ロシア語とロシア語圏の日々

2017年01月27日

ずっとずっと、そうしたかった。わたしにとっての外国語のこと。

わたしが東京にいる理由。
というのを最近よく考える。

そのひとはもうすぐ発つ、
と言っていた。
成田空港のHPをみると、
モスクワ経由ローマ行きとあったので、
この便のことだとおもう。

不思議な形の自転車に乗って、
「じゃあまた、そのうちに。」
といって、わたしたちは別れた。

たぶん来月の今頃にはまた連絡をくださるとおもう。
あるいはわたしから連絡すると思う。
「東京、まだちょっと、くるしい。」
「でも、ここに住むんでしょ。」
このひとはじぶんの場所はじぶんできめていいということをいつもおもいださせてくれる。

わたしが東京にいる理由。
というのを最近よく考える。
わたしはおいしいお魚が食べられないと生きていけないと思う。
実家があること、家族がいること。

便利が半分、不都合半分。
どこにいてもそうだろう。

最近、日本語と外国語両方を勉強しなければならない。と痛いほどに思う。

先日、先輩Tさんにとある文書のファックスを「これ読める?」と見せられたのだけれど、わたしそういうの一切読んだことがなくて、全然わからなくて、
どうしようかと思った。
訳してくれたのだけれど、聞いてみたら内容はとっても簡単だった。
別の試験直後の話で、
わたしは頭の中が日本史になっていて、その分野の装飾とか手紙で使われる表現を知らなかっただけみたいだ。

それで家に帰って、その日は死んだように眠り、
数日後図書館でその分野についてのテキストを取り寄せた(それは区立図書館とはまた別の、保存庫というところにあった)。

ケンタッキーでウーロン茶をのみながらそれを昨日ぱらぱらひっくり返してみたら、
語学の才能云々ではなくその表現を知っているからないか、ただそれだけである、ということがわかった。
恋い焦がれていた外国語はわたしにも平等に開かれている。

なお外国語、とりわけロシア語の勉強をつづける意味みたいなのを最近かんがえていたのだけれど、
でもやっぱり私のツイッターの半分以上はロシア語またはロシア(語)、
外国語の関係者のつぶやきで、
そして兄さんが、「日本語だけで情報を取って生きるのはもはや危険」というのを以前友人の女子大学生に話していたのを思い出して、
そしてやっぱり帰国後のわたしをささえてくれているのはロシアで知り合った友人たちと、
その美しくて豊穣な視点で、続ける意味とかそういう悠長で高尚な次元ではなく生命危機という意味で海外の視点をとって生きないと危険という、
そもそもの話を、思い出した。
英語はわたしじゃなくてもたくさんのひとがやっている(いろいろあって仕事でもたぶん使うのでやらなければならないのだけれど)。
日本はアメリカ文化圏のなかなので黙っていてもアメリカよりになる。というのを20歳のころの香港行きのキャセイパシフィックで、読んだのを思いだした。
忘れもしない、米原万里さんの本。
英語とロシア語と日本語しかわかんないなんてじぶんはなんて視野が狭いんだとおもう(それでもあんまりわかんないけど)。

師匠とメールをした。
語学の師匠ではなく、わたしを巫女に育ててくれた方である。
「ロシア語はあなたに必要、と云いますか…あなたに求められているものだと思います。」

とおっしゃった。

昨年、ロシアから帰国した直後、わたしは2週間ほど、
実家の自分の部屋を掃除していた。
巨大なゴミ袋4つ分ぐらいは捨てたとおもう。
大学時代のゼミのレジュメも処分した。
10年見返さなかったから今後もほとんど見ないだろうとおもうから。
尊敬する教授の生き方、思考と、記憶は全て頭の中にある。
20代前半の時に使っていた手帳が出てきて、パラパラとめくって見ると、
わたしはずっとずっと、言葉を扱っていきたい、
できれば外国語も扱って生きたい、ということが書いてあった。
ずっとずっと、言葉で食べていきたくて、でもそうする自信がなくて、踏み出す勇気もなくて、才能がある気もなくて、20代の頃のわたしはずっと、悩んでいた。
その何年かぶんの手帳は捨ててしまったのだけれど、
それが確認できただけで掃除をした意味というのはあるようだ。とっておけばよかったかなあ。

でも言葉で生きたい、というメモは私の手帳の中に、本当に当然のように、
まるで手帳の表紙とか紙に印刷された模様のように、書きちらされていた。

その人はいつもと同じく、
風のように去っていった。
庭の梅が咲いた。
写真を撮って、その人に送ろうと思う。
Весна пришла. (春が、来ました。)

coloro at 01:32|Permalink

2016年12月11日

豆餅と自転車


仕事後だったらあいている、
昨日から明日まで高島屋に出店してるから、
一度荷物を家においてかえって、
22時近くになると思う、と言って、
風の人は自転車で駅前のタリーズに現れた。
初夏にうちまでピアスをもってきてくれたときも、22時近くだった。あのときは白夜が近くて、明るかった。あのときはロシアで、ここは東京。
ロシアも東京でも、彼とは家が近い。育った土地も同じ。
だから彼はいつもうちの近くまで来てくれる。
初夏に会ったときと同じ、革の黒いジャケット。
不思議な形をした自転車をとめて、鍵をかけて、久しぶり、と言われたとたん、私はわんわん泣いた。
どうしたの、一体どうしたのさ、と右の肩でわたしを抱えた
なにかあった?
東京、くるしい。
革の黒いジャケットの胸のなかで、私はわんわん泣いた。
泣ける人がこんなに近くに、いた。

昔さ、一人で外国を色々旅行していて、旅先の紙幣をちょっとずつ残して集めていたのね。でも今思うと無駄な事したな、って。思い出をとっておくより、どんどん行った方がよっぽど楽しい。だから最近は、残してしまうより、使いきってしまうか、乞食にあげちゃう。かつて貯めたお札もね、今は旅行じゃなくて仕事としてどんどんいくから、そこで使っちゃうんだけれど。
7,8年前ぐらいのウクライナの1グリブナ札がね、もう使えないの。なんだこれは、って、むしろとても珍しがられて喜ばれた。リトアニアの紙幣も、次使おうとおもったら、ユーロに変わってた。

昼に連絡をしたら、その日の夜に突然会えることになった。彼はいつもごちそうしてくださるか、多めに払ってくれるので、お土産になにを持っていこう、と昼間に駅前を逡巡していた。伊勢屋の若旦那に甘くないお菓子を聞いて、悩む。落雁、ゼリー系、豆餅。
結局、豆餅をかった。この店はねりきりがとても美しいのだけれど、彼は甘いものを食べない。
豆餅?へええ。この近くの店のなの?
と彼は袋をめずらしそうに眺めた。そう、待ち合わせした場所の、隣の隣ぐらいの和菓子屋さん。
明日、食べるよ。
私がロシアで使い残した21ルーブルを、ひきとってもらった。来週また、ロシアに戻るという。

ベルギーのビールと和歌山のビールをごちそうになり、カードで払ってくれて、帰り、ドアを開けてくれて、またね、と言って、店の前で別れた
おヨメに行った21ルーブル。幸せになあれ。

picture_pc_974148de30e6555c63d917e7a16f4d2f

coloro at 23:58|Permalink

アンティークのネックレス

アンティークのネックレスを買った。
はじめてみたとき、あまりに美しくて泣きそうになった。
きてくれてありがとう。

15492100_10155496195309908_870631808303235785_n

coloro at 23:57|Permalink

オカネモチになりたい。

オカネモチになりたい。
と言ったらO兄は「なるしかないね。」と言った。
そんな馬鹿なこと言ってないで〜しなさい
なんてことは言わず、
「方法を間違えると難しい。特に日本自体が逆風なので。」ですって。彼の凄い所である。

coloro at 23:56|Permalink

2016年12月09日

東京辛くて脳が破裂しそう

東京辛くて脳が破裂しそう
ちょうど帰国中の風の人に会えることになった
風をいれてもらう
「私wifi 持ってなくて、もし反応なければ電話ください」
「了解。俺は逆にwifiしかないから、番号はない。笑」

coloro at 23:58|Permalink

2016年11月26日

大家さんと郵便局

大家さん(画家)が天才的自由人であつみさんとともに1週間分の体力を奪われる。
昨日の約束は覚えていない、
今日の約束は昼過ぎにして再度夕方にまた連絡をする必要アリ。
すごい勢いで裂けたベッドを直し(ラジオ講座によるとロシアの男性ってこういう日曜大工すごく器用らしい)
突然バスに飛び込んですごい勢いでシャワーを浴びる
「タオルはあるかい?」
先に言って頂戴
「問題はない?」
「ハルカがうどーぶなに暮らしていたならなあんにも問題ないわ」
いや物凄く良い人なんだけど
お別れにほっぺにチューをされて
フガ!!
って思った私はロシア永住は向いてないなっておもう。
もちろんフランスも無理だ。
そもそもその距離に他人の顔が来るのが無理なようだ。
そんな自由人の彼も食べていけるロシアってやっぱり懐が深いと思う。
ちなみにロシア美術館に作品があるらしい。
ーーー
この2週間ぐらい、
昨日のことが思いだせない(単純に疲れすぎているんだと思う)。いい傾向。
機内持ち込み用にとっておいたボストンバッグをシベリア鉄道に乗せてしまったので、
ディクシー(うちの前のスーパー)の四角い袋にパソコンを入れてガムテープで蓋をして帰るかもしれない。
あるいは中央アジアとかの長距離列車でよく見るアミアミの四角いビニール袋。あれ、よく見かけるのに、買おうと思うと意外と売ってない。

ーーー
ロシアの町でどこがよかった?
ウファ!
じゃなくてそのとなりの、カザン。
なにが?
イスラム系のモスクとか。
あと、アルハンゲリスク、宿の主人のアレクセイがよかった。
それって違う意味よね。

ーーー
あつみさん:
アエロフロートとJALの共同運航は2つまで、
S7航空との共同運航便は預入荷物1つまで。
だから行きは大丈夫だったのに、
帰りはモスクワで一回荷物受け取って、
S7に超過料金払わなきゃならなくて。
娘たちがね、小さなちぇまだーんをいっぱい持ってたから。たいしたものはいってないの、100均で買ったものとか。結局200均になっちゃったわ。そしたら友達が言うの、
「飛行機の手荷物複数で超過料金になったら
空港入り口のビニールでぐるぐるまきにして「ハイ、1個」ってすればいいのよ!」
ーーー
そういえば今朝のポーチタのサンタの袋を作る係のおばちゃんも、
ボストンバッグ2個を出したら
サンタ袋に入れてくれようとする際
「一袋20キロまでなの」
といってボストンバッグを片手で持ち上げているだけでそこに秤があるわけではない、
経験秤?
「じゃあ別々でもいいです」
「そうするとおカネがかかるわよお〜」
と彼女は親指と人差し指をこすりあわせながら(カネという意味)
結局二つのボストンバッグをビニールテープでぐるぐるまきにして、
一つのずだ袋をつくってくれて、押し込んでくれた。
袋にそのまま宛名を書く。
「314ルーブルで、ここに宛名と差出人を書くのよ」
書いておばちゃんにサンタ袋を出したら、「おカネは?」
ああ、セクショナリズムで、このおばちゃんはサンタの袋をつくるだけの係なのか。
ーーー
というわけでおばちゃんに314ルーブル出して(なぜか10ルーブルおまけしてもらう)、
またサンタ袋を抱えて、となりのEMSおねえさんのところに戻る。
おねえさんははじめよくあるロシア人的ぶっきらぼうで、そしてだんだん苦笑いしながら、良い人だった。
「航空便?陸路?」
「陸路の方が安いですよね」
「6440ルーブル」
あなたほんとにこの金額払うの?
とも言いそうな顔だったけれど、
この量をイマドキのアエロフロート飛にのせたら超過料金10万円ぐらいかかるハズ。

布がねえ、もうないのよ
というおばちゃんの愚痴をハイハイと聞くおねえさんはやっぱりえらい

15218382_10155430294804908_1411027564_n















15241153_10155430142359908_4795821293496133337_n

coloro at 04:09|Permalink

2016年11月25日

かえったらやること

かえったらやること
,いしいおさかなをたべる。鮭鱒以外(同伴者募集)、ごぼう、れんこん、みたらしだんご
∧欷渦阿謀渡
J欷韻箸年金とかナントカナンバーとか
せ医者
ゾ討そばの会をする
β僚天廚鯒磴
料理を習う
┘淵鵐肇の試験
多喜子先生に電話
10 ウィーン→ザルツブルグ二重払いの清算

coloro at 18:34|Permalink

中央郵便局。

朝6時。ボストンバッグで持ち込んだら布を裂いてくるんでくれる専門のおばちゃんがいて、ぜんぶ送れた!! ミシンまであった!!!
深夜1時にこのまま持ち込もうかと思ったけど、交通量もない朝6時に起きた自分偉い
адрес : почтамтская,9,СПБ, круглосуточно 24時間営業、年中無休


15241153_10155430142359908_4795821293496133337_n


coloro at 16:21|Permalink

クラコフ

どうしてももう一度行きたかったクラコフ
こんな写真撮った記憶が無いけどやっぱりこれクラコフの教会で、
19時のミサだ(色味は携帯が加工してつくってくれた)

15202653_10155429274709908_4651126179242051239_n

coloro at 16:21|Permalink

ごめんなさい、できないわ。

とあるロシアの国内線の飛行機にのったら、
私の席は、3列席の窓側F席だったのだけれど、
私が乗ったら、男の子が座っていた
となりにお母さんが座っていて、わたし用に通路側が空いている。
お母さんはいった、
斜め向こうに座っているパパの席(中央列)と、交換してもらえないかしら。
この航空会社は、席を選ぶのも、追加料金扱いになる。
迷ったのだけれど、断ってしまった。
ごめんなさい、だってロシア最後の旅だもの。
少年が窓側を一生懸命見たいというのなら譲るのかもしれないけれど、少年はいのちをかけて携帯ゲームをしていたので、窓側でも中央列でも問題ないと思った。

この7泊8日で6回ぐらい飛行機にのった
サンクトペテルブルグ→プラハ飛行機→列車ウィーン→列車ザルツブルグ→列車ウイーン→列車ブラチスラバ→列車クラコフ→飛行機ワルシャワ→飛行機モスクワSVO→飛行機ヴォルゴグラード→飛行機モスクワ(ドモジェドボ)→飛行機サンクトペテルブルグ

coloro at 03:42|Permalink

プラハ1泊のつもりが

プラハ1泊のつもりが、7泊8日、さきほど帰宅。
一週間いない間に、ペテルブルグはすっかり雪が溶けた。
列車やバスで30時間かかるところを1日で飛ぼうとしてはいけない。というわけで今回はトランジットで1泊したり、結構移動に時間をかけた。
服は着の身着のまま、リュックサック1つだったのだけれど、冬のロシア&ヨーロッパはアタプレーニエ(日本語でなんていうんだろう)があるので翌朝までに全部乾く。
ヴォルゴグラードも、プラハも、ムルマンスクも、たぶん行きたいところは全部いった。なんであんなに時間あったのにいかなかったんだろう、と後で後悔しそうなところはたぶん全部行ったとおもう。
一瞬ロンドンかミュンヘンに飛ぼうか迷ったのだけれど、結局クラコフにまた行った。ドイツもイギリスもいつか行ける気がするけれど、たぶんこのままずうっとロシア語につかず離れず関わるかぎり、たぶん自発的にはいかないとおもう。
わかるようでわからない、わからないようでわかる、
言葉が混ざる地域が面白くてたまらない。

15179038_10155428390439908_2068174843471655640_n

coloro at 03:06|Permalink

ブラチスラバのホステルにて

15171185_10155412019879908_7929693942316564293_n

coloro at 01:45|Permalink

アルメニア人家族の宿

アルメニア人家族の宿
前夜1時に長男兼運転手に
朝食込みだっけ、何がイイ?と言われて
ベジタリアンなのでパンとチーズ、と言ったら
それで?
ええと じゃあリンゴかなにかも、
チャイかコーヒーは?と続けられ
こうなった


朝食何がイイ?の真意は彼ら日本人客はじめてだったこともあるっぽい。ということにチェックアウトの時気づいた。



15181227_10155423942999908_6569979787863732975_n















15134668_10155423950389908_3248468294960598644_n

coloro at 01:45|Permalink

プーチンさんの顔シャツ

Крым нашとかかれたプーチンさんの顔シャツを見つけた。どういう時に着ればいいか昨日から考えてるけど答えが出ない。デートの時とか。

荷物の1便が実家に届いたそう。奇跡の14日。почта России を見直す。大家さんが明日夕方来るので何が何でも今夜荷物に目処つけて明日また郵便局とタタカワなければならない。5000ルーブル札崩すのもタタカイ。ふうう。プーチンマトリョーシカとロモノーソフのチューリップシリーズが欲しい。

coloro at 01:43|Permalink

ヴォルゴグラード。

ヴォルゴグラード。S7のモスクワ経由でやっと夕方ペテルブルグに戻る。タクシーは違う人に乗ってしまった。ぼったくられたのか回り道したからあれが適正なのかわからない過去最高価格だったのだけど(それでも日本より安い)飛行機に乗り遅れるよりは安いし色々町の話をしてくれていい仕事だったので文句言う気にならず。

coloro at 01:42|Permalink

2016年11月24日

チップ用の紙コップとかマトリョーシカとか

空港でなくとも、
旅行中、
ここにチップ用の紙コップとかマトリョーシカとか置いておいてくれたら絶対いれるのに、
という場面がたくさんある。空港行きのバスとか、駅のプレッツェルの売店とか、ホテルのチェックアウトの時とか。ユーロ圏外だとさらに結構な頻度でそう思う。クラコフに余った小銭入れる場所どこにもなくて、朝早かったから道に座ってる人もいなくて、プレッツェルの人も正直にお代ぶんしか受け取らないので、仕方ないので隣のマクドナルドまで行って、ズロチの小銭を入れてきた。

coloro at 19:25|Permalink

2016年11月23日

SVO

1、SVO(主語動詞目的語ではなくシェレメチェボ空港の略)のпаспорт контроль でчисло важно? と言われた。結論はнет と答え、もう帰ることにしたからそれでいいんだけれど、状況をすぐ理解してда って言えない自分を反省。23日0時3分にコントロールを通過したので22日の入国スタンプだと 90日間出入りできるマルチビザの残日数を厳密に数えている場合、損なのだ。まあ気にしてたらパスポートコントロール、もっとノロノロ通過するけど。。
2、aeroflot機内で容赦ない速さで私に喋るアテンダント。ポーランドとかみたいに外国人だから英語で喋ろうという発想は一切ない。この傾向は(あくまで日本人的に)辺鄙な国際線に乗ると顕著になる。これは私のロシア語の挨拶の発音が合格だったのだろうか。先日書いたけどロシア人はロシア語がわからない人にはとことん冷たいしぼったくるけど、その逆は差別されなくて気持ちがいいともいえる。ああ、そっちの棚はコートを寝かせてるからリュックはそっち、手伝うわ、貸して、他にはない? イエ、отлично!!
わたしの頭上は立派な毛皮のコートが寝かせて次々と入った。モスクワの夜景。


15170795_10155422999524908_6616500312162033487_n

coloro at 00:26|Permalink

2016年11月22日

モスクワって偉大だ

モスクワまで飛べばあとはどうとでもなるとおもうモスクワって偉大だ


15179025_10155421009934908_3475315327999283860_n

coloro at 21:14|Permalink

2016年11月20日

マイナス30度

さいごにエカテリンブルグ行きたかったけどマイナス30度って出ててやめた。一人は危険だ。

coloro at 21:15|Permalink

プーチンさんのマトリョーシカ

プー様がリマのホテルに到着しホテルに入ってゆくお姿のツイートを見て ボディーガードと側近に縦列で囲まれてたけど
ああプー様も普通に歩くんだってなんだかちょっと感動した
横は警備しないのかしら
スタバよりプーチンさんのマトリョーシカのほうが売れる気がする

coloro at 19:37|Permalink