大学時代

2017年07月15日

プーンちゃん


大学3回生になるころに、室内楽のサークルを辞めた。
その頃までつき合っていた人は
なぜか凄い勢いで私の事を口説いてきたのだけれども
どうも私は彼の事が好きでなくて
わたしはその頃高校時代の親友を電車の事故で亡くし
すごく情緒不安定だった
そのあと私がフラれて、
わかれたあとすぐに、
その人は同じサークル内の同学年の女の子とつき合いだしていた。
なんだかそういう狭い世界で人間関係がごちゃごちゃすることも、
そういう狭い視野の男も、もうほんとうほんとうに、気持ち悪くていやだった。
早く遠い世界にいきたかった。


大学の委員会みたいなのがやっている、
日本語を教える(?)ボランティアをすることにした。
外国の友達がほしかった。
別科の学生と毎週同じ時限に会って、雑談をしたり、日本語別科の宿題の手伝いをしたりする。
前期と後期に1年間やって、延べ5人ぐらいの留学生を紹介された。
いまでも交友があるのは2人いる。
その時の一人がタイの留学生の、プーンちゃん。
チュラロンコーン大学の学部を出て、こちらの院に入るために、きていた。彼女はそういう秀才の雰囲気をすこしも見せないのだけれども、たぶん相当努力家で優秀なひとなんだと思う。

4月、その委員会の部屋にいったら、
韓国の男性一人、韓国の女性が一人、
プーンちゃん、わたし、タクヤくん
という5人でグループが組まれていた

2,3回はこの5人で会っていたのだけれども
プーンちゃんが全然ついていけてなくて、
いつもニコニコしているだけだった。プーンちゃんは純粋で、笑顔がステキで、美人だった。
一人称の事を「わたくしは」といつも言った。


1か月後ぐらいに委員会の人(といってもこれも学生)に言われた
グループを、わけましょうか

韓国の男性一人、韓国の女性が一人と、経済学部のタクヤくん
プーンちゃんと、わたし。
それで、グループはふたつにわかれた。

タクヤくんはその日授業か就活のと都合できてなくて、
その夜電話があって、委員会の人になんていわれたの?と
きかれたので私はそのように答えた。
それっきりタクヤくんには会っていない。
1年後ぐらいにカノジョらしき人と手をつないて東門の前を歩いているのを見かけた。

グループをわけたあと、正門から喫茶店に私と二人で向かうプーンちゃんはなんだか嬉しそうだった。
それから私は毎週プーンちゃんにあうようになった。



当時(グループを分けた韓国人留学生たちと比べて)
彼女はなんであんなにも日本語がしゃべれなかったんだろうとおもっていたのだけれども、
自分がロシア語を勉強するようになったいまならわかる。


(2005/夏)

coloro at 23:02|Permalink

2011年01月04日

計算。

うちのおじいと同じだけ生きるとして

あと25,000日

1日一冊本を読むとして
あと25,000冊

あれっ、これだけ!?


あの図書館の蔵書は一生かかっても読み切れない(´д`)


だからこそ

選ばねばならない

哲学があらねばならぬ

ことばのおもみ
いのちの重み


coloro at 20:18|Permalink

2006年12月04日

そうなんだけど

でも地球も文化もぶっ壊して寿命を縮めるプロジェクトに関わっている人は
その自覚をもってほしいとおもいます。
気付いたところでそのシステムにして仕事として組み込まれている以上、たいして抗えないかもしれないけれど、
そんなことも気付かない勘違いが多すぎる。
あら、ことばがきたないわ。


coloro at 10:54|PermalinkComments(0)

2006年10月22日

つかれた。

崩壊。
からだも。目に見えないそれも。
タカがはずれた、というのはこういうことを言うのでしょう。
自分でも自分の思考がわけわかりません。
目に見えないものなので修理するのには時間がかかるよ、
とキイロイトリの修理屋さんがめがねのおくで言いました。
だそうです。
時間をかけねばならないのはわかるのですが
ちょっと疲れました。
はやくこれをすっとばして90歳くらいのおばあちゃんになりたいです。
でもこれを修復するなり乗り越えるなりしないと、あたしは罰としてかわいいおばあちゃんになれません。
ごめんなさい。
ここに来てまたゆくひとに告げることば。
ひととひとは弧をえがいて交わりやがてまた彗星のようにどこかへ流れてゆきます。
そのかなしみを伝えようと、
あたしのなかのよいものも、きたないものも、ぜんぶぜんぶうけとめようとしてくれたその人にカードを作ってみました。
諳んじて久しい住所を記し、いつもの鳥の切手を貼って、
明日ポストに入れるつもりです。
しかし心身弱りきっているらしいそのひとに、そのことばまで届くかどうか、もうわかりません。
だいじなところばかり言葉が足りなくて、ごめんなさい。



coloro at 23:48|PermalinkComments(0)

2006年06月13日

某外国語クラスで

つかれてますね、なぜですか?

ときかれて

天気が悪いからです
続きを読む

coloro at 00:44|PermalinkComments(0)

2006年03月01日

猫が鳴く

春がそこまで来た
秋から冬に代わったらずっとそのままだと思っていたのに
この間まで根っこが出ないと嘆いていたはずなのに、きちんと花が咲いてしまった
10年後も20年後も、私はそんなことを言っているのかもしれない
1ヶ月ほど、外国に行ってくる
日本から逃げたかったから
日常の自分への煩わしさから逃げたかったから、あらゆるすべてから逃げたかったから。
でもどうしようもないほどにあらゆる言葉が話せなくて、
こんな状態のあたしは果たして一人になって大丈夫なのだろうか。なってしまうのだろうか。
手を触れられただけで泣いてしまう私は、それまでどれだけ支えてもらっていたのかすっかり忘れてしまっていた。
九官鳥
閑古鳥
鳥が啼く
猫が鳴く。



coloro at 23:37|PermalinkComments(0)

2005年04月12日

ぐろーばりぜいしょん

熱帯のねっとりした気温の中で南国の果物を買うならば、生魚とか裂いたばかりの鳥の肉とか、そういうのがハエとか血とか熱気とかでごっちゃになった市場で買うのが一番おいしい。と思う。(自信ないけど)巨大スーパーマーケットとか、百貨店とか。そういうところで買っても高いし冷え切ってるし、興ざめする。

市場とか、露店とか、その土地の空気と産物と人間の気性とが上手に混ざり合う。そうなるべくして出来上がった固有の町並みが、どの国にもどの地域にも、ちゃんと存在した。
台北の中央駅付近にはセブンイレブンが同じ通りに2つも3つも、
バンコクに立ち並ぶ夜店の中に白々しく浮かぶファミリーマートの白い光。
パリにもたしかそごうがある。
やがて世界の街は、同じ容貌になるのではないかとちょっと恐ろしい。

多くの国の観光業が、もはや過去しか追って(負って)いない。現代のこの国を見て、と自信を持って見せ付けてくれる地域はこの世界にどれだけ残っているのだろう。日本も然り、外国からの観光客に自信を持って見せられるのは京都の町並みとか、城とか、大仏とか。そのようなものはもはや過去の遺物であって、これらに根付いた生活は我々はとうの昔に棄ててしまった。国会議事堂とか東京タワーとかサンシャインシティを喜んで見物に行く外国人観光客はあんまり見たことがない。国会ならヨーロッパのそれのほうがずっと見事だし、東京タワーよりやっぱりエッフェル塔だろうし(未だに私のエッフェル塔型ピアスは「東京タワーでしょ」といわれるが)サンシャインよりももっと高いビルが今はクアラルンプールとか台北に、ある。現代の日本が持っているのは習得と模倣によって得た外国の風貌。過去の保存とそれへの固執、一体いつまで持つのだろう。模倣は自己形成のために存在したはずだ。

ドラえもんも鉄腕アトムも、未来を造った張本人。「造るだろう」ではなく「造った」という完了形。あれを読んで育った世代がおとなになって都市計画とか建築物とかつくれるくらい偉くなったころ、彼らはきっとあの本の中に描かれた町並みをイメージし、再現するはずだから。


coloro at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

でも、

<いったい誰の人生が間違っていないのだろう? お前の人生は間違っているとかいないとか、 誰に確信を持って断言することができるのだろう?> (『やがて哀しき外国語』p.157)

coloro at 18:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

二限休講。

友達とお昼を食べた。ちゃんとしゃべったの久々だったんだけど。やさしさについて。曰く、「優しさってもっと尊ばれてもいいんじゃないかな」 今朝の地下鉄、隣のカップル(?)。法科大学院生らしい。六法の話とか、お昼どうする?夕ご飯どうする?とか。 ひとつだけ空いた席に男の子の方がさらりと座った。一応ことばで聞く、ただそれだけでも優しさって伝わるんじゃないかなぁ、横の私は思ったりする。そういうために言葉は在ってほしい。 どちらが座るかっていうのは彼らの勝手だしひょっとしたら彼らの間で暗黙の了承とか目配せとか、私の聞こえないところでの会話とか、あったのかも。だからべつに座った彼を非難しているわけではない。 そういう光景の一部を偶然みかけて、私のなかで何かが動いた。膨大な六法を読み解く情報処理能力がなくたって、ひとは幸せになれる。ただそれだけの話かもしれないけれど。

coloro at 11:51|PermalinkComments(0)

2005年04月11日

月曜一限の雑想。

桜散らしの雨の朝、通勤ラッシュに揉まれてうんざりしてたらなんと先生の方は毎時間この授業だけのために名古屋からいらしてた。新幹線通勤??(!)南山大から出張してここの学生にナショナリズムと宗教を半年間講師として教える、とか。もぅエネルギーが違う。去年お世話になった英語しか喋らない講師のヨーコ先生はここ大学の専任教員になるのが夢だとか。去年私に川端康成と泉鏡花を教えてくれた宇都宮大学のK子先生は、おそらく90パーセントの学生が一晩で書き上げてきただろうレポートに満足を示していた。なんともはや。世間様から頂く眼と、実際の大学生活に温度の差を感じてしまうのは私だけか。 教職課程の申請をするためだけに諭吉先生が三枚飛んだ。国立大出身の姉は聞いてびっくり。なんで私大ってそんな金かかるの? 大学卒業してから教員免許取ろうとすると、一単位五千円〜つまり免許取るまでに100万くらい飛ぶことになる。だからお金の面でも労力の点でも、やるなら今しかないんだよ、なんて姉に説得されてみた。教師になりたいわけじゃないんだけど(私が教員になったら子供がかわいそう)日本語教えるスキルがほしいんだ。→外国で日本語を教えたいのなら教員免許があったほうが就職に有利→じゃあやってみるかーというただそれだけの動機。挫折ならいつでもできる。文学部出てなんも資格ないのは悲しいかも。こんなんでいいのだろうか。それとも単なる四月病かもしれない。 あ、この投稿記事で400件目。

coloro at 10:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月07日

明日から授業。

私が通っている学校、有名らしい。台湾で一緒にごはんを食べたパナマ人も知っていました。今日は外国から来たお兄さん二人と喋って(@英会話スクール)大学名を聞かれたので答えたら、異様ともいえるほどの返事が来た。 なんというか、ジレンマ。ものすごい罪悪感。ごめんなさいとしか言えません。 旅先やら映画館やら美術館やら、<自分が『がくせいです』と言うのが最近物凄く恥ずかしい。>と言ったら先日ミスドで叱られたのだけど、だって何も学んでないんだもん!あたしがどういう脳みその構造をしているから、という話ではなくて与えられた頭や体力をどれだけ生かそうとしているか、が問題。このままあと数年こういう生活をしていたら、私30歳台で脳を壊す自信がある。 …。 時間割つくろ。 他人本位ですね。 おとなになるということとか、大学生になることとか、私なにか壮大なものを抱きすぎなんでしょうか。「なってみたらたいしたことなかった」 よくわかりません。いろんなところをフラフラとしてときどき誰かとけんかして、料理したり散歩したり、おしゃべりしたり、そういうことだけでちゃんとあたしは素敵なおばあちゃんになれるのかな。

coloro at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月20日

携帯の

アドレス帳を整理した。結構無駄な抵抗で、二年前に消したのだってそれなりに関わりのあった連絡先は覚えているのがイヤ。冗談じゃない。忘れられないんじゃなくて忘れられない。忘れられない想いがあって記憶の記憶の底に絡み付いているのではなくて、妙な響きのする数字の羅列とか、ローマ字の羅列ばっかり、ほんとどうでもいいことばかり覚えてしまう人らしい。だいじなことはひとつも覚えないのに。カタカタめくってみたところでもう夜中に電話を鳴らせるような人はいないのに。



coloro at 01:26|PermalinkComments(0)

2005年02月14日

FRIDAY'S

PCM_05_02_14_0003.jpgどこからこんなに集まってくるんだ?っていうくらい外国のひとに人気。九月に初めて行って以来だけどメニューもそのまんまだった 笑 おもったよりこってりじゃなかったのでたまに食べるにはおもしろいかな。入る際に同じくお客さんのヨーロッパ系の男性にドアを開けてもらい、ただそれだけのことに感動。

coloro at 23:00|PermalinkComments(0)

2005年02月03日

ふくやまさん


”SLOW”
福山雅治もちょっぴり好きです。でも服着てほしいですね。
外国に行くたびに私は何故か必ずCDを買って帰ります。聞けば曲に絡まったその国の空気を思い出せるように、自分でも気づかないうちにそうしているのかもしれません。
一人で旅行よくできるね、っていう友達もいるけど、そんなことはありません。前回行った台北は滞在五日目くらいで寂しすぎて発狂しそうになりました。夜のおともだちは衛星でやってたNHKのプロジェクト勝J豺餮貶垢韻襪辰討いい諭E垢任覆鵑箸覆買った福山さんのCD、なんかどこかで聞いたことのある曲がSQUALLで、その夜(ちょうど大雨降ってたな)から帰国までずっと聞いていました。これも素敵なLOWVOICEが効いています。曲全体が好き、というよりとある一部のフレーズが好きでたまらなくて。
ちなみに台北で買ったため彼のCDについてる帯の文句も台湾語で書かれておりまして、
真抒情超級精選(MUGNUM COLLECTION/代表傑作集)
最完美無瑕的性感男星(最も完全無欠でセクシーな男性スター)、だそうです。やっぱ服着なくていいや。

coloro at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月03日

適当に

アズキを煮て、火からおろした。砂糖を入れる勇気がないのでそのまま食べる。とりあえず、六日提出の専攻志望票をテキトーに埋めた。

周りに就活の済んだ人が多い。
お風呂でぼんやり考えてみる。専攻決めて、就職活動はじめるらしい三年生の秋まで一年半。そして一年ってほんとに短いことをひどく実感している日々。

高校のときに、「大学受験体験記」という本があった。(妙な高校だ)
進学校だから、大学受験に成功(?)した先輩方が、どんな勉強方法をしてきたか、どういう気持ちで高校をすごしたかを綴ったもの。
もう一度、学習カードつけてみようかしら(笑)

年上の方からの言葉ってそれなりの経験をされたからこそ出てくるものなんだろうけど、聞く方は自分の若さと可能性に酔っているので大して耳に入るもんじゃない。馬耳東風。
毎度のことながら自分がその状況下に置かれて初めて「もっと勉強しておけばよかった」なんていうことを、私も繰り返してきた。
それもまたひとつの在り方かもしれないんだけど。

とりあえず専攻決めて、そこそこ要領よく大学生活過ごして、
適当に文系の会社受けて、誰かに嫁ぐ(のかな?)。
それでいいのだと思うし、それが私にとって普通なのだと思う。

ほんとに?

お見合いして、仕事を辞めて、専業主婦になって、娘を三人育てているうちの母。
私はそういう風にはなりたくない、と中三の頃に担任の先生に言ったことがある。嫁入り前の彼女は確かそのとき、「宇宙飛行士の向井千秋さんのような人生もあるけれど、主婦という生き方を選択して続けてくることも、評価に値する」みたいなことをおっしゃった。

社会が女性の生き方を決める時代は終わった。(当然か。)

このままぼんやりしていたら、
「私は昔コウイウ夢があったのよ」って子供に話すお母さんになる。
それでもいいのだけど、ほんとにそれでいいのかな。
後悔の連続が人生だって聞いたことあるけど、後悔を少なくする方法もあるはず。


就活しないにしても、それを選ぼうとしている私には一人で立てるだけのスキルが何にもない。
外国語が話せるわけでもないし、自己表現手段があるわけでもなし。といって資本主義社会に歓迎されるような、立ち回りの上手いOLになることはもっと無理だ。たぶん。

大変!!私、無知すぎる。


小一の頃から、私の書く文章には読点が多い。



coloro at 00:01|PermalinkComments(0)

2004年10月05日

ことばのあやとり

最近書けない。
この一週間、いろんなことがあったのに。

またまた言語喪失。



coloro at 15:56|PermalinkComments(0)

2004年07月22日

ひさびさに、数字。

文学部だから、学校の期末試験の内容は『歴史』『哲学』『文学』『外国語』などなど。
こういうものって一夜漬けにしてはいけない分野のような気がするんだけど、続きを読む

coloro at 00:03|PermalinkComments(0)