない。
なんだかとってもいい香りがするの。
今わかったわあ!!!
と、叫んだ。

これがそのときのバラ。

coloro at 11:12
スコピエキエフ