旅行

2017年06月06日

ウズベキスタンの記憶

サマルカンド・レギスタン広場



タシケント市内のカフェ

牛の舌

じゃがいも

兄弟

サマルカンド、Sherdar Madrasa

サマルカンドのティムール像

サマルカンド,シャーヒ・ズィンダ廟群

ブハラ

ブハラ・カラーンミナレット

ブハラ・カラーンミナレット

ブハラ・カラーンミナレット

ブハラ・カラーンモスク

ブハラ・カラーンモスク。世界で一番好きな場所。



coloro at 09:05|Permalink

2016年12月17日

クリスマスはこうあるべき、みたいなの。

風の人とビールを飲む。

「昔はね、自分もクリスマスはこうあるべき、みたいなの、あったのね。

でも今年はなんにも考えてない。

クリスマス、誰と過ごすの?っていろんなひとに、

聞かれるけれど、

どこにいるかもまだ決めていない。」

「去年のクリスマスは、わたしビルニュスにいて、クリスマス市をみて、小さなホテルにとまって、そこにはとびっきり美人で感じのいいフロントのおねえさんがいて、物乞いのお兄ちゃんが、お金をたのむかわりに、わたしのためにしあわせを祈ってくれた。

母のために琥珀のネックレスを、露店で探して。それで19時になったら、ミサにいった。すっごく美しいの。

お店は18時ぐらいでぜんぶしまっちゃうから、キオスクでコーヒーとホットドッグを買って帰った。誰とも過ごさなくてもものすごく楽しかった。

それで来週、「知らない人と話す会」に行こうと思ったんですけど、応募条件が「去年のクリスマスに寂しかった人」なんですよね。

わたし、去年はビルニュスにいて全然寂しくなかったから、もうそういう俎板に、おさまらなくて。

もし来週にその会にいったら、ビルニュスとはいったいどこなのか、なぜクリスマスにわざわざそんなところにいったのか。そういうところから話をしなければならない。そこがどんなに美しくて、物乞いの人がわたしのために幸せをいのってくれたところまで、きっと時間内に話がいきつかない。それってやだな。って。」


※ビルニュス。Vilnius。リトアニア共和国の首都。ロシア語も通じる。



coloro at 09:19|Permalink

2016年11月25日

ブラチスラバのホステルにて

15171185_10155412019879908_7929693942316564293_n

coloro at 01:45|Permalink

アルメニア人家族の宿

アルメニア人家族の宿
前夜1時に長男兼運転手に
朝食込みだっけ、何がイイ?と言われて
ベジタリアンなのでパンとチーズ、と言ったら
それで?
ええと じゃあリンゴかなにかも、
チャイかコーヒーは?と続けられ
こうなった


朝食何がイイ?の真意は彼ら日本人客はじめてだったこともあるっぽい。ということにチェックアウトの時気づいた。



15181227_10155423942999908_6569979787863732975_n















15134668_10155423950389908_3248468294960598644_n

coloro at 01:45|Permalink

2016年11月23日

サーレップ

イスタンブールでサーレップを飲んでいた時に見た人たち。
はじめてみた彼等の服装を見て、
なぜか親が見合いの話を持って来た日の事を思い出した。電話をかけてきた祖父の遠縁のなんとかさんは厚意だったのだと思うけれど、
自分はながく知ってる人じゃないと同じ空間に二人でいるのすらほんとうにひどくダメなので、それは私にとって恐ろしく恐怖だった。
自分が見たこともない異民族の服装をした人がある日突然ウチにやってきて、
明日からあなたのだんなさまなのよ。
といわれる女の子は世界のどこかにたくさんいるわけで。見合いを断ることも選ぶこともできる自分は幸せである。幸せか不幸かの基準ってなんだろう。祖父のお弟子さんの忘年会に行くのだが二回に一回はお弟子さんの誰かが誰かを紹介してあげようと言われるのでこれも上に書いた理由で気が重い。

15078615_10155422272499908_3484046415829795740_n

coloro at 19:27|Permalink

昨日列車を何回乗り換えたかなんて、もう覚えていない


ハガキをわりと書く方だと思う。

最近はハガキの代わりに写真つきの近況報告を兼ねたメールやチャットを、ぽうんと送る。


わたしの場合ハガキをかく場合は旅先から書くので、
基本的に返事は来ない。



もらった方はちゃんとそのことを覚えていらしてて、
半年後とか忘れた頃に私が電話を差し上げたり、忘年会などお目にかかれるタイミングをつくると、
あのときはハガキをありがとう、
とお礼の言葉や、何かをいただける。
私の方はたいてい、出したことを忘れている。

それはご著書や翻訳本だったり、
先生のラジオ講座のCDだったり、
あるいはその時にわたしが必要としている言葉だったりする。


迷った時はだいたい恩師や10歳以上、年の離れた人に、近況報告のフリをして、メールを書く。

先日、わたしの語学の先生、

カトリ先生に近況報告的なメッセージをメールでかいた。

先生はお返事に、
若い頃、ご自身は、
とあるピアニストの追っかけをしていて、
収入の全部を費やしていた、とかいてくださった。

長く存じ上げているが、
そんな話ははじめて伺った。



自分はほんとうに欲に正直な人間で、
行きたい。
と一度思ってしまうと、
行かなきゃおさまらない。

昨日もブラチスラバの宿で朝5時に目が覚めてしまい
以前いったことのあるポーランドのクラコフに、
どうしても行きたくなってしまった。

計算したら片道7時間。
ルートは上の写真のとおり。
後の行程を考えたら行ったとしても半日しかいられない。

とある日本人のツイートで
「30年ぶりに、クラコフに来ました」というのを読んだ。

日本とクラコフって、例えるならばそれくらい遠いのである。
次にわたしが訪れるのが30年後だなんて、耐えられない。

こんなに欲に忠実な自分、大丈夫なのだろうか。





わたしの祖母の名言は

「前へ前へと進みなさい」

2、3日悩んでいたのが馬鹿みたいで、
行ってしまえば7時間なんてあっという間だった。
3、4回列車を乗り換えたと思うけれど、
乗り換え回数なんて昨日の出来事なのにもう覚えていない。

結局、クラコフの行きたかった教会に、その日の午後、行って、
夜のミサにも参加した。

翌朝も帰る前によったほうがいい気がして
宿のチェックアウトのあとに寄ったら、
教会内部は朝日の光で素晴らしい輝きを放っていた。

そういう自分でいいのである、
というのを先生のメールを思い出して、思った。

宿からの眺め。
この教会にどうしてももう一度行きたかった。


picture_pc_894c782414818ee13dde3f37f617303a

coloro at 01:04|Permalink

2016年11月22日

行きたいところは行きたいし、

だめなものはほんとうにだめなのでじぶんはやっぱり正直な人だと思う

15095562_10155421571799908_958566901755811146_n

coloro at 21:13|Permalink

2016年11月21日

チェコ語がわかるっ。・゜・(ノД`)・゜・。

駅のアナウンスとか
くーぺの人とか
なんとなく、
チェコ語がわかるっ。・゜・(ノД`)・゜・。

15171242_10155417684744908_7529669457188581580_n

coloro at 19:32|Permalink

朝5時に目が覚めた
かたみち7時間
半日しかいられないとしても
次に来るのが30年後だなんて耐えられない。


15095438_10155419218129908_5789250043143242370_n



coloro at 09:35|Permalink

2016年11月20日

ブラチスラバ

明日まで待ったほうが諸々含めて飛行機が安いのでブラチスラバ脱出断念。明日モスクワ&ヴォルゴグラードに飛ぼうかミュンヘンに行こうか迷う。ブラチスラバたのしい。理由はそのうち書く。

15181194_10155415931159908_1390894850126648123_n

coloro at 19:36|Permalink