ことば

2005年06月16日

どうくつ。

pic


わたしのことばは、
順正にしか通じない。         
    (江国香織『冷静と情熱のあいだ』)



その感覚を知ってしまった日から
だれにも言葉の伝わらない空白の5年間を
ひとりでどれだけ必死にいきてきたか。
しかし一個の人間が日々違う人間に生まれ変わるのと
二人として同じ人間はこの世界に存在しないという事実、
私は5年前と同じ感覚が欲しいのではない。
そうして自分が一人で生きてきたことを認めてくれる人に会いたかった。
やっと、「そういう感覚の存在」をわかってくれるひとがいた。
ひとりで大変だったね、もうだいじょうぶ、って言ってもらいたかった。
けれど私には、つきおとすことしかできなかったらしい。



coloro at 11:12|PermalinkComments(0)

2005年04月12日

二限休講。

友達とお昼を食べた。ちゃんとしゃべったの久々だったんだけど。やさしさについて。曰く、「優しさってもっと尊ばれてもいいんじゃないかな」 今朝の地下鉄、隣のカップル(?)。法科大学院生らしい。六法の話とか、お昼どうする?夕ご飯どうする?とか。 ひとつだけ空いた席に男の子の方がさらりと座った。一応ことばで聞く、ただそれだけでも優しさって伝わるんじゃないかなぁ、横の私は思ったりする。そういうために言葉は在ってほしい。 どちらが座るかっていうのは彼らの勝手だしひょっとしたら彼らの間で暗黙の了承とか目配せとか、私の聞こえないところでの会話とか、あったのかも。だからべつに座った彼を非難しているわけではない。 そういう光景の一部を偶然みかけて、私のなかで何かが動いた。膨大な六法を読み解く情報処理能力がなくたって、ひとは幸せになれる。ただそれだけの話かもしれないけれど。

coloro at 11:51|PermalinkComments(0)

2005年02月24日

lim: X→0/X→∞/X→?

すきとかそういうことばでいえなくても


いっしょにいてほわーっとできる、
つたえたいことがぽむっといえる、
それだけで満足でした。

気持ちのベクトルが『 → ← 』だと多分うまくいかない。
矢印と矢印の間に何かを生み出そうとするのはムリ。
あたしは臆病だから。

形にしようとしなくていいらしい。
本やドラマのなかで見聞きする恋愛は
いっぱんてきに思われてる
「正しいコイのかたち」なのかもしれないけど、
所詮他人のコイだから。

でもひょっとすると、
周りのじょうほうに惑わされず私が私らしくいることって
型にはまった恋愛をムリしてやることよりも
むずかしいことなのかも。
それでもそうしたいんだけどね。

coloro at 03:29|PermalinkComments(0)