タイ語

2017年07月15日

プーンちゃん


大学3回生になるころに、室内楽のサークルを辞めた。
その頃までつき合っていた人は
なぜか凄い勢いで私の事を口説いてきたのだけれども
どうも私は彼の事が好きでなくて
わたしはその頃高校時代の親友を電車の事故で亡くし
すごく情緒不安定だった
そのあと私がフラれて、
わかれたあとすぐに、
その人は同じサークル内の同学年の女の子とつき合いだしていた。
なんだかそういう狭い世界で人間関係がごちゃごちゃすることも、
そういう狭い視野の男も、もうほんとうほんとうに、気持ち悪くていやだった。
早く遠い世界にいきたかった。


大学の委員会みたいなのがやっている、
日本語を教える(?)ボランティアをすることにした。
外国の友達がほしかった。
別科の学生と毎週同じ時限に会って、雑談をしたり、日本語別科の宿題の手伝いをしたりする。
前期と後期に1年間やって、延べ5人ぐらいの留学生を紹介された。
いまでも交友があるのは2人いる。
その時の一人がタイの留学生の、プーンちゃん。
チュラロンコーン大学の学部を出て、こちらの院に入るために、きていた。彼女はそういう秀才の雰囲気をすこしも見せないのだけれども、たぶん相当努力家で優秀なひとなんだと思う。

4月、その委員会の部屋にいったら、
韓国の男性一人、韓国の女性が一人、
プーンちゃん、わたし、タクヤくん
という5人でグループが組まれていた

2,3回はこの5人で会っていたのだけれども
プーンちゃんが全然ついていけてなくて、
いつもニコニコしているだけだった。プーンちゃんは純粋で、笑顔がステキで、美人だった。
一人称の事を「わたくしは」といつも言った。


1か月後ぐらいに委員会の人(といってもこれも学生)に言われた
グループを、わけましょうか

韓国の男性一人、韓国の女性が一人と、経済学部のタクヤくん
プーンちゃんと、わたし。
それで、グループはふたつにわかれた。

タクヤくんはその日授業か就活のと都合できてなくて、
その夜電話があって、委員会の人になんていわれたの?と
きかれたので私はそのように答えた。
それっきりタクヤくんには会っていない。
1年後ぐらいにカノジョらしき人と手をつないて東門の前を歩いているのを見かけた。

グループをわけたあと、正門から喫茶店に私と二人で向かうプーンちゃんはなんだか嬉しそうだった。
それから私は毎週プーンちゃんにあうようになった。



当時(グループを分けた韓国人留学生たちと比べて)
彼女はなんであんなにも日本語がしゃべれなかったんだろうとおもっていたのだけれども、
自分がロシア語を勉強するようになったいまならわかる。


(2005/夏)

coloro at 23:02|Permalink

2017年06月01日

日記/タイ語 審姐餮豎惺

2006年の春学期(だったと思う)にタイ語の学校に行っていた

受講生は変な人たちだった。
唯一わたしだけ、大学生で、あとは学校をもう卒業した人か、社会人の人だった。
その学校は中卒以上だったら、だれでも入れた。

日本人の男性の先生は国立大学の先生で、東南アジア人みたいな風貌をしていた。真っ黒な顔をしていた。
ネイティブの先生は女性で、だんなさんは日本人らしく、苗字に「桃栗三年柿八年」のどれかの字が入っていた。

某自動車会社の人。学校のある駅前に、そのひとの会社はあった。
「ヤマダ」という名前の人で、
全部子音+母音アの音がつくひとだったので
初級で母音と子音をおぼえているわたしたちには
その人の名前はよく見本で黒板にかかれた。

よくわたしにセクハラのメールをよこしていた。(なんで自分のメールアドレスをその人に教えたのかももう思い出せない)
「○○さん(まともなクラスメイト)と俺と、どっちがいいのぉ〜?」ってメールの最後にかいてあった。このひとはタイに出張にいくたびにこういう態度をタイの女の子たちにするのだろうか、そうしたらなんだかいやだなあ。とおもった。

なんだかちょっと気持ちを病んで、
休職中か求職中か、なにかのひと。20代の後半ぐらいか30ぐらい。
当時21か22歳だったわたしにはその年齢がとても大人に見えたけれども
一番としが近くでまともにみえる人だった。
この学校に申し込むと、附属の大学の図書館が使えるので便利だ。と、
授業は18時からなのだけれども、もう16時ぐらいにはいらしているのをキャンパスでみかけた。
そういう事情はしっていたけれども、
おとななのにこの時間に学校にいるのはなんだか奇妙に映った。

もうひとり、まともなそうなひとがいた。社会人の男性。

あとはいつも「真っ黒」なスーツをきた、顔色の悪い人。
葬儀屋。そのともだちの金のネックレス、ちょっと普通のサラリーマンはしないだろう、じゃらっとしたものをしたおじさん。ふたりはいつもセットですわる。 
(2006春)

coloro at 12:30|Permalink

日記/タイ語のクラス◆審姐餮豎惺

日記。
語学の社会人クラスに毎回、黒い長めの髪をしていて
ほとんど毎回、真っ白なYシャツに真っ黒のスーツ上下を着てくるおじさんがいる。
たいていネクタイははずしている。今日は青色のシャツだったが。
ちょっと顔色が悪いけれどわりとにこやか。私みたいな小娘にもちゃんとあいさつをしてくれる。
小さな二人席の隣に座る、友達のおじさんはピンクのYシャツに金(茶)髪。
ふたりは妙なアンバランス。
向かいの席の山田君(推定30)の話に出てきて知ったが、
前者の彼は葬儀サービスの方らしい。そこで私はなるほど。と思い、なぜかトルストイの『人にはたくさんの土地が必要か』で日が沈むまで歩き続けた彼(パナトーム、だっけ。そんな感じの名前の彼)が前夜にみた夢を思い出した。ゼミ合宿で勉強していた資本主義と葬儀産業の知識ではなく。

コンビニでトイレを借りたらコクローチちゃんがいた。
私のサンダルの足にまとわりつくので足に上らないように無言でひょいひょいとよける。
さささっと和式のトイレを上って、TOTOの陶器のふちのところに乗ったと思ったら
6本の足をすべらせてあれよあれよというまに水流にのまれていった。
私が殺したわけではないがなんとなく、いやとても哀しい。

(2006/7/11)

coloro at 12:30|Permalink

2006年07月11日

日記。

日記。
語学の社会人クラスに毎回、黒い長めの髪をしていて
ほとんど毎回、真っ白なYシャツに真っ黒のスーツ上下を着てくるおじさんがいる。
たいていネクタイははずしている。今日は青色のシャツだったが。
ちょっと顔色が悪いけれどわりとにこやか。私みたいな小娘にもちゃんとあいさつをしてくれる。
小さな二人席の隣に座る、友達のおじさんはピンクのYシャツに金(茶)髪。
ふたりは妙なアンバランス。
向かいの席の山田君(推定30)の話に出てきて知ったが、
前者の彼は葬儀サービスの方らしい。そこで私はなるほど。と思い、なぜかトルストイの『人にはたくさんの土地が必要か』で日が沈むまで歩き続けた彼(パナトーム、だっけ。そんな感じの名前の彼)が前夜にみた夢を思い出した。ゼミ合宿で勉強していた資本主義と葬儀産業の知識ではなく。

コンビニでトイレを借りたらコクローチちゃんがいた。
私のサンダルの足にまとわりつくので足に上らないように無言でひょいひょいとよける。
さささっと和式のトイレを上って、TOTOの陶器のふちのところに乗ったと思ったら
6本の足をすべらせてあれよあれよというまに水流にのまれていった。
私が殺したわけではないがなんとなく、いやとても哀しい。



coloro at 00:47|PermalinkComments(2)